パタゴニアのショルダーバッグ、「アトム」はなぜ人気なのか?

2018/08/27 更新

パタゴニアのショルダーバッグの中でも、かなり人気なのが「アトム・スリング」です。口コミでは絶妙なフィット感、軽いのにたくさん入る容量など、使い勝手の良さが多く見られました。今回は購入者のレビューを参考に、このモデルの魅力を深掘りします!


アイキャッチ画像出典:好日山荘

パタゴニアってどんなブランド?

ロゴ アメリカ発のアウトドアブランド「patagonia(パタゴニア)」。タウンユース向けのアイテムも数多く展開しており、最近ではファッション通販サイトZOZOTOWNのアクセスランキング上位に食い込んだりするなど、アウトドア思考の方以外からの認知度もかなり高いブランドです。

またパタゴニアは全てのコットン製品をオーガニックコットンに変えるなど、環境問題解決に向けて真摯に取り組んでいる企業としても有名ですね。

圧倒的な人気を誇る「アトム・スリング」のヒミツ

アトム そんなパタゴニアで今人気なのが、「アトム・スリング」というショルダーバッグ。通販サイトの口コミの数も700件越えと、人気の高さがうかがえます。

なぜ、「アトム・スリング」は人気なのでしょうか? 今回は購入者のレビューを元にアトム・スリングの魅力を探ってみました!

①収納力の高さ

収納
出典:楽天

A5サイズの書籍、手帳など、折れることなく収納できるようです。またハイキングで使用した方は、お弁当、500mlのペットボトル、フェイスタオル、携帯、財布を入れてちょうどぴったりだったとか。想像以上の容量に満足している声が多く見受けられました。


ストラップ部分のポケットがこちらの方が大きくiPhoneなどが入る大きさになっています。また、本体部分はiPadが丁度入る大きさです。(出典:楽天


②背負い心地、フィット感がすごい

フィット感
出典:楽天
アトム・スリングは、人間が可能な限り自然な動きや状態で使えるように設計された”人間工学”に基づいてデザインされています。

そのため、バッグがしっかりと体にフィットするように作られており、「背負い心地が良い!」と評判のようです。

少しなで肩の男の私にとって、フィット性能は、ショルダーバッグと呼んでいいのだろうかというくらい、完璧です。
腰のベルトをしなくても、上手い具合に位置をキープするので、ストレスがありません。(出典:楽天

③小雨を弾く撥水性

生地
出典:楽天
生地には水を弾く※撥水加工が施されているので、小雨程度であればしっかり弾いてくれます。

防水が効いているのでスマホも安心。(出典:楽天)

※撥水は「水を弾く機能」。防水は「水を通さない機能」を言います。アトム・スリングの場合は雨を弾いてくれますが、生地の内側まで水を通さない防水機能はありません。

④ストラップをかけたまま、くるりと前に回すだけ

出典:grumpy
中身を取り出す時、ストラップを肩から外してバッグを正面に持っていく……その作業、面倒だと思いませんか? アトム・スリングはその煩わしさが一切ありません。

ストラップを外さずともバッグをくるっと前に回せば荷物の出し入れを容易に行えます。混雑した場所や治安の悪い国へ旅行した時に、体の前にすぐに持っていけるので便利、という声が圧倒的でした。

リュックだと電車やバスの座席に座る時に邪魔になることが多いのですが、ワンショルダーだと体の前にクルッとできて便利です。(出典:楽天

ITEM
patagonia Aton Sling 8L
●容量:8L
●重量:286g
●素材:ナイロン、ポリエステル

リュックの快適さと、ショルダーバッグのものの取り出しさを持ち合わせています。
ポケットも多く、フロントのポケットにスマートフォンも中程度のものなら入ります。
サイズは大きすぎず、小さすぎずでタウンユースでちょうどいいと思います。


アトム・スリングの、ココが気になる!

アトムスリング
出典:楽天
口コミを見てみると高評価の多いアトム・スリングですが、もちろん気になる点もあるようです。

①ポケットの数が少ない

ポケット
出典:楽天
内部には、大きなコンパートメント(仕切り)が2つ付いていますが、容量の割にポケットの数が少ない、という声が見られました。

普段小物を持ち歩く方だと、少し使いづらく感じるかもしれませんが、インナーポーチを活用することで上手く使いこなしているユーザーもいるようです。

タブレット用の仕切りもサイズが中途半端に斜めカットされているので、タブレット入れようものならキズ付くのが心配。その他ポケットがあるわけでもないので、インナー用のポーチを買って仕分けしています。(出典:楽天

②ショルダーストラップにあるジップポケットが小さすぎる

ポケット
出典:楽天
ショルダーストラップには便利なジップポケットが付いているのですが、容量が少なすぎるという意見も。スマートフォンも機種によって入らないものもあるようで、少し惜しい感じがしますね。鍵などの小さな貴重品を入れておくには便利そうです。

ひとつだけ本体のポケットが小さいのが気になります。こちらにスマホを入れてるのですが、小型のスマホでギリギリです。

もう少しサッと出し入れしやすいように口も中の構造も広げられたら完璧です。(出典:楽天

「アトム・スリング」のコーデをチェック

アトム・スリングは、様々なファッションとコーディネートでくるデザイン。男性だけでなく、女性でも気軽に取り入れることができますよ。どんなコーデがあるかみてみましょう。


パーカーに合わせても窮屈じゃない

コーデ
出典:BORN FREE
パーカーなどのアウターに合わせても、ショルダーストラップの長さが調節できるので窮屈さがありません。アトム・スリングは寒い季節にも活躍してくれますよ。

男性でも女性でも取り入れられるコーデ

コーデ
出典:Amazon
とてもシンプルに、Tシャツ+ジーパンに合わせたコーデ。男性でも女性でもよく取り入れるファッションですが、そこにアトム・スリングをアクセントとして取り入れてみると、ちょっとアクティブなカジュアルコーデの完成です。

スカートにも合う!

コーデ
出典:Amazon
長めのタイトスカートにパーカー、スニーカーを合わせたスタイル。スポーティーなイメージのアトム・スリングでも、ロングスカートに合わせるとスポーティーさがマイルドになり女性でも街中でのファッションに取り入れやすいですね。

他にもいろいろ!パタゴニアのおすすめショルダーバッグたち

大人気のアトム・スリングの他にも、機能的なショルダーバッグがラインナップされています。アトム・スリングよりも容量がもう少し欲しいな、形が違うものが良いな、という人におすすめのショルダーバッグをご紹介します。

ラミネート加工で丈夫!ブラックホール ミニメッセンジャー  12L

ITEM
Patagonia Black Hole Mini Messenger 12L
●容量:12L
●重量:624g
●素材:ポリエステル100%
男女を選ばないスポーティーなデザインがおしゃれ! 生地表面には防水性に優れたラミネート加工が施されており、悪天候でもしっかり対応できるような作りになっています。また内部にはパット入りのスリーブが付いており、15インチまでのタブレットや小型の電子機器を収納できます。

軽くてたくさん荷物が入る。ライトウェイト・トラベル・クーリエ

ITEM
patagonia Lightweight Travel Courier
●容量:15L
●重量:232g
●素材:素材ナイロン100%ポリウレタン

電車通学でも軽くて丈夫で使えます!ショルダー部分にパッドがあるので、柔らかく使いやすい!

アトム・スリングよりも軽く、柔らかい素材を使用しているトラベルバッグ。荷物がたくさん入るので、旅行だけでなくデイリーユースで使っているという声も。ショルダーストラップは通気性に優れたメッシュ製なので、暑い時期でも快適に使えそうです。

ベストとスリングパックの2WAY仕様。ベスト・フロント・スリング 8L

ITEM
Patagonia Vest Front Sling 8L
●容量:8L
●重量:440g
●素材:パック部分 ナイロン86% ポリエステル14%、バックパネル部分 ナイロン100%
前はポケット付きベスト、後ろはスリングパックという構造で、くるっと回すだけで簡単にどちらにもアクセスできる優れもの! アトム・スリングよりも、よりたくさんのものを機能的に収容したい方におすすめです。

持ち方色々 ミニメッセンジャー 12L

ITEM
Patagonia MINI MESSENGER 12L
●容量:12L
●重量:539g
●素材:ポリエステル100%
普段から荷物が少ない方におすすめなのがこちらのバッグ。水を弾く撥水加工が施されたモデルなので、旅行のサブバッグとしても活躍しそう! 上部にしっかりとした持ち手が付いているので、斜めがけの他、肩がけ、手持ちなど使い方が選べるのもポイントです。

人気者には訳がある!

アトム
出典:BORN FREE
ショルダーバッグの中でもパタゴニアのアトム・スリングは人気のアイテム。フィット感、収納力が抜群でファッション性も高いので、その人気っぷりも納得ですよね。

使い勝手が良いショルダーバッグが欲しいなら、アトム・スリングをぜひ候補に追加してみては?

 

Atom sling makes it easy to go out!

アトム・スリングならお出掛けするのも楽々!

合わせて読みたい

関連する記事

この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
midori

2児の母でフォトグラファー。幼い頃に入団していたガールスカウトでアウトドアの魅力を知り、我が子にもたくさん自然と触れ合って欲しくてファミリーキャンプを始めました。フォトジェニックなキャンプを目指しています。

公式プロライター

  • たけだバーベキュー
  • YURIE
  • 平 健一
  • 写風人
  • Takamatsu Misato
  • SAM & 沖田雅生
  • 小雀  陣二
  • A-suke
  • 長谷部 雅一
  • 八幡 暁
  • 風森 美絵
  • カノウ ヒナタ

    アウトドアのすべてを、ひとつのアプリで。

    150以上のアウトドアメディアの記事や動画、3万枚以上のみんなの写真も見られる!
    アウトドアの「知りたい!」「行きたい!」がきっと見つかる!
    お気に入りの記事や写真を集めて、スキマ時間に素早くチェック!