アプリ限定で20万円分のAmazonギフト券をプレゼント!
スント トラバース アルファ

スント「トラバース アルファ」は頑丈ミルスペックと最新スマートウォッチのいいとこ取り!

2022/09/30 更新

「アウトドア・スマートウォッチ」とひと口に言っても、トレッキング、RUN、ダイバーズ用などじつに多彩。進化も凄まじく、各メーカーから続々と最新スマートウォッチがリリースされています。そんな群雄割拠の中から筆者が選んだのは、スント「トラバースアルファ」!手に入れた理由と魅力を紹介しましょう。

目次

アイキャッチ画像出典:Instagram by @suuntohuntfish

アウトドアの良き相棒になる腕時計、スント「トラバース アルファ」

スント トラバース アルファ

出典:Instagram by @suunto_russia

日常とアウトドアを支えてくれる相棒、スント「TRAVERSE ALPHA(トラバース アルファ)」。頑丈で長年使える腕時計を探していて、筆者が数年前に購入した代物です。
スント トラバース アルファ

出典:Instagram by @suuntohuntfish

アクセサリーは年齢とともに身に付けなくなっていきましたが、腕時計はシーンを問わず必須アイテムだと感じる筆者。決して安い買い物じゃないので、迷いに迷い吟味したことを覚えています。

「トラバース アルファ」を選んだのには理由があります

スント トラバース アルファ

スントは、フィンランドの腕時計メーカーで、アウトドア好きなら一度は目にしたことがあるのではないでしょうか。アウトドア用の腕時計、何を買えばいいか分からない……なんて方にオススメしたいトラバース アルファ。

この時計の特徴と、実際に使用している筆者の使用感をお伝えします。

「トラバース アルファ」ってこんな腕時計

数あるスマートウォッチの中から大抜擢したトラバース アルファ。まずはその基本的なスペックをご紹介していきましょう。

ミルスペックなのでとにかく頑丈

スント トラバース アルファ

出典:SUUNTO

まず挙げられる特徴は、その頑丈さ。ミリタリーユース仕様なのでかなり屈強な腕時計で、ガラスには防弾ガラスとして使われるサファイアクリスタルを採用。通常の生活レベルで使用する上では、傷つけることさえ困難です。

スント トラバース アルファ

出典:Instagram by @suuntohuntfish

時計盤の周りに取り付けられるリング状のベゼルはステンレススチール性で、耐久性と軽量性を併せ持っています。

アウトドアに必要な機能は、基本すべて備わっている

スント トラバース アルファ

ミリタリー仕様ということで、当然アウトドアに必要な機能は基本すべて備わっています。

スント トラバース アルファ 機能

出典:SUUNTO

機能の一覧をご覧あれ。GPSや高度計、気圧計やコンパスが内蔵されているので、野外活動の際にはこれらの機能が大いに役に立ちます。

他にも備わっている機能が多すぎて、正直フル活用することはなさそう……。

スマホアプリと同期できる

スント専用のスマホアプリをダウンロードして同期させれば、スマートウォッチとして機能させることも可能。メール通知が来たり、GPSを利用した移動記録のログを確認できたり、何かと便利。

ただし、本格的なスマートウォッチと比べるとメール操作などの操作性には劣るので、ここは期待しすぎない方がベター。

とにかく見た目がカッコイイ!

スント トラバース アルファ

機能どうこうよりも、正直この見た目の良さで選んだ節もあります。円盤自体は少し大き目ですが、筆者が選んだモデル「ステルス」なら、カジュアルになり過ぎず、絶妙な存在感を放ってくれます。

普段着でもビジネスシーンでも装着できる、シーンを選ばない腕時計。スマホ同様、スマートウォッチの機能は日進月歩だからこそ、デザインのカッコよさで選ぶのも手ですね!

充電が必要です

スント トラバース アルファ

最新のスマートウォッチということで、ソーラーチャージャーが付いていると思っている方もいるのでは? かくいう筆者がソレで、買ってから充電が必要なことに気付きました……。

通常の腕時計として使う分には、3週間ほどバッテリーは持つので十分ではないでしょうか。使用していないときは自動的にスリープ状態になって、無駄な電池の減りを避けてくれます。

スント トラバースアルファ

●本体重量:75g
●素材
ベゼル:ステンレス
ガラス:サファイアクリスタル
バンド:テキスタイル素材

アクティブシーンで大活躍するオススメ機能4選!

トラバース アルファは、生涯の伴侶と呼んでも過言ではないくらい、毎日一緒! とにかくライフスタイルにピッタリ合っているので、筆者がどのようにトラバース アルファと過ごしているかを紹介します。

オススメ機能① 渓流フィッシングに特化したログ機能がある

スント トラバース アルファ

渓流沿いのキャンプ場へ行った際は必ず釣りに勤しむ筆者。トラバース アルファ購入の大きな理由として、フィッシングに特化した機能があることでした。

スント トラバース アルファ

キャンプ場以外の渓流では、入渓地点と退渓地点を覚えておかないと迷ってしまうことがあります。そんなときに役に立つのが「ブレッドグラム」という機能。辿ってきた道をGPSで記録して見返せるため、釣りの帰りも迷わず退渓できます。

さらに釣れたポイントを記録しておくことも可能。アングラーにとっては併せて使用したい機能です。ちなみにログをとっているときのバッテリーは、減りが早いので注意してください。

オススメ機能② ウォーターアクティビティにもガンガン使えます!

スント トラバース アルファ

アメリカ国防省が認めるミルスペック基準をクリアしているだけあって、当然雨風にも強い! トラバース アルファは水深100mの水圧に耐えられる仕様

とくにサーファーには嬉しい、潮汐情報を簡単に確認することができるタイドグラフ機能も搭載。カヌーやSUP、ダイビングといったアクティビティでも安心して使えます。

オススメ機能③ トレッキングで使える「ルートナビゲーション」

スント トラバース アルファ

登山に行く際は、事前に山岳地図でコースや所要時間を確認していきますよね。トラバース アルファには登山のときに便利なルートナビゲーションが搭載されています。

事前にヤマレコの地図をアプリにセットすると、腕時計が登山コースを案内してくれるという超便利なシステムです。コースを腕時計で確認しながら登れるのはとにかく安心! しかもルートを外れるとバイブレーションで教えてくれたり至れり尽くせり。

※ただしそれほど精度が高くない可能性があるため、地図を用意した上でコンパス機能と併用したほうが確実ですよ。

オススメ機能④ ゲリラ豪雨も敏感に察知!「お天気インジケータ」

スント トラバース アルファ

しばらく備わっている事さえ忘れていた、気圧の変化を矢印で表してくれる「お天気インジケータ」という機能。この機能をONにしておくと、急激な気圧の変化を察知してストームアラームで知らせてくれるという優れもの。

スント トラバース アルファ

出典:Instagram by @katebee1

これのおかげでゲリラ豪雨を免れたことがあるので、今後はしっかりこの機能を忘れないようにしておきます!

アウトドアだけじゃ勿体ない!便利な「カロリー計算」もあるぞ!

せっかく付いている便利機能をフル活用しよう! ということで、より日常的に使うためにオススメの機能を紹介します。

スント トラバース アルファ

キャンプではご飯が美味しくてついつい食べ過ぎてしまうもの……。筆者も気を抜くといつの間にかお腹周りに肉が付いてしまうので、定期的な運動は欠かせません。

はい、そこでトラバース アルファの万歩計機能が大活躍。年齢や体重などのパーソナルデータを入力しておくと、カロリー消費の推移を確認することができるんです。

スント トラバース アルファ

カロリー消費のデータは、日、週、月別にチェックが可能。日常的に使わないと操作方法すら忘れてしまうのは、多機能が故のスマートウォッチのデメリット。

安い買い物ではないので、ライフスタイルに合った機能は積極的に試して継続してみましょう!

オーバースペック過ぎる!

発砲検知機能まで付いているなんて……

まったく使っていない機能のひとつに「ハンティングゲームモード」という機能があります。これをONにしておくことで、発砲した場所、つまり獲物を仕留めた場所を記録できるというもの。ショットガンの振動を検知してログを取るのだとか……。

狩猟者人口の少ない日本ではあまり需要のない機能ですが、ブッシュクラフトに興味のある筆者はこういう本格的な機能にグッときたりします!

この腕時計、買って損なしでした!

スント トラバース アルファ

ミルスペックで多機能なので、本格的なアウトドアで駆使することを前提に。なおかつ普段使いするのも十分にアリなトラバース アルファ。

文字盤が大きくて見やすいのも、ボチボチ老眼が出始めたときにありがたい仕様だと再実感するはず……(笑)。この腕時計とともに、アクティブなアウトドアライフを歩んで行きます!

腕時計は一度買ったら長く付き合うもの。だからこそ、お気に入りの一本が見つかるといいですよね。

スント トラバースアルファ

●本体重量:75g
●素材
ベゼル:ステンレス
ガラス:サファイアクリスタル
バンド:テキスタイル素材

この記事が気にいったあなたに、オススメの3記事