煙を抑えてくれるって本当?イワタニ「やきまる」を使って家焼肉をしてみた

2018/08/20 更新

2016年に発売後、愛され続けている岩谷産業の「やきまる」を調査!Amazonでは、レビュー300件越え、さらに手ごろな価格で購入者からの評価も高い「Amazon’s Choice」に選ばれるほどユーザーから高評価を集めているアイテムなんです。実際の実力はいかほど?気になった編集部員がレビューします。


記事中写真撮影:編集部

家でも美味い焼肉が食べたい……けど煙が気になる!!

「暑くて暑くて、外に出るのが億劫……。」そんな時は、家で焼肉してみませんか?

けど家での焼肉って、”煙・脂とび・ニオイが気になる”と嫌煙している人も多いのではないしょうか。


そこで気になるアイテムを編集部員が調査! ”煙を少なく抑えるカセットガス焼肉グリル”岩谷産業の「やきまる」をレビューします。

「Amazon’s Choice」に選ばれたロングセラーアイテムでもある!

やきまるは、Amazonで高評価を叩き出し「Amazon’s Choice」にも選ばれるほどの人気アイテム。もし本当に煙を抑えてくれるとなると、家だけでなくキャンプでの焼肉ももっと手軽になるのでは?

家焼肉のネガティブイメージを払拭してくれる救世主となるのか、やきまるの実力はいかに!

まずは使用方法をチェック!


百聞は一見にしかず……ということで実際に使ってみましょう。

パーツは全部で4つ


パーツは本体の他に水皿、焼き肉プレート、プレート用の取っ手が付属。全部で4つのシンプルな構造です。


使用する際は、本体に水皿をセットし、水を入れます。


分量は目安として230cc程度。これまで家では、ホットプレートを使用し焼肉をしていた筆者、この水が煙を抑える鍵を握っているのでしょうか!


次に水皿の上に焼き肉プレートを乗せ、カセットガスをセットします。


器具せんつまみが、しっかり”消”になっていることを確認し、カセットガスをセット。

本体の凸部分に、カセットガスの凹部分を合わせてスライド。しっかりとマグネットにカチッと密着するまで押し込めば、セッティングは完了です。


試しにキャンパーお馴染み「カセットフーマーベラスⅡ」と比べてみました。縦横の大きさは「やきまる」の方がひと周り小さいのですが、その分少し高さがあります。

「カセットフーマーベラスⅡ」そう変わらないサイズ感なのでキャンプにも連れて行きやすいですね。

実践!家で焼肉をしてみました

セッティングも完了したところで、実際に家で焼肉をしてみました!

強火で2~3分焼き肉プレートをしっかり温め、まずは手始めに脂身の多いカルビを一枚焼いてみます。

カルビを1枚焼いてみた


煙が出ない……! 通常、熱されたホットプレートに肉を置くと「ブワッ」と煙がたちますよね? しかし、やきまる煙の姿がありません。

カルビをいっぱい焼いてみた


ならばと思い、お肉を複数枚置いてみましたがやっぱり煙が出ません。

ちなみにプレートの大きさは2~3人での焼肉にちょうど良い大きさです。食べ盛りのお子さんのいるファミリーだと少し物足りなさを感じるかもしれません。

極厚ランプ肉を焼いてみた


煙の発生が抑えられることは実感できましたが、お肉の焼き上がりも重要!

そこでドーンと厚み2cm超えのランプ肉を焼いてみます。カセットガス式なので、しっかり火が通るのかも気になるところ。

両面に強火で焼き目をつけて、あとは弱火でじっくり火を通します。塊肉も煙はとくに発生していません。


カットしてみると、ご覧のとおり! しっとりと美味しさを閉じ込めた、ジューシーなお肉が焼きあがりました。

食べてみるとブワッと肉汁が溢れます。カセットガスグリルでここまでの仕上がりが楽しめるとは驚きです。

煙がガッツリ出る場合も…!やきまるの使用上の注意点


そんな「やきまる」実は、煙が全く出ないという訳ではありません! というのもタレに漬けた状態の肉を焼く場合、焼き肉プレートにタレの焦げができます。

そのまま焼肉を続行すると、別の肉からでた脂が焦げに当たりイヤ~なニオイの煙が出てきます。そんな時は、クッキングペーパーなどで鉄板の焦げをふき取りましょう。

なぜ煙が出にくいの?やきまる人気の秘訣

想像以上の煙の出にくさを発揮してくれた「やきまる」。焼肉をしていて煙がでる原因は、食材から出た脂にあります。

脂そのままの状態だと煙は出ませんが、その脂が火に当たり燃えることによって煙が発生しています。「やきまる」は、その脂が燃えない設計が秀逸。煙を防ぐ2つのポイントをご紹介します!

① プレートの温度を高温化させない設計


バーナーと焼き肉プレートの間に適度に熱がこもるように設計されており、焼き面の温度を約210~250℃にコントロール。高温化しすぎないことで肉からでた脂が煙となるのを防ぎます。

② 水皿に脂を確実に落とす仕組み


試しに、焼肉をひと通り楽しんだ後の水皿の状態を見てみましょう。焼いた肉の脂が水の上に落ちているのが分かりますね!


焼き面には、脂の流れ道となる溝があり、その先には脂を落とすスリットがあります。

また焼き肉プレートの裏側は、約7mmの壁があり脂をバーナーに掛けないようしっかりガード! 脂をしっかり水皿に落とすように細かいところにまで、工夫が詰まっていますね。

ニオイや脂とびは?


ニオイも脂とびもゼロというわけではありません! ただ先ほど紹介した通り、脂の逃げ道が確保され煙が軽減されているため、ニオイは軽減されているように感じました。

ホットプレートでの焼肉時は2日目まで部屋にニオイが残っているところ、やきまるの場合は次の日の朝には焼肉臭がなくなっていました。(ワンルームで換気扇フル稼働時)

脂はしっかりテーブルに飛びます。こればっかりは、家焼肉の使命。家で美味しい焼肉が食べれる代償として、焼肉後はしっかり掃除しましょう。

INもOUTも大活躍!「やきまる」の可能性

「やきまる」があれば、自宅の庭やべランダでも焼肉を楽しめます。雨の日でキャンプがお休み、なんて時も「やきまる」があればアウトドア気分を味わえますね!

もちろんキャンプでも大活躍! 使用した後は、鉄板と水皿を洗うだけなので取り扱いも簡単。

キャンプでは、炭火の煙たさが苦手なお子さんのいるファミリーキャンパーさんにもオススメ!”キャンプ場に着いてすぐ肉を焼く”なんてこともカセットガスなので時短で行えますよ。
ITEM
カセットガス スモークレス焼肉グリル "やきまる"
本体サイズ:303(幅)×278(奥行)×149(高さ)mm
プレートサイズ:(直径)233mm
重量:約2.0kg
カラー:ブロンズ&ブラック
本体材質:鋼板(粉体塗装)
プレート材質:アルミダイカスト(フッ素加工)
バーナー材質:耐熱アルミダイカスト
器具せんつまみ材質:ABS樹脂
ガス消費量:約76g/h ※1
連続燃焼時間:約217分 ※2
点火方式:圧電点火方式
※1 気温20~25℃のとき、30分間のガス消費量を1時間に換算したもの
※2 気温20~25℃のとき、強火連続燃焼にてカセットガス1本を使い切るまでの実測値

「やきまる」でスモークレスに楽しもう!


焼肉の煙問題を改善してくれる「やきまる」。家でもキャンプでもササッと使える手軽さで、お値段4,990円税込(7月31日付けAmazon価格)とお手ごろ価格も魅力的です。 あなたも「やきまる」で焼肉ライフを楽しんでみてはいかがですか?

カセットコンロって想像以上に使える!

キャンプ歴4年。ずっと炭火焼きが好きだったキャンパーさんがカセットコンロを買った話。

Let’s enjoy Yakiniku with YAKIMARU!

やきまるで焼肉を楽しもう!


関連する記事

この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
CAMP HACK編集部

CAMP HACK運営&記事編集担当。2018年は、ワカサギ釣りから始まり、登山キャンプ、SUP、カヌー、野草料理、ラジコン、360度カメラなど…キャンプを基地にして色んなアクティビティーに挑戦したい。

公式プロライター

  • たけだバーベキュー
  • YURIE
  • 平 健一
  • 写風人
  • Takamatsu Misato
  • SAM & 沖田雅生
  • 小雀  陣二
  • A-suke
  • 長谷部 雅一
  • 八幡 暁
  • 風森 美絵
  • カノウ ヒナタ
     

    LINEでCAMP HACKをもっと手軽に。

    最新のキャンプギアやキャンプ場情報などをキャンプに関する情報を毎日配信!
    LINE友達限定の毎月当たるプレゼントキャンペーンも開催中!