CAMP HACK[キャンプハック]


目玉焼き

【まさかの2階建て?!】ユニフレームの最新・鉄板の「上の部分」ってどう使う?可能性を探った結果……

2

ユニフレームといえば、焚き火台やテーブルなどのロングセラーで知られる有数のアウトドアブランドですが、ときどき攻めたアイテムを発売します。今回ピックアップするのは、網を取り付けることができる鉄板「ソロ鉄250」。文言だけではちょっと意味がわかりませんね。そんな独特ギアを実際に使ってチェックしてみました!

秋葉 実


ユニフレームの2階建てのソロ鉄板が気になる!

ユニフレーム ソロ鉄250 ソロキャンプがスタイルとして定着した昨今、ソロ用の鉄板が各社からリリースされています。そんななか、国内有数のアウトドアブランド・ユニフレームが発売した鉄板がこちらの「ソロ鉄250」。

最大の特徴は網を取り付けることができて、2階建ての構造になること。

網の部分は、食材の保温に役立つ……らしい

ユニフレーム ソロ鉄250 「焼いた食材を網に載せると保温される」とのことですが、自分が実際に使うシーンが想像しにくいんですよね。そこで実際に現物を使い、どんなふうに便利なのか、はたまた便利ではないのか、正直にレポートします!

ユニフレーム ソロ鉄250
というわけで、さっそく通販で入手しました。ソロ鉄250は、鉄板と網のセットで構成されます。まずはじっくり観察してみましょう。

早くレポート結果を!という方は、記事冒頭にある目次の「いろいろ焼いてみた」の項目をクリックすれば一気にスキップできますよ。

ユニフレーム ソロ鉄250

●使用時サイズ:約25×14.7×6(高さ)cm
●収納時サイズ:約25×14.7×3(高さ)cm
●材質:鉄板/黒皮鉄板4.5mm厚加工、焼網/ステンレス鋼
●重量:約1.45kg


「ソロ鉄250」のスペックは?

ソロ用鉄板としてはゆったりサイズ

ユニフレーム ソロ鉄250
ソロ鉄250という製品名が示す通り、長辺は250mm。短辺が147mmと横長な形状です。大きめの肉も焼きやすい、ソロ用としてはゆったりとしたサイズだと言えるでしょう。

右端にある細長い穴はハンドルを通すためのもので、上部の2か所の穴が2階部分の網を取り付けるための穴です。

充分な厚み4.5mm

鉄板 厚さ
厚さは4.5mm。今までいろいろな鉄板を使ってきましたが、充分な厚さだと思います。これが頼りない厚さだと蓄熱性は下がり、食材が焦げ付きやすくなるんですよね。

鉄板単体の重さは1kgちょっと!

鉄板 計量
実測した重量は1,272g。公式サイトのスペック表記では「約1.45kg」となっていますが、これは網を合わせた重量でしょう。鉄板単体では1.2kg台半ばといったところです。

保温用の網の取り付け方は?

網の取り付け
最大の特徴である、保温用の網を取り付けてみます。2か所の穴に、網のフレームの脚を差し込みます。完成状態を見たことがあれば、方向に迷うことはないでしょう。

フック機能で固定される仕組み

フックで固定
差し込んだだけでも外れやすいとは感じませんでしたが、さらにフックで固定します。ロック機能というわけですね。

ユニフレーム ソロ鉄250
完成しました。組立サイズは高さが6cmとなります。鉄板と網との距離は5cm強といったところ。

思っていたより高さがあり、これで保温なんてできるんだろうか……と少々不安を覚えました。

ユニフレーム ソロ鉄250
ちなみに網を使わないときは、後方に倒しておくことができます。これなら大きなステーキ肉を焼くときも、邪魔になりませんね。

関連記事