軽くて暖かくて蒸れないフリースが欲しい?それならモンベルの「シャミースジャケット」しかないでしょ!

2020/03/17 更新

モンベルの定番人気フリース「シャミースジャケット」に注目!アウトドアで着るフリースなら、重要なのは暖かさだけではありませんよね。動きやすさや汗をかいたときの通気性も必要です。そんな機能をしっかり兼ね備えた優秀すぎるシャミースジャケットの魅力を調査してみました!


アイキャッチ・記事中画像撮影:編集部

アウトドアで着るフリースは、どんなものが良い?

ちょっと寒いな~という時にサッと羽織れて便利なフリース。フワフワの質感と着心地が好みで、アウトドアウェアにもナイロンジャケットよりフリースを選ぶ人も多いですよね。

繊維が細かいマイクロフリースや毛足の長いボアフリースなど種類は様々ですが、機能面にこだわるとアウトドアではどんなアイテムが良いのでしょうか?

アウトドアに必要なのは「保温性」だけじゃない

モコモコした質感から防寒ウェアのイメージが強いフリースですが、アウトドアシーンで着るなら暖かいだけでは不十分。汗をかいても蒸れないことや、動きやすさも重要です。

そこで選びたいのがコレ!モンベルの「シャミースジャケット」

出典:montbell
アウトドアに最適なフリースとくれば、選ぶべきはやはり専門ブランド。そのひとつであるモンベルは、じつは日本で初めてフリースジャケットを製造したメーカーです。なかでも「シャミースジャケット」は、その機能性からハイカーだけでなくキャンパーからの指示も絶大! 実際キャンプ場で着ている人も多いアイテムです。

というわけで今回は、シャミースジャケットの魅力を深堀り調査。アウトドアに“ちょうどいい”フリースをお探しの方、必読ですよ!

シャミースジャケットをアウトドアウェアとして着たい4つの理由

1:極細マイクロフリースで暖かい

※シャミースジャケットの内側
シャミースジャケットを手に取ると、まずその薄さはもちろん、軽やかながらみっしりとした生地の密度に驚かされます。

出典:montbell
これは人間の毛髪の1/10という細さで密に編まれた、極細マイクロファイバーによるもの。繊維の間にたくさん空気をため込むことができるため、高い保温性を発揮してくれます。

2:薄手で通気性抜群


こちらは畳んだ状態で他メーカーのフリースと並べてみた図。シャミースジャケットのほうが圧倒的に薄いことが一目瞭然です。


とにかく薄いシャミースジャケットは通気性が抜群に良く、汗をかいても蒸れないのも大きなポイント。このあたりはアクティブに動くアウトドアでは、保温性と同じくらい必要になってくる機能ですね。


胸元のポケットにコンパクトな財布やパスケースを入れても、ゴワつきなし! 快適かつ機能的です。

3:ストレッチ性が高く動きやすい


薄手でシャツのように着られるうえ保温性にも優れるシャミースジャケットは、着心地の良さも人気の理由のひとつ。よく伸びるのでストレスがないというのも特徴です。

出典:montbell
その工夫のひとつが、袖口の縫い目。一般的なカフと違い斜めのスパイラル状に縫うことで、伸びが良く締め付けや不快感のない着心地になっています。

4:肌触りが良い!

毛足が長いボアフリースはデイリーユースには良いですが、アクティブなアウトドアではゴワつきが気になってしまうことも。


その点シャミースジャケットは、なめらかな肌触り! 防寒のため長時間着ていても、サラリとした着心地で快適です。

さて、シャミースジャケットが保温性が高く動きやすいということはわかったものの、薄いだけに気になるのは防風性。そこをカバーしつつ季節ごとに、どういうスタイリングで取り入れるのが良いのでしょうか?


シャミースジャケットはどう着こなすべき?

真冬のキャンプでは?


風の強い真冬であれば、中間着として着るのがオススメです。シャミースジャケットの上に厚めのダウンなど保温力の高いアウターを羽織ることで、より暖かく過ごせます。

春先のキャンプでは?

春先も中間着としての着用が向いていますが、上着はウインドブレーカーやオールウェザー系の軽めのジャケットにしても良いでしょう。

初夏や秋口のキャンプでは?


風がない日や気温が高い日中であれば、そのままアウターとしても活用できます。冷える朝晩は薄手のダウンと組み合わせるのがオススメです。

ちなみに就寝時の防寒着にもオススメ


寒い時期は寝袋に入るとき、服で防寒対策をする方も多いですよね。シャミースジャケットは、そんな就寝時の軽めの防寒着としても大活躍。

動きやすく締め付け感がないので、着たまま寝袋に入ってもストレスを感じず過ごせます。これぞ肌触りの良さがなせる業です!

シャミースジャケットの種類とスペックをチェック

シャミースジャケットは、メンズ・レディース・キッズのラインナップ。いずれもデザインやシルエットは異なるものの、基本的な特徴は共通しています。一年中使える機能性アウターとして、家族分揃えるのもオススメですよ!

モンベル シャミースジャケット メンズ


●サイズ:S・M・L・XL・海外モデル(U/S・U/M・U/L・U/XL)
●重量:平均245g

詳細はこちら 

モンベル シャミースジャケット ウィメンズ


●サイズ:XS・S・M・L・XL・M-W(ゆったり)・海外モデル(U/S・U/M・U/L・U/XL)
●平均重量:205g

詳細はこちら

モンベル シャミースジャケット キッズ


●サイズ:130・140・150・160
●平均重量:179g

詳細はこちら

シャミースジャケットは“買い”な一着!


薄くて嵩張らないうえにしっかり暖かい。かつ汗をかいても蒸れないなど、シャミースジャケットはアウトドアシーンに理想的なフリースでした。年間通して寒暖差の激しいキャンプでの防寒ウェアとして、一着持っておいて損はありませんよ!

この記事が気にいったあなたに、オススメの3記事


この記事の感想を教えてください
よかった! う~ん・・

関連する記事

この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
CAMP HACK 編集部

CAMP HACK運営&記事編集担当。少しずつキャンプの回数も増えていき、いまは月2~4回ほど全国のキャンプ場を訪問中。今年はテントから色んなギアを新調して、新しいスタイルに挑戦したい。

アウトドアのすべてを、ひとつのアプリで。

150以上のアウトドアメディアの記事や動画、3万枚以上のみんなの写真も見られる!
アウトドアの「知りたい!」「行きたい!」がきっと見つかる!
お気に入りの記事や写真を集めて、スキマ時間に素早くチェック!