最新キャンプ情報をアプリで入手!CAMP HACK 公式アプリ 無料ダウンロード
アルコールバーナー

アルコールバーナー(ストーブ)使ってみよう!メリット・デメリットと定番〜最新モデル

アルコールバーナーは、軽量かつタフさが魅力の携帯 コンロです。おすすめのアルコールバーナーと自作集を紹介します!登山で使用することが多いアルコールバーナーですが、ミニマムキャンパーにもおすすめです。

目次

アイキャッチ画像出典:instagram by @tomoyan726

じわじわ増えてます、アルコールバーナー派

アルコールバーナーを使う
出典:トランギア

UL系(ウルトラライト)の人が使っているのをよく見かけるアルコールバーナー。興味があるし、使ってみたいけど、いまいち良さや使い方が分からず迷っている。そんなあなたにアルコールバーナーの魅力をお伝えします!

しっかり把握しよう!メリットとデメリット

軽量で携帯性に優れているアルコールバーナー

撮影:編集部
まずは、アルコールバーナーのメリットとデメリットを抑えておきましょう。メリットはよく聞くけど、デメリットも知りたかったという方も参考にしてください。

アルコールバーナーのメリットは?

・とにかく軽量コンパクト
・故障に強く音が静か
・寒くても確実に火がつく
・燃料はどこでも手に入る!

ほとんどのアルコールバーナーのサイズは手のひらサイズ。持ち運びや収納場所を考えなくてすみます。移動時はザックやバッグにさっと入れて、自宅ではインテリアとして飾ってもおしゃれです。シンプル構造なので壊れにくく、使い込むほど味が出てくるアイテムです。

燃料用アルコール

また、寒い日でも必ず点火するだけでなく、燃焼音がほとんどしないため、クワイエットタイムでも周囲に気をつかうことなく使えます。燃料はホームセンターや薬局で簡単に手に入るので、買い忘れた時にも慌てなくてすみます。

逆に、こんなデメリットも

・火力調整が難しい
・火力はガスストーブに軍配。ガスより沸騰に時間がかかる
・燃料消費量はガスストーブに劣る

アルコールバーナーで難しいのが火力の調整。火力調整用のスライドで行うので難しいと思われがちですが、火口の数を減らせば弱火、火口を塞がなければ強火と覚え、慣れてしまえば苦にならなくなります。

トランギア フュ―エルボトル
出典:instagram by @aosora_camp

ガスストーブと比べてしまうと沸騰に時間がかかるため、燃料消費量も劣ってしまい、コスパが悪いのではと思われがちですが、実はアルコール燃料の方が値段が安いので、長く使うことを考えると燃料代はかからないのです。

まとめると、つまりこんな人におすすめ

お湯を沸かしたり、温めたりするだけで十分な人向け
・待ち時間ものんびり火を楽しみたい
・ソロキャンプやバックパックキャンプなどでとにかく荷物を減らしたい

カチっとボタンを押せば火がついてくれるガスバーナーの方が気楽で使いやすい。チャチャっとお湯を沸かして手早く済ませたい。確かに、都市の生活に慣れているとそう感じるのも当たり前ですが、「自然の中でゆったり」「ミニマルなキャンプを」といったことを求めている人は、ぜひ試してみて欲しいアイテムです。

友人達とわいわい料理を楽しむキャンプはガスバーナー、マイペースなミニマルソロキャンプはアルコールバーナー……、など場面に応じて使い分けるのがいいでしょう。

トランギア ストームクッカー

ガスバーナーが手軽であることは間違いないですが、アルコールバーナーの風に影響しやすい点、火力の弱さをクッカーの構造でカバーして料理を楽しむ「ストームクッカー」も愛用者が多いアイテム。アルコールバーナー1つで料理まで網羅したい!という方はこちらもチェックしてみましょう。

トランギア ストームクッカーS・ブラックバージョン

◆サイズ:収納時Φ18×H10cm、フライパンΦ18cm、ソースパン1.0L×2
◆素材:アルミ
◆重量:869g

注意!五徳と風防はセットで

アルコールバーナー 五徳&風防セット

出典:instagram by @marupeinet

アルコールバーナーの火口部分はむき出しになっているため、風に弱く、物を直接乗せることができません。そのため、屋外で使うことや調理に使うことを考えると、風防と五徳はセットで持っておくことをおすすめします。

まずはコレ!スタンダードな定番3モデル

長く愛されるロングセラー!トランギア アルコールバーナー

トランギア アルコールバーナー

出典:楽天

スウェーデンのキャンピングギア老舗ブランド「トランギア(Trangia)」。半世紀以上ロングセラーのアルコールバーナーは着火が簡単で火力も強め。純正オプションが豊富なことも魅力です。

トランギア アルコールバーナー

◆サイズ:φ7.5×H4.5cm
◆重量:110g
◆アルコール燃焼時間:アルコールタンクの2/3の注入量で約25分

サイレントツーバーナー

テンマクデザインから発売された、トランギア専用のアルコールバーナー土台。トランギアのアルコールバーナー2台をセットして使います。ガスタイプのツーバーナーと同じように使うことができる便利グッズです。
詳細はこちら

取っ手・火力調整つまみ付き!エスビット アルコールバーナー

エスビット アルコールバーナー

出典:instagram by @survival_koala

固形燃料からスタートしたドイツのブランド「エスビット(Esbit)」。アルコールバーナーの特徴は軽量でフタにハンドルが付いていること。ふたに直接付いているので、難しい火力調整がとてもし易いのが徳です。

エスビット アルコールバーナー

◆サイズ:φ7.4×H4.6cm
◆素材:真鍮
◆重量:92g

折りたたむとポケットにすっぽり入るコンパクトサイズのストーブ。固形燃料に着火するだけなので、使い方がとても簡単。両サイドが五徳の代わりになるので、五徳無しで物を直接置くことができます。

エスビット ポケットストーブ

◆サイズ:横10×高7.7×幅2.3cm
◆重量:85g 

チタン採用で超軽量!エバニュー チタンアルコールストーブ

エバニュー チタンアルコールストーブ

出典:楽天

日本の老舗ブランド「エバニュー(EVERNEW)」のアルコールバーナー。炎孔が二段構えになっているので、中央と側面から炎が出て火力が強いの特徴。内側には付いている目盛りは燃料補給にとても便利です。

エバニュー チタンアルコールストーブ

◆サイズ:φ7.1×H4.2cm
◆素材:チタニウム
◆重量:34g
◆アルコール燃焼時間:30mlのアルコールで約5分
◆沸騰時間:400ml約5分

純正の五徳は、軽さはもちろん、折りたたむと郵便ポストに入るコンパクトサイズ。本体同様チタン製で作りもしっかりしているので安定感抜群! 折りたたむとフラットになるので本体と一緒に収納が可能です。

エバニュー チタンゴトク

◆サイズ:長さ8.1×高さ4×厚さ0.11cm
◆素材:チタン
◆重量:13g

一緒に揃えたい便利アイテム

アルコールバーナーで調理

撮影:編集部

アルコールバーナーの出し入れには「プライヤー付き」のマルチツールがあると便利。見た目はペンチに似ていますが、ピボットがスライド式になっていて、先端が大きく開くツールです。

レザーマン スクオート

◆サイズ:全長5.7cm
◆ナイフ刃渡:4cm
◆重さ:56.4g
◆ツール:9種類

アルコール燃料容器

出典:instagram by @mojaoutdoor

燃料用アルコールは漏れてしまうことで発火したり、皮膚が炎症を起こしたりする可能性があります。残った燃料は、アルコールバーナーに入れっぱなしににせず、必ず保存容器に戻すようにしましょう。

ケンエー 燃料用アルコール

◆容量:500ml

容器は密閉できるものであればなんどもOKです。ポイントとしては、開口口が狭すぎず、残量が外から見えるタイプのものを選ぶこと。写真のようにラベルを貼ってカスタマイズしてもよいですね。

ナルゲン 広口丸型ボトル(60ml)

◆容量:60ml
◆素材:ポリエチレン

サイクロン構造、大型タイプ…奥が深い進化系アルコールバーナー!?

前述の3つはもっとも馴染みのある初心者におすすめな定番3モデル。しかしそれ以外にも実はアルコールバーナーって独自にどんどん進化を遂げているアイテムなのです。軽すぎたりすると慣れるまで最初は扱いに苦労するかもしれませんが、バリエーションを覗いてみましょう。

ULラバーに人気。バーゴ チタニウムコンバーターストーブ T-307

バーゴのチタン製アルコールストーブの特徴

出典: CRANKS OUTDOORS

チタン製品を数多く展開しているアメリカのアウトドアギアブランドVARGO(バーゴ)」。アルコール燃料と固形燃料をTPOに合わせて、簡単に切り替えることができます。

バーゴ  チタニウムコンバーターストーブ T-307

◆サイズ:本体φ6.1×H2.2cm、スタンド使用時φ10.7×H5.1cm
◆素材:チタニウム
◆重量:48g 
◆アルコール燃焼時間:約20-25分

▼五徳も一緒に
チタン製の軽く、丈夫なストーブです。燃料は、固形燃料だけでなく小枝や枯れ葉を燃料を使ってもOK! また、アルコールバーナーの風防や五徳としても使うことができます。

バーゴ ヘキサゴンウッドストーブ

◆サイズ:D76× D127× H101mm
◆素材:チタン
◆重量:116g

こっちは五徳付き!バーゴ トライアドマルチフューエルストーブ

バーゴ トライアドマルチフューエルストーブ

五徳付きストーブ。この五徳は、残ったアルコールを戻す時にも使うことができます。また、アルコールたけでなく、固形燃料、燃料ジェルと3種類の燃料が使えます。

バーゴ トライアドマルチフューエルストーブ

◆サイズ:D8.6×H2.7cm
◆素材:チタン
◆重量:30g
◆アルコール燃焼時間:約20分
◆沸騰時間:500cc約5~6分
◆アルコール1容量:44ml

フライパンもいける大型タイプ! バーゴ デカゴンストーブ(T-302)

バーゴ デカゴンストーブ

出典:楽天

シンプル設計の五徳いらずのストーブ。炎孔が上部ではなくサイドに付いているのが特徴。強度が高く、安定感があり、フライパンや鍋など底面が平型のクッカーとの相性は抜群です!

バーゴ デカゴンストーブ(T-302)

◆サイズ:D5.7×H3.2cm
◆素材:チタン
◆重量:34g
◆アルコール燃焼時間:約20分
◆沸騰時間:カップ2杯の水約5〜6分

トップクラスの高火力!RSR RSR STOVE

RSR RSR STOVE

出典:RSR stove

アルコールストーブ最強の高火力のRSR STOVE。独自形状によるトルネード燃焼式で、渦巻くブルーの炎がきれいです。赤火がほとんど出ないのも特徴です。

RSR RSR STOVE 2nd

◆サイズ:φ5.5×H3.7cm
◆素材:アルミ合金
◆重量:33g
◆沸騰時間:400ml約4分27秒

革命!密閉加圧の超低燃費 フリーライト ブラストバーナー

フリーライト ブラストバーナー

出典:FREELIGHT

こちらは従来の方式とはまったく違う密閉加圧の超低燃費の噴射方アルコールバーナーで、噴射されたアルコールガスが燃焼し効率よく対象物を温め高効率で対象物を暖めます。そして、燃焼音がするのもポイント。燃焼音がする噴射式アルコールバーナー。デメリットなのでは? と思いがちですが、実は音で燃焼状況を確認できるというメリットなのです。
詳細はこちら

3Dプリンター作!スパイラル状で安定燃焼 ファイナルフレームギア アルコールストーブ FAS-30T

ファイナルフレームギア アルコールストーブ

2016年に日本で誕生したアウトドア用品ガレージブランド「ファイナルフレームギア(FINAL FRAME GEAR)」。独自の開発技術で軽量かつ丈夫なアルコールバーナーを提供しています。

独自構造の炎孔が、燃料の気化・燃焼が早く、終始安定した燃焼を実現しています。接着剤を一切使用せず嵌合している外筒は交換可能です。3Dプリントを採用することで、品質が一定に保たれるのも特徴。
詳細はこちら

実はアルミ缶で自作もできるぞ

自作アルコールバーナー

構造がシンプルなアルコールバーナー。実は、自宅にあるアルミ缶などを利用して簡単に自作できます! 工具もカッタナイフやはさみなど家にある物でOKです。DIYしたくなりませんか?

アルコールバーナーで心身リラックス!

夜のアルコールバーナー

出典:出典:instagram by @frog3105

青い炎の美しさに魅了されているという方も少なくないアルコールバーナー。ぼっーと見つめていると、心身ともにリラックスしてきます。いつもとは違う寛ぎ時間を楽しんでみませんか。