CAMPHACK

私が持っているのはソフトシェル?ハードシェル?2つの違いを解説

0

近年よく見かけるようになったソフトシェル。実はすごく曖昧な立ち位置にいるアウターなんです。今回はそんなソフトシェルに関する豆知識をご紹介。ソフトシェルとは何か、役立つシーンは?ハードシェルやウィンドブレーカーの違いは?などを解説します。

keiichiro kaneko

アイキャッチ画像出典:マウンテンハードウェアfacebook

曖昧なアウター?ソフトシェルの立ち位置

アークテリクス パタゴニアやノースフェイスなど、人気ブランドがこぞって展開している「ソフトシェル」。実はここ数年で生れた新しいジャンルなんです。

「シェル」とは日本語に訳すと「殻」、つまり外界から身を守るという意味があります。

ハードシェルを着た男性 ゴアテックスをはじめ、主に防水透湿性素材を使用しているアウター全般を「シェル」と呼んでいましたが、その中から身を守る機能よりも、伸縮性や通気性など”動きやすさ・快適さ”を重視したシェルが生まれ、いつしか「ソフトシェル」という名前が付きました。

そして、従来からある悪天候にも対応できるシェルは「ハードシェル」と呼ばれるようになり、2つのジャンルが確立したのです。

マムートソフトシェル しかし、メーカー側もこの用語をどう使い分けるか曖昧なところが多く、同じ「ソフトシェル」と名前が付いていても、薄っぺらいアウターからゴワゴワした分厚いアウターまで様々な種類があります。

なので、低山でアウターとして使う人もいれば、冬登山でミドルレイヤーとして着る人もいます。

関連記事