CAMPHACK

アルコールバーナー(ストーブ)使ってみよう!メリット・デメリットと定番〜最新モデル

0

アルコールバーナーは、軽量かつタフさが魅力の携帯 コンロです。おすすめのアルコールバーナーと自作集を紹介します!登山で使用することが多いアルコールバーナーですが、ミニマムキャンパーにもおすすめです。

Lilli Y. Sugaya

アイキャッチ画像出典:instagram by @tomoyan726

じわじわ増えてます、アルコールバーナー派

アルコールバーナーを使う 出典:トランギア
UL系(ウルトラライト)の人が使っているのをよく見かけるアルコールバーナー。興味があるし、使ってみたいけど、いまいち良さや使い方が分からず迷っている。そんなあなたにアルコールバーナーの魅力をお伝えします!

しっかり把握しよう!メリットとデメリット

軽量で携帯性に優れているアルコールバーナー
撮影:編集部
まずは、アルコールバーナーのメリットとデメリットを抑えておきましょう。メリットはよく聞くけど、デメリットも知りたかったという方も参考にしてください。

アルコールバーナーのメリットは?

・とにかく軽量コンパクト
・故障に強く音が静か
・寒くても確実に火がつく
・燃料はどこでも手に入る!

ほとんどのアルコールバーナーのサイズは手のひらサイズ。持ち運びや収納場所を考えなくてすみます。移動時はザックやバッグにさっと入れて、自宅ではインテリアとして飾ってもおしゃれです。シンプル構造なので壊れにくく、使い込むほど味が出てくるアイテムです。

燃料用アルコール また、寒い日でも必ず点火するだけでなく、燃焼音がほとんどしないため、クワイエットタイムでも周囲に気をつかうことなく使えます。燃料はホームセンターや薬局で簡単に手に入るので、買い忘れた時にも慌てなくてすみます。

逆に、こんなデメリットも

・火力調整が難しい
・火力はガスストーブに軍配。ガスより沸騰に時間がかかる
・燃料消費量はガスストーブに劣る

アルコールバーナーで難しいのが火力の調整。火力調整用のスライドで行うので難しいと思われがちですが、火口の数を減らせば弱火、火口を塞がなければ強火と覚え、慣れてしまえば苦にならなくなります。
トランギア フュ―エルボトル
出典:instagram by @aosora_camp
ガスストーブと比べてしまうと沸騰に時間がかかるため、燃料消費量も劣ってしまい、コスパが悪いのではと思われがちですが、実はアルコール燃料の方が値段が安いので、長く使うことを考えると燃料代はかからないのです。

関連記事