最新キャンプ情報をアプリで入手!CAMP HACK 公式アプリ 無料ダウンロード

【※面倒な作業一切なし】100均材料で簡単におしゃれな「スパイスボックス」を自作しよう!(3ページ目)

必要なもの

2段式ボックスの材料

材料

・木製ボックス×4個

・太めのヘアゴム
・ヒートン(丸環ネジ)
・蝶番
・留め金セット
・ガイロープ
作業に必要な道具
・木工用ボンド
・マスキングテープ
・目打ち
・ハサミ
・鉛筆
・ドライバー

木製ボックスのサイズ感

100均で材料を選ぶときのコツ
・収納したい容器の高さを確保できる奥行きの「木製ボックス」を選ぶ

筆者は、愛用するセリアのシーズニングボトル(125ml)が収まる木製ボックスをチョイス。100円ショップに行く前に、背の高い容器の長さを計っておくといいでしょう。

作り方1:ボックス同士を接着

ボックスにボンドを塗るテープで仮止め

ボックスを2個ずつ接着します。木工用ボンドをボックス長辺の側面に付けてください。はみ出たボンドは拭き取りましょう。ボンドの乾燥中にボックスが動かないよう、テープでしっかり固定します。

接着するまで静置

2階建てになりました。完全にくっつくまでこのまま1〜2時間静置します。

作り方2:塗装する

ダイソーの水性ニス「乳白色」

次は、耐久性を上げるために塗装します。木製ボックスの焼杉風の表面感を活かすため、ダイソーの乳白色の水性ニス(110円)を2度塗りしました。

ボックスを塗装する

塗装するときは、割り箸などを下に置いて空間を作ると塗りやすく、キレイに乾きます。

作り方3:ボトルの落下防止ゴムを付ける

ヒートンセット

開いた時、調味料ボトルが落ちないよう柵を作ります。使うのはヘアゴムと、100均各店のDIYコーナーにあるヒートン(丸環ネジ)。

ゴム用下穴あけ

調味料ボトルが落ちにくい高さを測り、目打ちなど尖ったもので下穴を開けます。

ゴムを通す

ヒートンをねじ込み、結び目を作ったヘアゴムを内側から通します。

ヒートンの間にゴムを通す

反対側は手前からヘアゴムを入れ、引っ張って適度にテンションをかけて結びましょう。余ったゴムはハサミでカットしてください。これを各ボックスに取り付けます。

落下防止ゴムを張る

筆者はあえて、左側と右側上段の3箇所のみにゴムを取り付けました。右下は後ほど別の小型ボックスを設置するため、ゴムなしのままにしておきます。

作り方4:ボックス同士を蝶番で繋ぐ

セリアの蝶番セット

ここでボックス同士が観音開きになるように蝶番で繋げます。

全体をテープで固定

まずは、動かないように全体をテープで仮止めしましょう。それぞれ2個のボックスを接着してありますから、真ん中の蝶番は継ぎ目をまたぐように付けて強度アップを図ります。

ビス穴の印をつける

蝶番のネジ穴の位置に鉛筆で印を付けます。

下穴を開ける

次に、下穴を開けてください。

蝶番をビス留め

蝶番をネジ留めします。付属のネジが長く、ボックスを突き抜けてしまいそうなら、ホームセンターなどで短いネジを買ってきて置き換えましょう。

蝶番で接続完了

蝶番で2つのパーツを接続しました。

作り方5:前面に留め金を付ける

セリアの留め金

持ち運びのときにボックスが開かないよう、留め金を付けましょう。蝶番と同じように、位置を決めて印を付け、下穴を開けてからネジ留めします。

留め金部分完成

留め金を付けました。なかなかシックな雰囲気です!

作り方6:持ち手を付ける

ロープのほつれ止め

次は、上部に持ち手を付ける作業です。あり合わせのガイロープを持ち手にしました。適当な長さにカットし、ほつれ防止のため、切り口をライターで炙って溶かします。

持ち手用のヒートン

余ったヒートンを持ち手を付けたい箇所に取り付けます。ちょうどいい位置に印を付け、下穴を開けて、ヒートンをねじ込みます。

持ち手のロープを通す

ヒートンにロープを通し、抜けないように結び目を作って完成!

電動ドリルがあれば穴を開けてもOK

ドリルで穴あけ

電動ドリルドライバーをお持ちなら、ボックス本体に穴を開けて、直接ロープを通してもいいですね。

穴にロープを通すパターン

こんな感じの仕上がりになります。

2段式スパイスボックス、完成!

2段式スパイスボックス完成

出来上がりはいかがですか? 筆者は、ゴムなしの右下部分には手許にあった小型ボックスを設置し、フリーズドライのわけぎやだしパックなどを入れるスペースにアレンジしています。

「2段も必要ない」という方は、1段だけで作るのもアリです!

100均素材だから安価で色もサイズも自在、ぜひDIYしてみて!

スパイスボックス2種

たっぷり収納できる2段のスパイスボックス、材料費は990円と、1,000円以下! 1段でよければ、770円とお安くできてしまいます。もっとたっぷり収納したい場合は3段重ねにしても。

オープン型は虫よけスプレーや日焼け止め、また焚き火の着火セットなどをまとめて入れたりと、手に取ってすぐ使いたい小物の収納にも便利。どちらもカンタンに作れるので、ぜひDIYに挑戦してみてください!

スパイスボックスをお探しなら、こちらも参考に!

3 / 3ページ