CAMP HACK[キャンプハック]


いろいろな種類のビアレッティの人気マキネッタ

選ぶならビアレッティ!モカ・エキスプレスほか人気モデルを大特集

1

ビアレッティのマキネッタのおすすめモデル大特集! 超定番の「モカエキスプレス」、滑らかなクレマが楽しめる「ブリッカ」、見た目も美しい「ヴィーナス」など、いま注目すべき人気アイテムをご紹介します。

ビアレッティ製品の選び方に使い方、サイズの確認方法までビアレッティに関する情報を網羅的に解説していますよ。

斎藤誠

制作者

斎藤誠

キャンプが仕事のアウトドアライター。連続500泊以上に渡る“日本全国車中泊旅”の経験がアイデンティティー。国内の見どころに関する経験値だけは、誰にも負けない自信あり。趣味はキャンプ・旅行・バイク・スキューバダイビング・温泉めぐりなど。

...続きを読む
斎藤誠のプロフィール

アイキャッチ画像作成:編集部

ビアレッティはなぜ人気?ほかのメーカーとはココが違う!

ビアレッティの「モカエキスプレス」と、2杯のコーヒー マキネッタとは直火式エスプレッソメーカーで、誰でも手軽に美味しいコーヒーが作れる便利なアイテム。本国イタリアでは「一家に一台」と言われるほど普及しているアイテムですが、中でもマキネッタ専門の有名メーカーの「ビアレッティ」が人気!
ビアレッティのココがすごい!
●創業100年を超えるマキネッタ専門メーカー
●定番モデルは1933年から変わらないデザイン
●ニューヨーク近代美術館「MoMA」の永久収蔵品に選出
老舗メーカーでありながら意外なほど手頃な価格で手に入るのも魅力なうえ、そこにあるだけで雰囲気を演出してくれるルックスでおしゃれキャンパーにも大人気のアイテムです。

この記事ではそんなビアレッティの種類と選び方、全ラインナップの特徴やおすすめポイントをご紹介します!

▼各項目をタップすると詳細に飛べます
この記事で紹介するビアレッティ

選び方は簡単!シリーズとサイズの2つを選択するだけ

ビアレッティの「モカエキスプレス」からカップにコーヒーを注いでいる ビアレッティのマキネッタはいくつかのシリーズに分けられており、それぞれがまったく異なる個性を持っています。

シリーズごとの特徴を知り、そして適切なサイズを選べば自分にとって最適なモデルが手に入りますよ!

まずはシリーズ選びから!注目すべき5つのラインナップ

シリーズ モカエキスプレス ブリッカ ヴィーナス モカ インダクション モカ アルピナ
外観 ビアレッティの「モカエキスプレス」 ビアレッティの「ブリッカ」 ビアレッティの「ヴィーナス」 ビアレッティの「モカ インダクション」 ビアレッティの「モカ アルピナ」
特徴 ビアレッティを代表するモデル クレマを作るための独自構造 先進的で美しいフォルム 家庭で使いやすいIH調理器対応 唯一無二の個性的なデザイン
メイン素材 アルミ合金 アルミ合金 ステンレス アルミ合金、クラッド鋼 アルミ合金
IH対応 × × × ×
適応人数
(カップ)
1・2・3・4・6・9・12・18 2・4 2・4・6 4・6 3
価格帯
(定価)
5,800円〜 10,600円〜 7,200 円〜 9,000円〜 9,000円
5つの中でもっとも有名なシリーズが、モカエキスプレス。価格が手頃かつサイズ展開が豊富なことから「迷ったらとりあえずモカエキスプレス!」という定番モデルです。

ビアレッティ社のモカエキスプレスとミルクコーヒー
出典:Facebook
モカ・エキスプレスで作るエスプレッソは本場イタリアそのもの。シンプルにエスプレッソコーヒーを味わいたい方に最適のモデルです。

ビアレッティのブリッカでエスプレッソコーヒーを淹れる とりわけコーヒーにこだわりを持っている方なら、ブリッカやヴィーナスにも注目を。中でもブリッカはクレマ(きめ細かな泡)を出すために特殊バルブを内蔵しているモデルで、カプチーノやシナモンやキャラメルソースを入れたマキアートなどアレンジも楽しむことができますよ。

アルミは軽量、ステンレスはタフ!

ビアレッティ社のモカエキスプレスの内部
出典:楽天
ビアレッティのマキネッタには材質も種類があり、定番のモカ・エキスプレスはアルミニウム製。本国イタリアのマキネッタに使われる主流の材質であり、ステンレス製に比べると安価で軽く持ち運びにも便利です。

ビアレッティのヴィーナスを使って登山でコーヒーを淹れる
出典:instagram by @bialetti
一方でヴィーナスやイルサなどステンレス製のモデルも。アルミに比べて価格は上がりますが、その分錆や衝撃に強いためアウトドアでもタフに使えます。価格や使用シーンに合わせて、材質もチェックすると良いでしょう。

IHについて

IHコンロで使えるビアレッティのマキネッタ ビアレッティのマキネッタはIHクッキングヒーターでは使えないものが多いですが、中にはモカ インダクションというIH対応のモデルも。自宅で使うこともありキッチンコンロがIHであれば、このモデルを選びましょう。

サイズは一度に淹れるカップ数で決めよう

ビアレッティの「モカエキスプレス」と3杯のコーヒーが並んでいる ビアレッティの製品名には「○カップ」といった表記があり、これは“1度に何杯分のコーヒーが作れるか”が表示されたもの。完全に1人で使用するなら「1カップ」と書かれたモデル、2人で使用するなら「2カップ」と書かれたモデルを選ぶのが基本です。

ただし1杯分の量が普通のドリップコーヒーより少ないため、「それでは満足できない」という場合は1人で2カップ用を使うのもアリ!

何杯分に対応してる?ベストなサイズの見つけ方

ビアレッティ社のモカエキスプレスと朝食
出典:楽天
「○カップ」と記載はされていますが、本体には適応人数を示す刻印はありません。そのため何杯分のコーヒーが淹れられるマキネッタなのかがわかりにくいので、その場合は本体のサイズ・重量のいずれかに注目し、以下のスペックと照らし合わせてみましょう。

もっともわかりやすいのは、フタのつまみを含めた“高さ”を測ること!

▼例:モカ・エキスプレスのスペック
人数 1人用 2人用 3人用 4人用
サイズ 約7×13×13.5cm 約8×14×14.5cm
約9×16×16.5cm
約9.5×16.5×18.5cm
重量 約240g 約290g 約380g 約460g
モカ・エキスプレス以外のモデルについては、ビアレッティ公式サイトの商品ページに記載されているスペックを参照してみてくださいね。

ビアレッティの製品が6つ並んでいる
ここからはモカエキスプレス・ブリッカ・ヴィーナスなど、シリーズごとに分けて注目のアイテムをピックアップ! それぞれの特徴やおすすめのポイントもあわせてお伝えします。

【シリーズ別】ビアレッティのおすすめ全16アイテム

まずは人気No.1の「モカエキスプレス」を!

ビアレッティの「モカエキスプレス」をコンロの火にかけている ビアレッティ製品を代表するモカエキスプレスは、初めて購入するマキネッタとして、もっともおすすめしたいシリーズ!使い込むほどに味わいが増す、アルミならではの素材感も魅力です。

モカエキスプレス 1カップ用

●サイズ:約7×13×13.5cm
●重量:約240g
●素材:アルミニウム合金、ナイロン樹脂、シリコーンゴム

モカエキスプレス 2カップ用

●サイズ:約8×14×14.5cm
●重量:約290g
●素材:アルミニウム合金、ナイロン樹脂、シリコーンゴム

モカエキスプレス 3カップ用

●サイズ:約9×16×16.5cm
●重量:約380g
●素材:アルミニウム合金、ナイロン樹脂、シリコーンゴム

モカエキスプレス 4カップ用

●サイズ:約9.5×16.5×18.5cm
●重量:約460g
●素材:アルミニウム合金、ナイロン樹脂、シリコーンゴム


ここがポイント!
●1933年から変わらない伝統的なデザイン
●アルミ製のため軽く、携帯しやすい
●堅牢な作りで、何年でも使い続けられる

クレマを楽しみたいなら「ブリッカ」で決まり

ビアレッティの「ブリッカ」のフタが開き、クレマが見えている様子 特殊バルブによりクレマを生み出すブリッカは、口当たりがなめらかなコーヒーを楽しめます。すでにほかのモデルを持っている人にもおすすめしたいシリーズです。

ブリッカ 2カップ

●サイズ:約16×9.5×15.5cm
●重量: 約480g
●素材:アルミ合金、フェノール樹脂、シリコーン

ブリッカ 4カップ

●サイズ:約19×10.5×19.5cm
●重量:約700g
●素材:アルミ合金、フェノール樹脂、シリコーン


ここがポイント!
●豊かなクレマを楽しめる独自の構造
●手の形にフィットする持ちやすいハンドル
●フタを閉じたままでも抽出の様子を見て楽しめる

美しさで「ヴィーナス」に敵うものなし!

ビアレッティの「ヴィーナス」とコーヒーとクッキーが皿に乗っている モカエキスプレスの伝統的なデザインも魅力的ですが、ヴィーナスがもつ美しさは、よりモダンかつ女性的。ステンレスならではの優れた耐食性により、いつまでも美しい状態を保ちます。

ヴィーナス 2カップ

●サイズ:約8×10.5×13.5cm
●重量:約330g
●素材:ステンレス鋼、ナイロン、シリコン

ヴィーナス 4カップ

●サイズ:約9.5×12.5×17.5cm
●重量:約500g
●素材:ステンレス鋼、ナイロン、シリコン

ブルーヴィーナス 4カップ

●サイズ:約9.5×12.5×17.5cm
●重量:約500g
●素材:ステンレス鋼、ナイロン、シリコン


ここがポイント!
●エレガントで高級感あふれるスタイリング
●滑らず安心して持てるノンスリップハンドル
●汚れが定着しにくく、お手入れが簡単

IH調理器で使いたいなら「モカ インダクション」

ビアレッティの「モカ インダクション」をIH調理器で加熱している 自宅のキッチンにIH調理器を導入している場合は、モカ インダクションがおすすめです。直線と曲線が調和した、独特なフォルムにも注目!

モカ インダクション レッド 4カップ

●サイズ:約16×10×17cm
●重量:約540g
●素材:アルミニウム合金、クラッド鋼、ステンレス鋼、シリコン、ナイロン

モカ インダクション ブラック 4カップ

●サイズ:約16×10×17cm
●重量:約540g
●素材:アルミニウム合金、クラッド鋼、ステンレス鋼、シリコン、ナイロン


ここがポイント!
●日本初のIH対応モデル
●スタイリッシュなツートンカラー
●ステンレスとアルミからなる「クラッド鋼」を採用

遊びごころ満点の「モカ アルピナ」も素敵

ビアレッティの「モカ アルピナ」からカップにコーヒーを注いでいる ビアレッティが販売するマキネッタの中でも、とくに目を引くデザインを取り入れているのがアルピナです。遊びごころあふれるその外観は、話のタネにもなってくれることでしょう。

モカ アルピナ 3カップ用

●サイズ:約8.5×15×19.5cm
●重量:約500g
●素材:アルミニウム合金、ナイロン樹脂、シリコン


ここがポイント!
●羽根つきの帽子を模した唯一無二のデザイン
●使い方はモカエキスプレスなどと同様
●コレクション用のアイテムとしてもおすすめ

じつは「フレンチプレス」やドリッパーもある!

ビアレッティの「フレンチプレス」が2つ並んでいる ビアレッティからはマキネッタだけでなく、フレンチプレスコーヒードリッパーも販売されています。

フレンチプレスはコーヒーの粉をお湯に浸して抽出する道具で、普通のペーパードリップよりも簡単に抽出できます。豆本来の個性を、最大限引き出せるのも魅力です。

フレンチプレス ビアレッティ 0.35L

●サイズ:13×8×17cm
●重量:約360g
●素材:耐熱ガラス、ステンレス鋼、ナイロン樹脂

フレンチプレス オミーノ 0.35L

●サイズ:13×8×17cm
●重量:約360g
●素材:耐熱ガラス、ステンレス鋼、ナイロン樹脂


ここがポイント!
●2人で使うのにちょうどいいサイズ
●失敗せずに美味しいコーヒーを作れる
●スペシャルティコーヒーの抽出にもおすすめ

ポアーオーバー レッド 2カップ用

●サイズ:約13.7×10.9×9.9cm
●重量:約88g
●素材:ポリプロピレン

ポアーオーバー ブラック 2カップ用

●サイズ:約13.7×10.9×9.9cm
●重量:約88g
●素材:ポリプロピレン


ここがポイント!
●モカエキスプレスがモチーフのザイン
●ひとつ穴仕様で抽出速度が安定する
●ペーパードリップならではのスッキリとした味わい

ビアレッティのマキネッタがキャンプで人気の理由

ビアレッティの「モカエキスプレス」をキャンプで使っている様子 ビアレッティのマキネッタは、自宅はもちろんキャンプでも大活躍。その理由はというと……
ビアレッティがキャンプで使いやすい理由
●軽くて頑丈でアウトドアに向き
●直火OKでガスバーナーと相性がいい
●コーヒー粉以外のゴミが発生しない
●コーヒー用品がこれひとつで完結!
ビアレッティの製品は本体の大部分が金属で作られているため、とても頑丈。落としたりぶつけたりしても、壊れることはまずありません。

ビアレッティのマキネッタを焚き火にかける
出典:instagram by @bialetti
また、ペーパーフィルターを使用しないためゴミを最小限に抑えられるのもいいところ。抽出後は固まったコーヒー豆をポンと取り出して、ゴミ袋に入れるだけでOKです。

そしてマキネッタひとつでコーヒーの抽出ができるため、どこにでも持っていけるのもメリット。これだけ多くの魅力があるなら、キャンプで人気なのも納得ですね!

ビアレッティ「モカ・エキスプレス」の使い方

ビアレッティのモカ・エキスプレスでコーヒーを淹れる
出典:Facebook
ここではビアレッティのマキネッタの使い方を、定番のモカ・エキスプレスで解説していきます!

①本体下部に水を入れる

ビアレッティのマキネッタのタンクに水を入れる まず、水タンクの内側の線まで水を入れます。ミネラルウオーターだと美味しくまろやかなコーヒーになりますよ。

②中のフィルター部に極細挽きの豆をセット

ビアレッティのマキネッタにコーヒー豆をセット ビアレッティのマキネッタの水タンクの上にマシン本体をセット じょうご状のフィルターをセットし、挽いたコーヒー豆を入れます。少し山ができるくらいが適量で、種類は深煎りの方がエスプレッソ向きでおすすめ! タンクに上部をセッティングします。

③直火にかける 

ビアレッティのマキネッタを火にかける 蓋を閉めて中火にかけます。ガスコンロを使う場合、ゴトクに乗らなければサポートリングを使うと安定しますよ。

ビアレッティ サポートリング


④エスプレッソが抽出されたら、火を止める

ビアレッティのマキネッタでエスプレッソを淹れる しばらくの間過熱し、「ゴボゴボ」と音がしたらエスプレッソが抽出されて出てきた合図。火を止めて、音が消えたら蓋を開けましょう。後はスプーンなどでかき混ぜて、味に偏りがないようにしたらエスプレッソの完成です!
▼モカ・エキスプレスの使い方について、詳しくはこちら!

ビアレッティのお手入れ方法

ビアレッティの「ブリッカ」にコーヒー粉を入れている 使い方の簡単さも、ビアレッティのマキネッタがもつ魅力のひとつです。どのシリーズも使い方はほぼ共通しており、手順さえわかればどなたでも迷わずに使えますよ!

洗剤は使わない!「水洗い」が基本

分解されたビアレッティのモカ・エキスプレス
出典:楽天
使うほどコーヒー成分が素材にしみ込み、次第に味が良くなると言われるモカ・エキスプレス。しみ込んだコーヒー成分が直接アルミニウム製の内壁に接することを防ぎ、コーヒーに金属臭が移ることを防ぐためにも水洗いが基本です。

洗剤を使ってしまうとそのにおいが残ったり、アルミニウムの金属匂もしてくることもあるので要注意。水・お湯のみで洗い、水分を拭き取りしっかり乾燥させましょう。

マキネッタ専用のペーパーフィルターも存在する!

カリタの「丸ロシ #1(100枚)」をモカエキスプレスに乗せようとしている
出典:カリタ
日本のコーヒー用品メーカーとして有名なカリタから、ビアレッティのモカエキスプレスに適合するペーパーフィルターが販売されています

コーヒーに含まれる粒子を取り除くことでスッキリとした味わいに変わり、粉っぽい口当たりが苦手な人でもマキネッタで作るコーヒーを楽しめますよ!

カリタ 丸ロシ #1(100枚)

サイズ:直径47mm
適応器具:モカエキスプレス 1カップ用

カリタ 丸ロシ #3(100枚)

●サイズ:直径56mm
●適応器具:モカエキスプレス 3カップ用


ここがポイント!
●クリアでスッキリとした味わいに変化
●100枚入りで約200円のお手頃価格
●コーヒー粉の上に載せるだけで使える

ビアレッティで早朝のコーヒーブレイクを楽しもう

ビアレッティの「モカエキスプレス」をキャンプ用のバーナーで加熱している キャンプの朝、晴れ渡った景色を見ながらのコーヒーブレイクは至福の時間です。そこにビアレッティのマキネッタがあれば、誰でも失敗なく最高に美味しいコーヒーを作ることができます。デザインも秀逸で自宅で普段使いしたくなること間違いなし。まだ使ったことがないのなら、ぜひ試してみてほしい素晴らしいアイテムです!

こちらの記事もおすすめ!

紹介されたアイテム

関連記事