【1万円台で買える】ベルモントの「アイアンラックシリーズ」に物欲が刺激されまくり!

2020/03/03 更新

ソロキャンプブームの影響で、最近は焚き火まわりのアイテムが続々と登場。そんななか、シンプルで質実剛健な「アイアンラックシリーズ」がベルモントから発売されました。一体どんなものなのか、実際に使ってみましょう!


アイキャッチ・記事中画像撮影:筆者

ベルモントの「アイアンシリーズ」が気になるッ!

出典:belmont
今年発売されたベルモントのアイアンラックシリーズをご存知でしょうか? 無骨なデザインと手が届きやすい価格帯で、いまキャンパーから注目を集めているアイテムなんです!


今回そんなアイアンラックシリーズの3モデルをゲット! このアイテムに物欲を刺激されたイチキャンパーとして、使い勝手をレポートしますね。

焚き火ラバーズに使ってもらいたい「アイアン薪ラック」

まずは、焚き火をするのに欠かせない「アイアン薪ラック」からチェックしていきましょう。

テーブルにもなるツールラック

名前の通り、下段のラックが薪置きとして使えるのはもちろん、上段の天板にはグローブやナタなどの小物を置くことができます。薪は地面に直接置くと、湿気を吸ってしまって火付きが悪くなるので、このようなラックに置いておけば安心ですね。

2束分の薪は余裕で置ける!

薪も十分な量を置くことができます。今回置いてみたのは4kgの薪2束ですが、もう1束くらいは入りそうです。ラックの耐荷重は40kgあるので、重さに関してはまったく問題ありません。


シンプルで無機質なデザインですが、薪が載ると急に暖かみのある雰囲気に変わります。使ってみるとその味がさらに出るデザインですね。

組み立てはとっても簡単!

シンプルな構造なので、組み立ても非常に簡単。まず脚部となるラック部分を開きます。

そして開いたラックの上に天板を載せるだけで完成! ホントに簡単です。

天板裏に2本のフレームがあるので、そのあいだにラック側のフレームを収めるだけ。これでラックがグラつく心配がなくなります。

サイトをスッキリさせるなら「アイアンラック」

焚き火のそばで使いたい「アイアン薪ラック」ですが、収納性を重視する方には「アイアンラック」もおすすめです。


「アイアン薪ラック」との違いは、薪置きがない代わりにラックが2段になっていること。食器やクッカーなど、さまざまなものが収納しやすくなっていますね。

シンプル イズ ベストの男前ラック

ムダな機能や飾りが一切ない無骨なデザインですが、「これは使いやすいな」と感じた2つのポイントを紹介します!

①ダッチオーブンの直置きができる

天板は鉄製なので、アツアツのダッチオーブンを載せても、溶けたり、焦げたりしません。焚き火や炭火の調理中、火から下ろした鍋を置く場所って意外とないんですよね。なのでこんなテーブルがあると便利です。

②クーラーボックスも載せられる耐荷重30kg

さらにこのラック、耐荷重がナント30kg! クーラーボックスを載せてもへっちゃらです。ラック付きのクーラースタンドは少ないので、重宝しますね。

最後は、いま紹介した2モデルの使いやすさをグッと上げてくれるアイテムです!

マストでゲットしたいツールラック「アイアンラックPLUS」


このシリーズは拡張性があるのも魅力! 「アイアンラックPLUS」は、ファミリーやグループなど大人数でキャンプをする機会が多い方に、特におすすめしたいアイテムです。その理由は……

アイアンラックが3段になる!

「アイアンラック」と組み合わせて、収納力をアップさせることができるんです! 何かとツールが多いファミリーキャンプの荷物も難なく収納できそうですね。

アイアン薪ラックとも連結可能

もちろん「アイアン薪ラック」と組み合わせることも可能です。収納力が上がって、一気に用途も広がりますね。

ただの拡張ギアかと思いきや……!


じつは「アイアンラックPLUS」は単体でも使えるんです! もし単体で使う場合は、脚部を安定させるために付属のバーを取り付けるだけ。

出典:belmont
バーにはシェラカップやクッキングツールなどを吊しておけるのでとっても便利です。

最後に言わせて!「アイアンラックシリーズ」2つの優秀ポイント

薄型&コンパクト収納でかさばらない

構造がシンプルなゆえに、収納サイズもコンパクトで薄型。厚さはモデルによって異なりますが、5cmもしくは9cmに収まります。車載も省スペースで済むのは助かりますね。

手が届きやすい価格設定

長年使える耐久性と拡張性を兼ね備えながら、お値段はどれも手が届きやすい1万円台前半。金属加工を得意とする、新潟県 三条市で作られているのも安心感がありますね。
ITEM
ベルモント アイアン薪ラック(収納ケース付)
●サイズ:59×28×30㎜
●収納サイズ:59×28×9cm
●重量:約3.8kg
ITEM
ベルモント アイアンラック(収納ケース付)
●サイズ:約59×28.5×30cm
●収納サイズ:59×28.5×5cm
●重量:約4.7kg
ITEM
ベルモント アイアンラックPLUS
●サイズ:約59×28.5×30cm
●収納サイズ:59×28.5×5cm
●重量:約2.9kg

アイアンラックシリーズで「コックピットスタイル」を満喫してみては?

このシリーズがあれば、焚き火まわりはほぼ完璧! 状況に応じてさまざまな使い方ができるので、自分のスタイルに合った使い方ができます。

筆者のお気に入りスタイルは全モデルに囲まれる“コックピットスタイル”。これなら動かずに、一日中焚き火で遊んでいられます(笑)。

この記事が気にいったあなたに、オススメの3記事


紹介されたアイテム

ベルモント アイアン薪ラック(収納ケース…
サイトを見る
ベルモント アイアンラック(収納ケース付…
ベルモント アイアンラックPLUS
\ この記事の感想を教えてください /
GOOD! BAD

関連する記事

この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう

アウトドア雑誌の副編集長職を経て、フリーエディター&ライターとして独立。以降、アウトドアをはじめ、グッズ、クルマ、旅行、ペットなど、レジャー関連を中心に、さまざまなジャンルで執筆活動している。

アウトドアのすべてを、ひとつのアプリで。

150以上のアウトドアメディアの記事や動画、3万枚以上のみんなの写真も見られる!
アウトドアの「知りたい!」「行きたい!」がきっと見つかる!
お気に入りの記事や写真を集めて、スキマ時間に素早くチェック!