CAMP HACK[キャンプハック]


人気おすすめスープジャー6種

【最新】スープジャーのおすすめ!保温・保冷に優れた人気アイテムも

0

保温・保冷能力にすぐれた「スープジャー」は、温かいスープを持ち運ぶだけではなくアイディア次第で使い方は無限大。持ち運びながら保温調理することも可能で、サスティナブルなアイテムとしても注目が集まっています。

今回は、そんなマルチに使える「スープジャー」の選び方やオススメのモデル、使う際の注意点や参考レシピを詳しく。使いたいシーンや用途にフィットするアイテムを見つけて、便利なスープジャー生活をスタートさせましょう!

ヨシダ コウキ

制作者

ヨシダ コウキ

幼少期にキャンプに連れられてアウトドア好きに。 大人になってからご無沙汰だったものの、友人にキャンプに誘われキャンプ熱が再発。焚き火とご飯とお酒が好き。

...続きを読む
ヨシダ コウキのプロフィール

アイキャッチ画像作成:筆者

“お弁当箱”以上に活用できるスープジャー

白と黒のスープジャー
出典:Instagram by@poketleofficial
保温・保冷ができて便利なスープジャー。「ずっと普通のお弁当箱を使っている」「洗うの面倒じゃない?」と思っている方にこそぜひ知っていただきたいメリットや活用法がこちら!

温かい・冷たいお弁当が味わえる

おにぎりとスープのランチボックス
出典:Instagram by@hydroflask.jp
できたて熱々の料理を冷まさずに詰めて持っていけるスープジャーなら、お弁当もより美味しい! 注ぎ入れるだけでお弁当作りが終わるので、忙しい朝の時短アイテムにもなります。

普通のお弁当にスープやシチュー・など一品を足すにもぴったり。赤ちゃん用の離乳食を持ち運びたいときにも便利です。

移動中に“保温調理”ができる!

スープジャーに入ったスープパスタ
出典:Instagram by@thermos_k.k
スープジャーは、その保温力を使って簡単な調理ができるところも魅力。高温をキープしてくれるので、材料を入れて置いておくだけでリゾットやオートミール・パスタなどの保温調理が可能です。

記事後半ではおすすめのレシピも紹介しているので、ぜひチャレンジしてみてくださいね!

食材をアウトドアへ持ち運ぶとしてフードジャーとして

ピクニックでスープジャーランチ
出典:Instagram by@thermos_k.k
日々のランチ用というイメージがあるスープジャーですが、じつはアウトドアでも大活躍。移動中に保温調理をしたり食材を冷たい温度でキャンプ地まで運びたいときなど、オールシーズン重宝します。低温をキープできるものであればタンブラー代わりにもなり、移動中のお供としても最適です。

というように様々なメリットがあるスープジャー、この記事では選び方とオススメをご紹介していきます!

▼各項目をタップすると詳細に飛べます
この記事で紹介するスープジャー

スープジャーの選び方

6時間後は何℃をキープできる? 保温・保冷力で選ぶ

複数のスープジャー
出典:Instagram by@mosh_products
スープジャーを選ぶ上で一番気になるのが、保温・保冷力ですよね。これは製品の容量や作りによって差があるので、表示されているスペックで確認しましょう。

食材がたくさん入ったスープジャー
出典:Instagram by@hydroflask.jp
保温・保冷力を測る条件はメーカーやモデルごとに違う場合もありますが、多くの製品は6時間後の温度が表示されています。保温なら6時間後も熱湯を50℃以上、保冷なら20℃以下を保てるかどうかを基準にすると良いでしょう。

スープジャーに液体を入れる
出典:Instagram by@poketleofficial
ここで注意すべきなのが「重さ」。一般的に保温・保冷力が高い製品は重くなる傾向にあるので、使うシーンに必要な保温・保冷スペックと重量のバランスを見てチョイスしましょう。

ランチジャーを氷水で冷やす
出典:サーモス
温度を保つためのワンポイント
温かいものを入れる前は余熱(熱湯を入れておく)、冷たいものを入れる前には予冷(蓋を開けた状態で冷蔵庫に入れて冷やしておくなど)しておくと◎!

漏れにくい工夫はある? 密閉力で選ぶ

お弁当箱とスープジャーを取り出す
出典:Instagram by@thermos_k.k
液体を持ち歩けるのもスープジャーならではですが、より漏れにくい工夫に注目を。しっかりと厚みのあるパッキンや二重ブタで密閉性を高めたアイテム、断熱素材のポーチが付いている物は汁漏れも安心なだけでなく保温力もUPするのでオススメです。

持ちやすさや食べやすさは? 形・デザインで選ぶ

手に収まるサイズのスープジャー
出典:ブルーノ
スープジャーは手に馴染みやすい小さめのタイプや浅めのデザインなど、様々な形やサイズがあります。デザイン性が高いものも多いので、見た目にもこだわって選ぶとお弁当生活をより楽しめますね。

カラフルな複数のスープジャー
出典:Instagram by@mosh_products
コンパクトに持ち運びたいときは、スリム型や容量の小さいタイプを。細めのものは、タンブラー代わりにもなって便利です。

取っ手付きスープジャーを持つ
出典:楽天市場
形のほか、快適に使える工夫にも注目しておきたいところ。取っ手や専用ポーチが付いたものだと、食べたり持ち運びがしやすくおすすめです。

スープをスープジャーに入れる
出典:Instagram by@stanley_jp
また、スープジャーは口径のサイズや深さによって中に入れる食材の向き・不向きがあります。広口デザインのものはスプーンですくいやすく、大きめの具材を入れたいときにも便利

付属のスプーンや薬味スペースがついているアイテムもあるので、細かくチェックしてみると良いでしょう。

洗いやすさ・臭い移りのしにくさなどの工夫で選ぶ

分解したスープジャー
出典:ブルーノ
多くのスープジャーは本体が食洗機NG(※フタはOKなこともあり)かつレンジ非対応ですが、中には対応したアイテムも。

ニオイが付きにくい加工やパッキンが取り外しやすいもの、フラットな作りで汚れが溜まりにくいものなど細部まで工夫が行き届いたアイテムもあるので、日々の使い勝手の快適さを重視するならチェックしておきたいポイントです。

おすすめスープジャーをサイズ別に紹介

リゾットをスープジャーに入れる
出典:Instagram by@asvel_net
ここからはおすすめのスープジャーをサイズ別にご紹介します。200mlのコンパクトサイズから500ml以上の大型サイズまでセレクトしているので、使う人やシーンに合わせて選んでみてくださいね!

200mlほどの小さめスープジャー

サンドイッチと空のスープジャー
出典:Instagram by@hydroflask.jp
200ml前後のコンパクトサイズは、ご飯とおかずにプラスするスープやみそ汁などにおすすめ。食べる量が少ない離乳食にも便利なサイズです。

ポケトル スープボトル160ml

ポケトル スープボトル160ml

●サイズ:約φ65×90mm
●素材:本体:ステンレス鋼/フタ:ポリプロピレン/パッキン・底カバー:シリコーンゴム
●容量:160ml
●口径:約φ50mm


おすすめポイント!
●インスタントコーヒーやスープにぴったりな容量160mlのコンパクトサイズ。
●保温・保冷の両方に対応する真空二重構造で、95度のスープを6時間後も48度以上にキープ。
●セミマットなステンレスボディでカラーバリエーションも豊富。

サーモス ランチジャー200ml

サーモス ランチジャー200ml

●サイズ:約φ70×105mm
●素材:本体:ステンレス鋼(アクリル樹脂塗装) / フタ:ポリプロピレン(発泡ポリプロピレン内蔵) / パッキン:シリコーンゴム
●容量:200ml


おすすめポイント!
●スープだけでなく、ヨーグルトなどのデザートにも使える広口の容量200ml。
●高い保温力・保冷力をキープするステンレス製魔法瓶構造で、6時間後も55度以上をキープ。
●お手入れ簡単なシンプル構造で、口当たりの良さにも配慮。

サーモマグ コンテナー210ml

サーモマグ コンテナー210ml

●サイズ:約φ100×70mm
●素材:18-8ステンレス鋼,シリコーン,ポリプロピレン
●容量:210ml


おすすめポイント!
●温かいごはんやスープ、デザートまでマルチに活躍する容量210mlの広口・浅めデザイン。
●ステンレス素材の真空二重構造で、6時間後も32度以上・16度以下をキープ。
●コンテナ同士をスタッキングでき、収納にも持ち運びにも便利。

モズ スープポッド200ml

モズ スープポッド200ml

●サイズ:約φ70×110mm
●素材:プラスチック製のステンレス鋼
●容量:200ml


おすすめポイント!
●スープや味噌汁にぴったりな200mlのコンパクトサイズで、お手入れが簡単なシンプル構造。
●ステンレス真空断熱構造で保温・保冷に対応し、6時間後も45度以上・13度以下をキープ。
●ブランドおなじみの「ヘラジカ」プリントとスモーキーカラーのボディがおしゃれ。

アスベル LUNTUS ランチジャー250ml

アスベル LUNTUS ランチジャー250ml

●サイズ:138×120×122mm
●素材:保温ケース:ステンレス鋼(アクリル樹脂塗装),保温ケースフタ/PP(中材/発砲PP断熱材)/リング,止め具,容器本体(ごはん・おかず),中フタ,弁本体:PP/パッキン,エア弁:シリコーンゴム
●容量:250ml


おすすめポイント!
●容量250mlで具だくさんなスープにぴったりな保温・保冷スープジャー。
●ステンレス真空断熱構造で6時間以上52度以上・12度以下をキープ。
●下に向かってややすぼまるデザインがおしゃれで、カラーバリエーションも豊富。

ミニボトル スープジャー 180ml

ミニボトル スープジャー180ml

●サイズ:φ60×110mm
●素材:ステンレス
●容量:180ml


おすすめポイント!
●180mlのコンパクトサイズな保温・保冷スープジャー。
●真空断熱二重構造で6時間後も51度以上・11度以下をキープ。
●細身なデザインなので、タンブラーとしての使用もオススメ。

300ml前後のスープジャー

デザートが入ったスープジャー
出典:Instagram by@stanley_jp
スープやシチュー・麺類やご飯ものなど、プラスの一品からメインディッシュまで幅広く使いたいときは300~400ml程度のスープジャーが重宝します。具だくさんのスープやリゾット・オートミールなどにぴったりなので、小食の方やダイエッターにもオススメです。

ケヴンハウン スープマグ 280ml

ケヴンハウン スープマグ 280ml

●サイズ:φ84×130mm
●素材:18-8ステンレス鋼
●容量:280ml


おすすめポイント!
●やや多めの容量280mlの保温・保冷スープジャー。
●6時間後も40度以上をキープし、保冷にも対応。
●蓋の上部に施された十字のデザインとボトルが下に膨らむ形が特徴的。

サーモス 真空断熱スープジャー 380ml

サーモス 真空断熱スープジャー 380ml

●サイズ:φ95×125mm
●素材:メッキ:ステンレス鋼(アクリル鋼)/外フタ:ポリプロピレン(樹脂ポリプロピレン)/内遠心:ポリプロピレン/ベンパッキン・シールパッキン:シリコーン
●容量:380ml


おすすめポイント!
●具だくさんなポトフや豚汁にもぴったりな容量380mlの真空断熱スープジャー。
●6時間後も56度以上・12度以下をキープ。
●外フタ・内フタ構造で液漏れを防止し、保温・保冷力もUP。

タイガー ステンレスカップ スープカップ 300m

タイガー ステンレスカップ スープカップ 300m

●サイズ:φ90×119mm
●容量:300m
●口径:約70mm


おすすめポイント!
●魔法瓶構造と密閉フタにより、優れた保温・保冷力を誇るスープジャー。
●口径約7.8cmの広口と底が丸いデザインで、スプーンを使って食べやすい仕様。
●スープなどもたっぷり持ち運べる容量300ml。

mosh!フードポット 300ml

mosh!フードポット 300ml

●サイズ:約φ90×96mm
●素材:内びん,キャップ:ステンレス鋼/胴部:ステンレス鋼(アクリル樹脂塗装)/シリコーンリング,パッキン:シリコン/せん:ポリプロピレン
●容量:300ml


おすすめポイント!
●まるでジャムの瓶のようなぽってりとしたフォルムが可愛いスープジャー。
●真空二重構造で保温・保冷力に優れ、6時間後も58度以上・13度以下をキープ。
●内側に100ml間隔でメモリが付いているほか、フタが開けやすいようシリコングリップつき。

ハイドロフラスク フードジャー 12oz 335ml

ハイドロフラスク 12 oz Food Jar

●サイズ:φ109×86mm
●素材:本体:ステンレス鋼/フタ:ポリプロピレン/パッキン:シリコーンゴム
●容量:354ml
●口径:95mm


おすすめポイント!
●スープやリゾット、フルーツにも重宝する容量335mlの広口・浅めデザインのスープジャー。
●ステンレスの真空断熱構造で保温・保冷に対応。
●表面に特殊なパウダー加工を施し、濡れた手でも滑らず握りやすい仕様。

アイリスオーヤマ ステンレスフードジャー400ml

アイリスオーヤマ ステンレスフードジャー400ml

●サイズ:φ84×125mm
●素材:本体内びん:ステンレス鋼/本体胴部:ステンレス鋼(アクリル樹脂塗装)/せんカバー:ステンレス鋼/せん:ポリプロピレン/飲み口:ポリプロピレン/パッキン:シリコーン
●容量:400ml


おすすめポイント!
●カレーやシチューにも便利な容量400mlのシンプルデザインのスープジャー。
●6時間後も57度以上を保つ高い保温力を誇り、生米と熱湯でおかゆを作る保温調理も可能。
●スープジャーを活用した1週間分のレシピ冊子つき。

ピックドア スープマグ

ピックドア スープマグ

●サイズ:4×84×128mm(取手含まず)
●素材:内ビン:18-8ステンレス/胴部:ステンレス(粉体塗装)/フタ:ポリプロピレン/取手:TPU,ステンレス鋼/パッキン:シリコーンゴム
●容量:320ml


おすすめポイント!
●持ち運びに便利なハンドル付きのスープジャー。
●真空二重構造で6時間後も50度以上・12度以下をキープし、スープやフルーツなどに最適。
●容量320mlの深型タイプで、スープやシチューなどにオススメ。

ブルーノ スープジャー300ml

ブルーノ スープジャー300ml

●サイズ:85×100×82mm
●素材:本体内ビン:ステンレス鋼/本体胴部:ステンレス鋼(アクリル樹脂塗装)/キャップ・フタ・せん・飲み口:ポリプロピレン/パッキン:シリコーンゴム
●容量:約300ml


おすすめポイント!
●本体とフタのバイカラーデザインがおしゃれな容量300mlのスープジャー。
●真空二重構造で6時間後も50度以上・10度以下をキープ。
●焼き物のような温かみのある質感とどっしりとした安定感のあるフォルムが特徴的。

スタンレー 真空フードジャー スリム 0.41L

スタンレー 真空フードジャー スリム 0.41L

●サイズ:φ81×150mm
●素材:内瓶:ステンレス鋼/本体:ステンレス鋼/ 肩:ステンレス鋼/ふた:ポリプロピレン/ガスケット:シリコーンゴム
●容量:410ml


おすすめポイント!
●手に馴染みやすいストレートボディのスープジャー。
●広口デザイン、容量410mlでカレーやシチューなどの持ち運びにも便利。
●真空断熱構造で、6時間後も67度以上・8度以下と非常に優れた保温・保冷性を実現。

キャプテンスタッグ フードポット400ml

キャプテンスタッグ フードポット400ml

●サイズ:φ90×135mm
●素材:内びん:ステンレス鋼/胴部:ステンレス鋼/口金:ステンレス鋼/ふた栓:内側=ポリプロピレン,外側・ハンドル=ステンレス鋼/パッキン・弁パッキン:シリコーンゴム
●容量:400ml


おすすめポイント!
●金属製の持ち手が付いたミルクタンクのようなデザインがおしゃれなスープジャー。
●6時間後も65度以上・12度以下を保つ真空二重構造。
●溝が少ないフタはお手入れも簡単。

500mlより大きめスープジャー

スタンレーのフードジャー
出典:Instagram by@stanley_jp
500mlのスープジャーは、おでんや煮物など大き目の具材を入れたい場合や、がっつり食べたい方にオススメ。保温力が高いアイテムが多いので、保温調理にも向いています。

スタンレー 真空フードジャー 530ml

スタンレー 真空フードジャー 530ml

●サイズ:φ93×175mm
●素材:内瓶:ステンレス鋼/本体:ステンレス鋼/肩:ステンレス鋼/ふた:ポリプロピレン,ステンレス鋼/インナープラグ:ポリプロピレン/内側のストッパーの蓋:低密度ポリエチレン/ガスケット:シリコーンゴム/スポーク:ポリプロピレン
●容量:530ml


おすすめポイント!
●ステンレスの無骨なボディがアウトドア仕様でカッコいい容量530mlの大型スープジャー。
●優れた保温・保冷力で6時間後も75度以上・6度以下をキープ。
●薬味入れや先割れスプーンもセットになっており、1食分が便利に持ち運べるデザイン。

サーモス 真空断熱スープジャー500ml

サーモス 真空断熱スープジャー500ml

●サイズ:φ95×135mm
●容量:500ml


おすすめポイント!
●具だくさんなシチューや麺類にもぴったりな500mlの大容量サイズのスープジャー。
●ステンレス魔法瓶仕様で6時間後も61度以上・11度以下を保持。
●フタを少し回すと中の圧力を逃して開けやすくなるクリックオープン構造を採用。

FJbottle 真空断熱 ステンレス スープジャー

FJbottle 真空断熱 ステンレス スープジャー

●サイズ:φ100×138mm
●容量:500ml
●口径:82mm


おすすめポイント!
●広口デザインで扱いやすい容量500mlのスープジャー。
●排気ボタン付きで中の圧力を逃して密閉し、開けやすさにも配慮。
●持ち運びに便利な専用バッグとスプーン付き。

フラスク ランチジャームキ500ml

フラスク ランチジャームキ550ml

●サイズ:φ95×150mm
●容量:約550ml


おすすめポイント!
●スタイリッシュなデザインの容量計550mlのスープジャー。
●250mlと300ml(真空断熱構造)の2容器構成で、どちらも液漏れしにくい仕様。
●下に向けてすぼまるデザインで、ご飯とおかずを持ち運びたいときにぴったり。

オクタス フードマグ500ml

オクタス フードマグ500ml

●サイズ:φ100×120mm
●素材:インナーボトル(インナーボディ):ステンレススチール/ボディ(アウターボディ):ステンレススチール(アクリル樹脂コーティング)/蓋プラグ:ポリプロピレン(発泡スチロール内蔵)/ワッシャー・バルブガスケット:シリコーンゴム
●容量:500ml


おすすめポイント!
●男性でも使いやすい黒ベースのバイカラーデザインがカッコいいスープジャー。
●カレーやシチュー、具だくさんスープなどをたっぷり入れられる容量500ml。
●6時間後も54度以上・13度以下を保つ真空二重構造。
▼人気スープジャーの保温力を徹底比較!
スープジャーの中の温度を温度計で計測
撮影:秋葉実
サーモスにタイガーにスタンレーなど、人気実力派スープジャーの保温力を実際に検証! 気になる方はぜひこちらの記事もチェックしてみてくださいね。



スープジャーを使用する際の注意点

クリームスープが入ったスープジャー
出典:Instagram by@thermos_k.k
ここからはスープジャーを使用するときの注意点をご紹介。湿度が高い日などはとくに気になる衛生面も、しっかりチェックしておきましょう。

生ものや、内部に圧がかかるものは入れない

ちらし寿司
出典:PIXTA(加工:編集部)
スープジャーに入れられる食材は、常温保存できるもののみ。特に生肉や生の魚介類はNGです。加えて、乳製品や生卵も要注意。しっかり加熱調理してから入れることを基本としましょう。

気温の高い日は加熱していても傷みが心配されるので、なるべく避けたほうが安全です。

瓶に入った炭酸水
出典:PIXTA(加工:編集部)
また、スープジャーは密閉されるものが多いので内部に圧がかかる炭酸飲料やドライアイスを持ち運ぶこともできません。その他電子レンジでの使用も破裂する可能性があるので、避けましょう。

使ったらしっかり洗って乾かして雑菌を防ぐ

洗って乾かしたスープジャー
出典:PIXTA
雑菌を繁殖させないためにも、パッキンなどのパーツが多いスープジャーはしっかりお手入れすることが重要です。外せるものは外して、溝まできちんと洗ってから完全に乾かすことを徹底しましょう。

温度がキープされているうちに食べきり、中身を放置しない

スープジャーを活用したわかいいランチ
出典:PIXTA
スープジャーでの保管が6時間を超えると、温度が保たれず食品腐敗の原因に。また、雑菌の繁殖は20~40℃で最も活発になります。食中毒などの危険を避けるためにも、温度がキープできている6時間以内に一度で食べきりましょう。

また、食べ終わったスープジャーはとくに雑菌が繁殖しやすいので、水洗いしておくのも効果的。自宅に持ち帰る前に水ですすいでおきましょう。

スープジャーを使ったおすすめレシピ

スープジャーでおじや
出典:Instagram by@hydroflask.jp
ご飯やスープを理想の温度で持ち運ぶだけでなく、せっかくなら時短料理にも活用したいスープジャー。ここからはスープジャーで簡単に作れるレシピをご紹介します!

鶏ささみ生姜スープ

スープジャーで作る生姜スープ
出典:サーモス
材料
【270〜300mlのスープジャー】
鶏ささみ……1本
酒……大さじ1
塩……少々
しょうが……8g
長ネギ……15g
にんじん……10g
ピーマン……15g
しめじ……10g
鶏がらスープ(顆粒)……4g
ごま油……適量
<作り方>
①鶏ささみを平皿にのせて酒をふりかけ、ラップをしないで電子レンジで20秒ほど加熱する。 ②裏返してさらに20秒加熱し、塩ひとつまみをふって、ほぐしておく。
③しょうがはみじん切り、長ネギ、にんじん、ピーマンは千切り、しめじはほぐしておく。
④しょうが以外の具材をスープジャーに入れ、沸とうしたお湯をスープジャーに合わせて注ぎ、フタをせずに3分ほど予熱する。
⑤スープジャーの湯を切る。 ⑥しょうがと鶏がらスープの素を加え、沸とうしたお湯をスープジャーに合わせて注ぎ、1時間30分以上保温する。 ⑦風味づけにごま油を垂らす。

ワンポイントアドバイス
②の段階では、鶏ささみに完全に火を入れなくて大丈夫です。 根菜類はピーラーなどを使って切ると火が通りやすくなります。
レシピ参考:サーモス スープジャーレシピ

ツナとトマトの冷製そうめん

スープジャーで作る冷製そうめん
出典:サーモス
材料
【270〜300mlのスープジャー】
そうめん……1束
トマト……1/2個
ツナ缶……1/2缶
大葉……5〜6枚
●水……大さじ4
●めんつゆ(3倍濃縮)……大さじ2
●ごま油……小さじ1
<作り方>
①スープジャーに氷水を入れて保冷する。 ②鍋にお湯を沸かし、塩少々(分量外)を加え、そうめんを袋の表示より短めに茹でる。
③ざるに取って流水で洗い、冷水で締めてからよく水気を切る。
④スープジャーの氷水を捨て、小さめに角切りしたトマト、ツナ缶(油ごと)、●の材料を入れてフタを閉じる。
⑤③のそうめんをフォークで一口サイズに巻いて、細く刻んだ大葉を乗せ、別容器に詰める。

ワンポイントアドバイス
そうめんと大葉をスープジャーのつゆによく絡めてからお召し上がりください。 そうめんが伸びることを防ぐため、つゆはスープジャーに、そうめんは別容器に入れ、食べる直前に合わせてください。
レシピ参考:サーモス スープジャーレシピ

ホットドック&トマトポトフ

スープジャーで作るトマトスープ
出典:象印
材料
【260mlのスープジャー】/strong>
ウインナー……2本
キャベツ……40g
にんじん……10g
玉ねぎ……20g/strong>
ホットドック用パン……1本/strong>
パセリ……適量/strong>
●コンソメ(顆粒)……小さじ3/4
●トマトケチャップ……小さじ1/2/strong>
●カットトマト缶……30g/strong>
●粉チーズ……小さじ1/2
●粗挽き黒こしょう……少々/strong>
●水……140cc
<作り方>
①保温容器に熱湯(分量外)を入れ、フタを閉めてスープジャーを温める。
②ウインナーは切り込みを入れ、キャベツは3㎝角に切り、にんじんは半月の薄切り、玉ねぎは薄切りにする。
③鍋に●の材料と②を入れ、沸騰させながら4分加熱する。
④スープジャーの湯を捨て、③を入れて3時間保温する。
⑤ウインナーを取り出し、パンに挟んでホットドックを作る。

ワンポイントアドバイス
1度の調理でスープとホットドックの2品ができるレシピです。 ウインナーが規定の位置に収まらない場合は適当な大きさに切ってください。
レシピ参考:象印のおすすめレシピ!ステンレスフードジャーのレシピ

オートミール中華粥

スープジャーで作る中華がゆ
出典:サーモス
材料
【300mlのスープジャー】/strong>
オートミール……30g
塩……2つまみ
ボイル海老……50g
味つきザーサイ……20g
ゆで卵……1/2個
万能ねぎ(小口切り)……適量
ラー油orごま油……少々
●水……250cc
●鶏がらスープ(顆粒)……小さじ1/2
<作り方>
①スープジャーに熱湯(分量外)を入れ、フタをせずに5分以上保温する。
②●の材料とボイル海老を鍋で温める。
③スープジャーの湯を捨て、オートミールと塩を入れてスープジャーに②を注ぐ。
④全体を軽くまぜてフタをし、10分以上保温する。
⑤食べる前に、粗めに刻んだザーサイ、ゆでたまご、万能ねぎをトッピングし、ラー油をかける。

ワンポイントアドバイス
持ち運ぶ際は、⑤の材料を別容器に入れるのがオススメです。 お好みのトッピング次第で、味や食感のバリエーションを楽しむことができます。
レシピ参考:サーモス スープジャーレシピ

スープジャーは年中活用できるおすすめアイテム

野外調理の傍らに置かれたスープジャー
出典:Instagram by@stanley_jp
保温・保冷ができるスープジャーは、1つあると年中使えて便利。赤ちゃんの離乳食から会社でのお弁当、自宅での保温調理からアウトドアシーンまで、幅広く活躍してくれる優秀アイテムです。

電気も使わないので安全性も高くサスティナブル! 今注目されているスープジャーを、ぜひ活用してみてくださいね。

こちらの記事もおすすめ!

紹介されたアイテム

関連記事