ソーラーパフ人気の秘密!5つの魅力とカラバリ紹介

2019/06/12 更新

ソーラーパフは折り畳めることのできるLEDランタン。ソーラーパフならではの5つの魅力とおすすめの使い方を紹介!太陽光から充電できるLEDランタンなので、どんなシーンでも幅広く使える超優秀ギアです。


アイキャッチ画像出典 : 楽天

電池不要!軽くてコンパクトな「ソーラーパフ」

折り紙のようにたためるソーラーパフ
「ソーラーパフ」ってご存じですか? 電池不要、太陽光で充電できるランタンで、もともとは被災地での使用や電気事情がよくない地域へ広めるために開発されたライトです。

このソーラーパフ、アウトドアやキャンプでも最高に使い勝手がいいんですよ!その魅力を紹介します。

クールな白色と優しい暖色の2タイプをリリース!

暖色LED、白色LEDの2タイプをソーラーパフでは用意
出典 : Paddle Quest
基本的なスペックは下記の通り。現在、白色LEDを搭載した「クールブライト」と、暖色LEDを搭載した柔らかい明かりの「ウォームライト」の2タイプがリリースされています。

<スペック>
サイズ:11×11×11cm(使用時)、11×11×1.5cm(収約時)
重量:75g
充電時間:約8時間
点灯時間: (弱)約12時間、(強)約6時間
LED:10灯(明るさモードは弱・強・点滅モードの3段階)
明るさ:(強)90ルーメン、(弱)60ルーメン
使用電池: リチウムポリマー電池(約500回繰返し充電可能)

ITEM
ソーラーパフ ウォームライト
暖色LEDを採用し、温かみのある明かりが特徴です。テント内の明かりや、キャンドルに代わりテーブルランタンとしても活躍してくれます。
ITEM
ソーラーパフ クールブライト
LEDならではのくっきりとした明かりが特徴のクールブライト。カバンの中の荷物を探したり、調理台のライトなどにぴったりな白色の明かりを照らしてくれます。

ソーラーパフがキャンプに最適な5つの理由

その1 さよなら電池!太陽光で電気をチャージ!

ソーラーパフは太陽光で充電できるので電池不要
ソーラーパネルが搭載されているのが最大の特徴! 約8時間の充電で弱モードなら約12時間、強モードなら約6時間点灯できます。

日中は太陽の下で充電しておき、夜にはその太陽光を利用してランタンとして活用。きちんと充電しておけば、1泊2日のキャンプも十分に足りる点灯時間です。


その2 ぺったんこに畳めて超軽量コンパクト!

ソーラーパフの魅力はたためるところ
出典:モチヅキ
ソーラーパフの重量はなんと約75g! カラビナなどで吊るして持ち歩いてもまったく苦にならない重さです。重い荷物が多くなるキャンプギアにおいて、この軽さとコンパクトさは重宝!

そして折り紙の紙風船のように薄く折り畳むことができるので、ザックの隙間などちょっとした空きスペースに潜り込ませることが可能。もちろん組み立ても簡単で、上下にあるベルトを広げるだけ! あっという間にキューブ状にセットできます。

その3 ラフに使ってもOKな頑丈さ!

頑丈な素材でできているので、こわれにくい 
素材には破れにくく軽量なヨットのセール地を採用。落としても壊れることがなく、防水素材なので雨天時でも使うことができます。

ちなみに使用しているヨットのセール地は、最終的には土に戻るエコな素材。環境にも配慮している優れもの!

その4 火傷しない!子どもが使っても安心ランタン

出典 : 楽天
燃料系ランタンを子どもがうっかり触ってしまってヤケド……なんて経験ありませんか?ソーラーパフはLED球を採用しているので熱くなりにくく、子どもが使用してもヤケドの心配がありません。

前述した通り落としても壊れないので、子どもが使用しても怪我の心配が少ない、安心安全なランタンなんです。

その5 デザイン&雰囲気もよし!

ソーラーパフがキャンプの雰囲気を盛り上げます
使用しているヨットのセール地は光を拡散する素材なので、明かりを灯すと優しい雰囲気を演出してくれます。またアウトドアギアとは一線を画す見た目は、部屋のインテリアとしても優秀。

キャンプでも自宅でも仕える雰囲気よしのアイテムです。


アウトドアやキャンプでおすすめの使い方!

ソーラーパフ使いこなし術をご紹介!テント内やテーブル上に置くだけじゃない、思わず真似したくなっちゃう技ありテク、参考にしちゃいましょう!

水辺のアクティビティーのお供に!

水素材なので、カヤックやカヌーなどの水辺のアクティビティーのお供にも最適。海や川、湖などに持っていっても安心して使えます。

トライポッドをスタンド代わりに

トライポッドとソーラーパフ
出典 : ドマノマド
トライポッドに吊るせば高さも簡単に調整できて移動も可能。キャンプ中、明かりが必要なところに自在に動かせるというのはとても便利なことですね。

木の枝を使ってアーティスティックに!

ソーラーパフを枝に吊るして雰囲気よく
ソーラーパフの複数使いなら、流木などの枝を使って吊り下げるのがおすすめ! まるでアート作品のような雰囲気です。

使い勝手も見た目もよし!ソーラーパフで太陽を味方にしよう!

出典 : 楽天
キャンプでの使い勝手は抜群!そして見た目の雰囲気もいいソーラーパフ。アウトドアだけじゃなく自宅でも、またいざという時の防災グッズとしても使えます。使用シーンがかなり幅広いので、1つ持っていて損はないですよ!


関連する記事

この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
CAMP HACK編集部

CAMP HACK運営&記事編集担当。2018年は、ワカサギ釣りから始まり、登山キャンプ、SUP、カヌー、野草料理、ラジコン、360度カメラなど…キャンプを基地にして色んなアクティビティーに挑戦したい。

公式プロライター

  • たけだバーベキュー
  • YURIE
  • 平 健一
  • 写風人
  • Takamatsu Misato
  • SAM & 沖田雅生
  • 小雀  陣二
  • A-suke
  • 長谷部 雅一
  • 八幡 暁
  • 風森 美絵
  • カノウ ヒナタ

    アウトドアのすべてを、ひとつのアプリで。

    150以上のアウトドアメディアの記事や動画、3万枚以上のみんなの写真も見られる!
    アウトドアの「知りたい!」「行きたい!」がきっと見つかる!
    お気に入りの記事や写真を集めて、スキマ時間に素早くチェック!