スノーボード初心者が覚えたい!ゲレンデ以外でできる5つのポイント

スノーボード初心者が覚えるべき5つのポイント集!おうちで出来ることを中心に紹介します。いきなりゲレンデに出るのはハードルが高いですよね。ただ、おうちや外で出来ることは数多いです!スノーボード初心者に読んでほしい、簡単な5つのポイントをお届け。


 

アイキャッチ出典:PIXTA

スノーボード初心者なら覚えておきたい5つのワード

From PIXTA
出典:PIXTA
冬の楽しみといえば、ウィンタースポーツですよね!だけど、スノボは楽しそうだけど、いきなり滑れるのか不安だな~という方が多いのではないですか?

実はゲレンデに行く前にスノボの練習は自宅でできるんですよ!今回は滑り始める前に確認と練習をしておくべき、5つのポイントをお伝えします!

ポイント1・軸足が前!利き足が後ろ!

まずは滑る向きを決めないといけません!進行方向に対して軸足を前、利き足を後ろにして滑っていきますよ。左足を前にして滑ることを「レギュラースタンス」、右足を前にして滑ることを「グーフィースタンス」と呼びます。

利き足の見分ける方法として、サッカーボールを蹴るときにどちらの足で蹴るか考えてみてください。右足で蹴る人は利き足が右足なので、軸足の左足を前にするレギュラースタンスで滑ることになります。

ちなみに両足間の距離を「スタンス幅」と言い、初心者の場合は肩幅くらいかやや狭めの方がよいと言われています。滑りながら徐々に調整していくと良いでしょう!

ポイント2・基本姿勢は重要すぎる

From PIXTA
出典:PIXTA
基本姿勢は足の向きと重心に気を付けましょう!
まず、ボードに乗ったとき、レギュラースタンスの方は左足を左前に向けます。そのあと、左足と同じ向きに左膝、骨盤と胸を向けます。右足の爪先はまっすぐ前を向け、右膝はちょっとだけ内側に入れましょう。

次に、重心は低くする必要があります。意識するポイントは、お尻を突き出さないこと!両膝を曲げて、腰を真下にストンと落とすのが正解です。上半身は左前方向に倒して、バランスの良い姿勢にしましょう。

ボードに乗せる体重は、前足に4割前後、後ろ足に6割前後のバランスがちょうど良いですよ。
基本姿勢が出来ていないと、滑れるようになるまでに時間がかかりますし、なかなか上達しません。意外と難しい体勢ですが、しっかり意識しましょう!

ポイント3・片足をボードから外して滑ろう

From PIXTA
出典:PIXTA
スノボは、斜面を滑るだけではなく、リフトの乗り降りやちょっとした移動が必ずあります。そんな時には、ボードから片足を外して滑る「片足スケーティング」が必要です。
From PIXTA
出典:PIXTA
外す足は基本的には自分の利き足なので、レギュラースタンスなら右足を外します。そして、自分が進みたい方向へ胸を向け、外している方の足をつけている方の足の近くにおきます。

そのまま進行方向に向かって漕ぐように蹴り出し、進み始めたら外している足をボードの中央部分に乗せて止まるまで進みます。このスケーティングは必要になるので、覚えておきましょう!

ポイント4・足首の使い方を知って繰り返し練習しよう

 
From PIXTA
出典:PIXTA
曲がるためには足首の使い方が重要なので、部屋の中で練習してみましょう。なんだか難しそうに感じるかもしれませんが、考え方はとても簡単!

ポイントは、曲がる側のエッジに体重をかけ、反対側のエッジを浮かせるようにスノーボードを傾けることだけです。つま先側は、拇指球という親指の付け根のちょっと盛り上がっている部分に体重をかけるよう意識しましょう。そこに体重を掛けながら、スネの下の方を足の甲に近づけるように膝を落として、足首を曲げていくと良いですよ。

例えばレギュラースタンスで右に曲がりたいときは、つま先側に体重をかけ、反対側のカカトを浮かせるようにスノーボードを傾けます。この時、下を見てしまいやすいので、顔を上げるよう注意!つま先とカカトのそれぞれに、体重をかける練習をしてみてくださいね。

ポイント5・体の使い方を体にしみこませよう

 
From PIXTA
出典:PIXTA
最後に、スノーボードの操作は力任せではなく、効率的に身体を動かすことを意識しましょう。方法としては、曲がりたい方向に対して、身体の上から徐々に向けていくとスムーズです。

例えば右に曲がる場合、まず頭を右へ向けていき、続いて肩、腰、下半身、スノーボードの順番に右に向けていきます。身体の上の方から順に回していくことで、姿勢を崩さずにスムーズに曲がることができますよ。

力任せに滑るとスムーズに曲がれないですし、かなり疲れます。上達も遅くなってしまうので、最初にしっかりと練習しておきましょう。

練習後は、実際に滑りに行きましょう!

From PIXTA
出典:PIXTA
5つのポイントについて、学んでいただけましたか?ポイントを理解して、とにかく練習あるのみです!自宅で練習し、実際にゲレンデで滑るときには経験者に一緒に滑ってもらうのがおすすめ!まだまだ不安な人は、専門サイトもあるのでチェックしてみてくださいね。最近ではインストラクター付きのツアーも組まれているので、そちらを利用するのもアリですよ◎

Let’s go to Ski slope!!

ゲレンデへ出かけよう!

関連する記事

From PIXTA
この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
maya

山が好き、車旅が好き、節約が好き! 旅費節約のためにテント泊を始め、キャンプの楽しさを知る。のんびりキャンプが大好物。快適空間を作るためのギアが少しずつ増え、日々キャンプレベル向上中。

公式プロライター

  • A-suke
  • 小雀  陣二
  • 長谷部 雅一
  • SAM & 沖田雅生
  • 八幡 暁
  • 写風人
  • 平 健一
  • Takamatsu Misato
  • YURIE
 

LINEでCAMP HACKをもっと手軽に。

最新のキャンプギアやキャンプ場情報などをキャンプに関する情報を毎日配信!
LINE友達限定の毎月当たるプレゼントキャンペーンも開催中!