【CAMP HACK】日本最大級のキャンプ・アウトドア・ニュースマガジン - キャンプハック


【直径4m以上】家族全員ハッピーになれる超大型ドームテント7選

1

大は小をかねる?超大型のドーム型テント特集!イベントや集会、グループキャンプ&家族キャンプにぴったりの大型ドーム。雨の日だったら灯りを消してプラネタリウムの上映会だってできちゃう、そんな素敵な活用も可能な大型ドームテントをご紹介します。

TOMOKO YAMADA


アイキャッチ画像出典:Instagram by@campsails

未だかつてない“超大型ドームテントブーム”の到来?!

マウンテンハードウェアのスペースステーション紹介_導入部
出典:Instagram by@yamappo
超大型ドームテントと言えば、その最たる存在として長らく認知されてきたのが、マウンテンハードウェアの「スペースステーション」やノースフェイスの「2M-DOME」。

WIWO「ヤクドーム」のカンガルースタイル_導入部
出典:Instagram by@kopocamp
ところが近年、そんな超大型ドームテント界に異変が! じつはミニマルワークスなど韓国ブランド勢を筆頭に、新鋭ブランドが続々とNEWアイテムをリリース。

しかも、かなりリーズナブルな価格帯のアイテムまで登場してきているんです。

超大型ドームテントの魅力ってどんなところ?

WIWO「ヤクドーム」内部の画像_超大型ドームテントの魅力
出典:Instagram by@mst150
まさに、空前の超大型ドームテントブームの到来と言える今季。けれど、これまでコアな存在だっただけに、その魅力がイマイチ分からない人もいるのでは?

そこで、超大型テントの主な魅力を下記にまとめてみましたよ。
メリット
・他のテントとドッキングしたり「拠点(ベースキャンプ)」として活用できる
・コットを並べれば、大人数で同じ場所で寝ることができる
・天井高もあるため、人の出入りするイベント利用にも最適
ヘク男の内部画像_超大型ドームテントの魅力
出典:Instagram by@michiko1010
とこんな風に、家族やグループが全員でハッピーに過ごせる超大型ドームテント。

デメリットをあえて挙げるなら……
デメリット
・収納サイズ、重量が嵩張る
・大型サイズゆえに高価格のものが多い
といったところ。とはいえ圧迫感のない広々空間は他にはない魅力。グループキャンプによく行く、うちは家族が多い……そういったキャンパーたちにおすすめしたいテントです。

今回は、そんな超大型ドームテントの最新ラインナップを一挙ご紹介しちゃいます!

家族全員ハッピーになれる超大型ドームテント7選

①ミニマルワークス「マンゴーステーションプラス」

slider image
slider image
{"pagination":"true","pagination_type":"bullets","autoplay":"true","autoplay_speed":"3000","direction":"horizontal","auto_stop":"false","speed":"300","animation":"slide","vertical_height":"","autoheight":"false","space_between":"0","loop":"true"}

出典:1枚目Instagram by@trunkzero,2枚目Instagram by@trunkzero
直径450×高さ220cmという大きさながら、ダブルクロス構造の自立型で、設営が非常に簡単なのが特徴のシェルターです。

前後4枚のドアパネルが大きく、開けた時の開放感も抜群。

マンゴーステーションプラスの内部画像
出典:Instagram by@trunkzero
フロアレスかつスカート付きなので、オールシーズンマルチに対応できるのも大きな魅力。

カラーは、ミニマルワークスらしいオリーブとタンのほか、個性的なオレンジの3色展開。設営しやすい大型ドームシェルターを探していた人におすすめの一幕です。

ミニマルワークス マンゴーステーションプラス

●使用時サイズ:W450 x D450 x H220cm
●収納時:W70 x D30cm
●素材:ナイロン40D PU/SIL(waterproof 2000mm)、ジュラルミン
●重量:9.75kg
●カラー:オリーブ、タン、オレンジ


②フリースピリッツ「ロボテック 70D」

slider image
slider image
slider image
{"pagination":"true","pagination_type":"bullets","autoplay":"true","autoplay_speed":"3000","direction":"horizontal","auto_stop":"false","speed":"300","animation":"slide","vertical_height":"","autoheight":"false","space_between":"0","loop":"true"}

出典:Instagram by@tfstents_jp,Instagram by@campsails,Instagram by@camphills_2019
お次は香港発の新鋭ブランド「The Free Spirits(フリースピリッツ)」のテント。2020年に「株式会社帝伸テック」が日本代理店となり、国内でも購入しやすくなったばかりの注目アイテムです。

直径500×高さ235cmという大きさですが、2本のメインポールだけで自立し、1人でも設営可能なのがポイント。4つのドア上部に設けられたタープ連結パーツも便利。

ロボテックドーム70Dの内部画像_煙突ポート有り
出典:Instagram by@tamagoanryu
注目すべきはその素材。生地には強度の高い70Dリップストップナイロン、ポールは韓国のDAC社製を採用し、その耐久性はお墨付き。

さらに脱着可能なスカートに煙突ポートまで装備され、日本モデルは全ドアとベンチレーションにメッシュも追加。素材からディティールまで妥協したくない人にイチオシのテントです。

詳細はこちら

関連記事