最新キャンプ情報をアプリで入手!CAMP HACK 公式アプリ 無料ダウンロード
ローベンス「クロンダイク」と ogawa「グロッケ」比較

ローベンス「クロンダイク」vs ogawa「グロッケ」双子レベルの激似ベルテントの違いを徹底分析!

2022/08/15 更新

ベル型のテントはノルディスクの「アスガルド」が代表的ですが、グランピング的でラグジュアリーな雰囲気が一般的な特徴。そこで今回は、ラグジュアリー過ぎない2つのベル型テント、小川「グロッケ」とローベンス「クロンダイク」をご紹介します!!

目次

ベル型テントがかっこいい!

View this post on Instagram

A post shared by Nordisk Japan 日本公式ページ (@nordisk.japan)

グランピングスタイルで印象的なベル型テント。

ノルディスクのアスガルドをはじめとして、ラグジュアリーな雰囲気を感じさせるホワイト系が多いイメージがありますよね。

https://www.instagram.com/p/Bc8RncdhTvg/しかし近年、同じベル型テントの中でもラグジュアリー過ぎない”甘さ控えめなテント”が登場。

今回は2つのテントに注目して、スペックやデザインなど詳細を比較しながらご紹介していきます!

”双子レベル”のテントって?

それでは今回比較する2つのテントを発表します!

老舗ブランドogawaの新作「グロッケ」

View this post on Instagram

A post shared by YU I C H I R O - (@yuichiro2017)

View this post on Instagram

A post shared by YU I C H I R O - (@yuichiro2017)

1つ目は、日本の老舗テントブランドogawaの新テント「グロッケ」。

オフホワイト×ダークブラウンのグロッケは、迷彩柄のアイテムとも相性抜群。オガワのヘキサTCとグロッケンを連結することで、リビングスペースもバッチリです。

北欧の生まれのローベンス「クロンダイク」

View this post on Instagram

A post shared by daiSuke (@daissuke_y)

View this post on Instagram

A post shared by daiSuke (@daissuke_y)

2つ目は北欧出身ローベンスの「クロンダイク」。

ウッドアイテムとの相性も抜群で、男前スタイルも実現できるベル型テント。赤や黄色などの差し色も◎。

似ている部分がたくさん!詳細を比較!

まずは、大きさと重さについて

ローベンス「クロンダイク」と ogawa「グロッケ」比較 グロッケサイズ

出典:ogawa

ローベンス「クロンダイク」と ogawa「グロッケ」比較 クロンダイク サイズ

出典:ROBENS

それでは、具体的な詳細をチェックしていきます。まずは大きさから。

上がグロッケで下がクロンダイクですが、どちらも最大4m近い幅で使用人数は最大6名とほぼ同じです。

ローベンス「クロンダイク」と ogawa「グロッケ」比較 ローベンス クロンダイク収納時サイズ

出典:ROBENS

収納時のサイズと重さは次の通りで、大きさ・重さともに大きな違いはありません。

・グロッケ  :14.7kg 80 x 35 x 33 cm
・クロンダイク:16.1kg 80 x 27 cm

フライ生地の素材

フライの生地は、通気性に優れたコットンとポリエステルの混合生地でこちらもほぼ同じ。

・グロッケ  :T/C
・クロンダイク:ハイドロテックス ポリコットン (65%コットン/35%ポリエステル)

フロアの素材

ローベンス「クロンダイク」と ogawa「グロッケ」比較 オガワ グロッケ12 T/Cフロア

出典:ogawa

フロア生地の耐水圧は次の通り。クロンダイクの方が高い数値となっています。

・グロッケ  :1,800mm
・クロンダイク:5,000mm

耐水圧の低いグロッケはグランドシートを追加で購入しても良いかもしれませんね。

グランドシートの着脱方法

ローベンス「クロンダイク」と ogawa「グロッケ」比較 ogawa.  グロッケン組み立て動画

出典:ogawa

続いて、フロア部分のグランドシートの取り付け方法。グロッケは写真の通りリングで着脱するタイプ

ローベンス「クロンダイク」と ogawa「グロッケ」比較 ローベンスのジップ

出典:ROBENS

一方、クロンダイクはジッパー式で隙間なくピッタリ付けられます。

ベグダウンの数

ローベンス「クロンダイク」と ogawa「グロッケ」比較 ペグの数

出典:ogawa

グロッケが5角形なのに対してクロンダイクは10角形なので、グロッケのほうが最初のペグダウンが少なくて楽ですね。

テント内でのストーブの使用は?

ローベンス「クロンダイク」と ogawa「グロッケ」比較 グロッケ ベンチレーター

出典:ogawa

グロッケの頂上部は開閉はできないのでストーブのインストールには不向きです。

ローベンス「クロンダイク」と ogawa「グロッケ」比較 クロンダイク ストーブ煙突部分

出典:ROBENS

対してクロンダイクは、薪ストーブ用の煙突ポートが標準装備されています! ただし、断熱材も含めて直径が15cm以下の煙突しか入らないので大きさは要注意。

グランドシートの取り付け方法がジッパー式だということも、ストーブの使用を考慮して熱が逃げにくい仕様にしているのではないでしょうか。

※ストーブをテント内での使用はあくまでも自己責任になりますので、十分注意してください。

出入口の仕様

ローベンス「クロンダイク」と ogawa「グロッケ」比較 グロッケ出入口

撮影:編集部

グロッケは写真のとおり入り口の背がやや低め。ただし、デザインの肝にもなっている入口上部は巻き上げが可能なので、搬入や出入りがしやすくなっています。

また、この入り口上部は雨の日には傘として入り口に雨が垂れないよう機能。日本の天候を考慮されたogawaらしい作りと言えそうですね。

ローベンス「クロンダイク」と ogawa「グロッケ」比較 ローベンス出入口

出典:ROBENS

一方、クロンダイクは175㎝と入口の高さがあるので、背の高い人でもストレスを感じづらい作り。ogawaとは対照的に北欧らしい作りですね。

気になるお値段は……?

メーカー希望小売価格が、コチラ!

・グロッケ  :¥105,840 (税込)
・クロンダイク:¥108,000 (税込)

なんと、どちらもおよそ10万円とほぼ同じ!

スペック総まとめ!

さて、見た目もそっくりで値段も同じ。細かい部分に違いはありましたが、それぞれのスペックをおさらいしましょう。

オガワ グロッケ12

●就寝人数:6人
●重 量:14.7kg
●収 納:80×35×33cm
●素 材
・フライ:T/C(耐水圧350mm)、ポリエステル210d(耐水圧1,800mm)
・グランドシート:ポリエステル210d(耐水圧1,800mm)
・メインポール:スチールφ32mm
・フロントポール(Aフレーム):アルミφ22mm
●グラウンドシート:リングフック脱着式

ローベンス クロンダイク

●就寝人数:6人
●重量 :16.1kg
●収納サイズ:80 x 27 cm
●素材
・フライ:ハイドロテックス ポリコットン (65%コットン/35%ポリエステル)
・フロア:210Tオックスフォード100%ポリエステル,耐水圧5000mm
・メインポール:アルミφ52-30.8mm
・フロントポール(Aフレーム):アルミφ22mm
●グラウンドシート:ジッパー脱着式

ビビビっときたのは、どちら?

ogawa グロッケ12 T/C

出典:amazon

「グロッケ」と「クロンダイク」は設営が簡単で、重量も軽いので女性でも取り扱いしやすいテントです。シンプルながらも味わいあるデザインでオシャレキャンパーからも大人気!

一目ぼれで買っても後悔しないスペックを持つ「グロッケ」と「クロンダイク」を比べて、あなたの理想を実現してくれそうな方を選んでくださいね。

ベル型の定番もチェックする?

最初にチラッと登場した、ノルディスク「アスガルド」も気になる方はチェックしてみて!

Which do you like, Gloke or Klondike ?

グロッケクロダイクのどっちがお好み?

紹介されたアイテム