CAMP HACK[キャンプハック]


コットン混紡タープ&テント

いいとこ取りのハイブリット素材!コットン混紡生地の年中使えるテント&タープ11選

0

コットン混紡(こんぼう)生地とは、コットンを他の素材と混ぜて糸にして、折った生地のこと。それが今、メリットの多さからテントやタープで混紡生地を採用するメーカーが増えてきました。今回は、混紡の素朴な疑問からおすすめテント&タープを紹介します!

夏野 栄


アイキャッチ画像出典:@ryou_tarutaru

そもそも混紡(こんぼう)とは?

c-b_03
出典:SAORI東京
混紡とは、異なる二つ以上の素材の糸、繊維をつむぐこと。原料の段階で、異素材を混ぜ合わせて作る素材を「混紡糸」といいます。
c-b_04
出典:楽天
衣類でよく見るこちらのタグ、綿95%、ポリウレタン5%という数値が混紡している割合です。比率は様々ですが、このように違う素材の生地が素材段階で混ぜられています。

どうして混紡するのか?

それは、素材にそれぞれメリット、デメリットがあるから。それぞれのメリットを生かし、機能を両立させた素材を作るために混紡生地は開発されてきました。

コットン混紡のメリット!

コットン素材は非常に吸湿性が高く通気性も良いため夏には涼しく、繊維の中が空洞になり熱が放出されにくいために冬には暖かいのが特徴。さらにポリエステルとは違い、燃え広がりにくいので焚き火の火の粉に強いというメリットもあります。
逆にデメリットとして挙げられるのが染みやすいこと。そのために汚れがつきやすく、繊維の中が空洞なので水分を含みやすいという特徴が。

関連記事