ハワイをテーマにした『TIMEX』の時計がアウトドアライフスタイルにシンデレラフィット!

手を伸ばしやすい価格と端正な顔立ち、そして創業165年という歴史に裏付けされた信頼性で愛され続ける全米No.1腕時計ブランド、「TIMEX」。そんな同社のラインナップに、ハワイ州誕生60周年を祝うリミテッドモデルが仲間入り!ハワイアンタトゥーカルチャーの生ける伝説、ケオヌ・ヌーンズ氏のアートワークをあしらった特別仕様のレザーバンドデザインは、アウトドアシーンにも素晴らしくマッチすること請け合い!その実力と魅力に迫ります。


    TIMEX発「アウトドアライフスタイル」を充実させるアイテム


    アウトドアシーズンの真っ只中、アウトドアライフをさらに加速させる時計がTIMEXより発売! どんなアウトドアシーンで私達をサポートしてくれるのか、実際に使ってみることに。

    試してくれたのは、キャンプや旅を中心としたアクティブライフを発信する、人気インスタグラマーのYURIEさん。その多くの人が憧れ参考にするアウトドアライフに、TIMEXのケオヌ・ヌーンズコラボレーションモデルが同行! とある夏の日のアウトドアトリップのコーディネイトに取り入れ使ってもらいました。

    シーン1:まずは各所をセッティング


    ランタンにマッチで火をつけ、テントを立ち上げる。そんなキャンプの儀式的作業中、手元に光る「TIMEX」。ブルー系のボーダートップスにネイビーの文字盤をチョイスし、涼し気なスタイルを演出。やや濃い目のブラウンレザーベルトもナイスマッチング!


    シーン2:愛車サンシー号でバンライフを満喫


    内装にウッドを貼り、ベッドスペースまで設けたYURIEさんご自慢のキャンピングバン。中ではこんな感じでリラックス。存在感の強いポップな色味のトリムTシャツには、シルバーケース×シルバーダイヤルのシンプルモデルを合わせてバランス調整。

    シーン3:海辺で夕日に見惚れる


    起伏に富んだ岩場の海岸にて、沈みゆく夕日に思いを馳せるYURIEさん。手元にはハットのカラーリングと合わせた、ライトブラウンベルトの「TIMEX」をセレクト。シェイド感のあるウォッシュドデニムとのカラーバランスもグッドです。

    シーン4:キャンプ中のBGMは自前のウクレレ


    YURIEさんが夕日に見惚れているその脇で、ウクレレを奏でながらリラックスタイムを過ごす旦那様。白T+黒ショーツのシンプルスタイルに、黒ベルト×黒ダイヤルの男前デザインがグッドマッチ。ソリッドなカラーリングがミニマルなメンズスタイルを際立たせます。

    YURIEさん、実際に使ってみていかがでしたか?


    着用してもらった感想を、YURIEさんに伺ってみました。

    4モデルすべて試させてもらいましたが、どれもシンプルなデザインなので、どんな服装にも合わせやすいですね。それでいてバンドや文字盤の色味なども微妙に違うので、コーディネイト的なフックもあって選びやすかったです。

    着用感も、テントの設営中やお料理中にも気にならないくらい軽いので、キャンプにぴったり。ナチュラルな雰囲気だけどエッジの効いたエンボスデザインのレザーバンドで、アウトドアシーンにとても良く馴染む時計だと思いますよ。

    TIMEXのケオヌ・ヌーンズコラボレーションモデル詳細をチェック

    ケオヌ・ヌーンズコラボモデルを、もう少し詳しく

    左から、ケオヌ ヌーンズ コラボ ブラック×ブラック、ブルー×ブラウン、シルバー×ブラック以上すべて\16200 ブラック×ブラウン\17280
    ハワイ王国がアメリカ合衆国50番目の州として併合されて、今年で60年。その特別な周年記念としてリリースされる、ハワイの伝統的なタトゥーカルチャーを牽引するアーティスト、ケオヌ・ヌーンズ氏とのコラボレーションモデル。

    ベースモデルには、「タイメックス」ラインナップの中でも特に汎用性の高い人気作“スカウト”を選択。その完成されたダイヤルデザインに、家族や旅の安全を意味する海鳥を象ったモチーフを取り入れつつ、レザーバンドにはケオヌ氏が選んだ『ハワイ人以外にも使用できる御守り代わりのモチーフ』を疑似タトゥーのように型押しで表現しました。

    着用することでポジティブな気持ちになってほしいという願いが込められた、アニバーサリーモデルらしい特別なデザインに。真鍮製40mmケース、5気圧防水。




    デイト表示のインダイヤルを採用。6時位置には“Koa’e ula”と呼ばれる家族や旅の安全を意味する海鳥のモチーフを配置。こちらのネイビーダイヤルモデルのみ、“Koa’e ula”の3連デザインに。


    1992年、世界に先駆け採用された「TIMEX」オリジナルの文字盤全面発光機能“インディグロ®ナイトライト”。ダイヤルの底部分には、その採用モデルであることを示す“INDIGLO”の記述あり。同列して5気圧防水表示も。


    レザーバンドは、ブラック・ブラウン・ライトブラウンの3カラー×2バリエーションのテキスタイルで展開。右2本の矢じりを象ったテキスタイルは、災いから身を護るという意味を持つ“Maka iha”柄。左2本のダイヤ型のテキスタイルは、保護や導きの意味を持つ“Niho niho”柄。それぞれともに、ハワイアンカルチャーにおける伝統的なモチーフ。


    レザーバンドの裏側には、「TIMEX」のロゴと“GENUINE LEATHER”の型押しが。もちろんケースから取り外せば、「TIMEX」の他モデルにも流用可能。ただし表記の通り本革なので、水場での取り扱いには要注意。


    裏蓋にも、ダイヤルに採用された海鳥のモチーフを配置。さらに“Designed in collaboration with Keone Nunes”の表記も添えられた、スペシャルコラボレーション仕様のデザインに。

    ケオヌ・ヌーンズってどんな人?

    撮影:Dan Noguchi
    ポリネシアをルーツに、独自の言語やカルチャー、宗教を持つハワイ。中でも古代ポリネシアンカルチャーにおいてのタトゥーは、社会に大きな貢献をした人物や王家の人間にしか施されることが許されなかった、いわば勲章。

    ケオヌ・ヌーンズ氏は、その伝統技法と文化を継承するハワイアンタトゥーの正規伝承者。現在、『世界で最もタトゥー界で影響のある人物101人』リストの22位。スミソニアン博物館やホノルル美術館、カリフォルニア州オークランド博物館などで講演を行い、多くの作品がコレクションされています。

    完成されたフェイスに文化的なバンドデザインは、アウトドアシーンに打ってつけ!


    ポリネシアンカルチャーを伝承する世界的タトゥーアーティストをコラボレーションデザイナーに迎え、ハワイ州誕生60周年を記念したスペシャルモデルとして展開される本作。その意味深いバックボーンもさることながら、人気インスタグラマーYURIEさんも「キャンプにぴったり」と絶賛するデザイン性と使い心地は必見!

    普段は華奢な腕時計をメインに使用している女性でも、必ずや満足できる1本に。もちろん、見た目も背景も大切だというギア好き男性ユーザーなら、文句なしにお気に召すコト確実。

    そんな男女隔てなくすべてのキャンプ好きにオススメな、今季注目のリミテッドモデルをお見逃しなく!

    TIMEXのケオヌ・ヌーンズコラボレーションモデル詳細をチェック

    Sponsored by DKSHジャパン株式会社

    CAMP HACK 編集部

    CAMP HACK運営&記事編集担当。少しずつキャンプの回数も増えていき、いまは月2~4回ほど全国のキャンプ場を訪問中。今年はテントから色んなギアを新調して、新しいスタイルに挑戦したい。

    アウトドアのすべてを、ひとつのアプリで。

    150以上のアウトドアメディアの記事や動画、3万枚以上のみんなの写真も見られる!
    アウトドアの「知りたい!」「行きたい!」がきっと見つかる!
    お気に入りの記事や写真を集めて、スキマ時間に素早くチェック!