【CAMP HACK】日本最大級のキャンプ・アウトドア・ニュースマガジン - キャンプハック


今まで「お肉はスキレット派」だったキャンパーが「ダッチオーブン」を使ってみたら、驚くほど旨かったので報告します

0

今までキャンプでお肉を調理するときにはスキレットを使っていた筆者。牛肉は焼き加減が難しく固くなってしまうこともありますよね。ところがダッチオーブンなら簡単にお肉を柔らかくできるのだとか。そこで今回はダッチオーブンを使ってお肉を調理してみました。スキレットとダッチオーブンを比較してみたら、驚きの結果だったので報告します!

フィグインク


記事中画像撮影:筆者

ダッチオーブンってどうなの?

ダッチオーブン
キャンプの醍醐味のひとつは料理ですよね。SNSや動画、ブログでいろんなキャンプ飯が紹介されているなかでも、ダッチオーブン料理は写真映えの定番。

すっごく美味しそうなのだけれど、ダッチオーブンって重いし、大きいし、手入れが面倒くさそう……。なので筆者は小ぶりで使い勝手のいいスキレットを愛用しています。

ダッチオーブン
そんな折、キャンプ仲間から「ダッチオーブンでお肉を煮込むと本当に“とろける”んだよ!」となんとも魅力的な声が。“とろける”という言葉に弱い筆者は、さっそくダッチオーブンを手にいれて試してみました。

そして、試した結果からお伝えしてしまうと、ダッチオーブンの実力は想像を超えていたんです……!

関連記事