【コツ伝授】使えるか使えないかで差が出る!ファイヤースターターの使い方

ライター・チャッカマンに頼ってばかりだといつかピンチがやってくるかも。キャンプを始めたならマスターしておきたい「ファイヤースターターの使い方」。出来れば絶対緊急時に助かるし、なによりアウトドア感があって楽しいんです!コツを伝授しますよ。


記事中画像撮影:筆者

マッチやライターが無いとき、どうする?

00-img_0071
たばこと縁が無いキャンパーの場合、うっかりマッチやライターを忘れてしまうことがあります。

また、月に1度のキャンプでしか使わないライターやマッチなので、保管状況によっては湿気やガス抜けでうまく働かないことも。せっかくのキャンプなのにガックリですね。

ファイヤースターターがあれば、緊急時に対応できる

バーナーかランタン、どちらかに自動点火装置が付いているならリカバリーできますし、キャンプ場に売店があるならマッチも販売しているでしょう。それでも精神的なダメージは大!

そこで、キャンプ道具を入れるバッグにファイヤースターターを取り付けて備えておいてはどうでしょう。

そもそもファイヤースターターの仕組みって?

09-img_0065
ファイヤースターターとは、マグネシウム合金や、鉄とセリウムの合金(フェロセリウム)のロッド(棒)と金属(付属のストライカーやナイフの峰など)を使って火花を作る現代版火打ち石

ファイヤースターターの原理

日本マグネシウム協会のWEBサイトによると「マグネシウムは製品の状態では直接火が当たっても、容易には着火しませんが、微粉になると着火し易くなります」とあります。マグネシウムの発火点は520℃。塊のままでは燃えることはありませんが、ファイヤースターターのように削って粉にすると、摩擦などの熱で簡単かつ力強く燃えるんですね。

一方、150〜180℃で着火するセリウムの合金であるフェロセリウムは、粗いモノでこすると約3000℃の火花を生みだします。

どちらか一方だけ、または、マグネシウム部を削ってフェロセリウムで火花を出すハイブリッドタイプがありますが、使い方は同じ。火口を使って火を大きくするならフェロセリウムだけでもいいかもしれません。ちなみに、木の発火点は400〜470℃。

あの有名な発火法だと大変

マイギリ式やユミギリ式といった木の摩擦熱と細かな木くずから火種を作る発火法も有名ですが、ファイヤースターターのほうが明らかに簡単に火を生むことができます。というのも、マイギリ式やユミギリ式では摩擦熱をキープするのが大変!

板と棒が離れたり、休んだりすると温度が下がってしまうので火種を作るのが難しいんですね。

火花を飛ばして炎を作ってみましょう

それでは具体的なやり方を見てみましょう。自分はもう慣れているから……と思っていても、意外なコツが見つかるかもしれませんよ。


ロッドを削って金属粉を集める

01-img_0037
それでは、実際にファイヤースターターを試してみました。

まず、ロッドを削って金属粉を集めます。このとき、ゆっくりナイフやストライカーを動かさないと、火花が出てしまいます。今回は、粉をまとめやすいこと、そして、生み出した火を移動させやすいよう、牛乳パックの上で発火に挑戦しています。

ほぐした麻ひもを置いて、火花を飛ばす

02-img_004303-img_0045
ほぐした麻ひもを金属粉の脇においてから火花を飛ばしました。写真ではわかりづらいのですが、ストライカーではなくロッドのほうを動かして火花を飛ばします。

簡単に麻ひもに着火しましたが、炎が消えるのもあっという間です。

次は、「麻ひも+割り箸を薄く削った木くず」に向かって火花を飛ばす

04-img_005105-img_004900-img_005006-img_0059
麻ひもだけに比べて、明らかに火持ちがいいです。大きめの木片を混ぜておいたこともあり、炎が見えなくなっても木が赤い状態が長く続きます。

この状態で、敷いている牛乳パックごと軽く左右に振ると再び炎があがりました。すぐには消えないので、さらに太い小枝、そして薪へと大きく安定した炎に育てられますね。


木くずの変わりにコットンを使う手も

07-img_0069
麻ひもと割り箸を削った木くずを組み合わせて火口として使いましたが、写真右のワセリン(保湿剤)を含ませたコットンを木くずの代わりに使うと、より長時間燃えてくれました。湿った薪の着火によさそう。身近な素材を組み合わせての実験は、大人が夢中になれます。

なお、木くずではなく木を毛羽立たせる「フェザースティック」を作るとより本格的でカッコイイんですが、ナイフの使い方に慣れていないとなかなか大変です……。

ファイヤースターター、1本持っておくと助かります

08-img_0080
アルコールストーブへの点火は、火花だけでOK。

ファイヤースターターは数百円から手に入ります。ライターやマッチを忘れたときや、風や雨でライターが使えない緊急時に頼りになります。しかも、焚き火遊び感覚で火を得られるんです。トラブルを遊びに転換できるのがおもしろいですね。

ファイヤースターターのおすすめ10選はこちら

実際に手に入れるならどんなのがいいの? 次は人気の10種を見てみよう。

キャンプで使いたい焚き火グッズはこちら


関連する記事

05-img_0049
この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
大森弘恵

フリー編集者、ライター。〔おひつじ座 × A型 × 我が道をいくライオン〕

公式プロライター

  • A-suke
  • 小雀  陣二
  • 長谷部 雅一
  • SAM & 沖田雅生
  • 八幡 暁
  • 写風人
  • 平 健一
  • Takamatsu Misato
  • YURIE
 

LINEでCAMP HACKをもっと手軽に。

最新のキャンプギアやキャンプ場情報などをキャンプに関する情報を毎日配信!
LINE友達限定の毎月当たるプレゼントキャンペーンも開催中!