CAMPHACK

まるで鹿のツノ!?SNSで話題「トリパスプロダクツ」の新作ツノ型スタンドに注目!【アウトドア通信. 442】

0

個性的でおしゃれなテントサイトを構築するには、個性的なアイテムをバランスよく配置することが肝心。2019年にデビューした新ブランド「TRIPATHP RODUCTS」の独創的なアイテムで憧れのおしゃれサイトを目指しましょう。

CAMP HACK編集部

個性的なテントサイトを演出するトリパスプロダクツ

TRIPATHP RODUCTS(トリパスプロダクツ)
2019年春に始動した日本のアウトドアブランド「TRIPATHP RODUCTS(トリパスプロダクツ)」から、鹿のツノをイメージして作られた個性的なアイテムが登場しました。

焚き火台やその周辺をまとめるアイテムはテントサイトの“顔”となる大事なアイテムですよね。トリパスプロダクツのアイテムで、他のキャンパーに差をつけちゃいましょう!

トリパスプロダクツって?

TRIPATHP RODUCTS(トリパスプロダクツ)
トリパスプロダクツは、1946年創業の金属加工会社「トリパス」(北海道・石狩)が2019年に立ち上げたアウトドアブランド。同社が誇る溶接、曲げ、レーザー加工などの技術と叡智を結集させた新鋭のメタル製品アウトドアブランドです。

TRIPATHP RODUCTS(トリパスプロダクツGURU GURU FIRE
出典:Instagram by @tripathproducts
そのデビュー作であり代表作が、この焚き火台「GURU GURU FIRE」。収納時のコンパクト性と、工具要らずで簡単に組み立てることができる構造は金属を知り尽くしたプロだから作ることができた逸品。

鹿のツノをモチーフにした独創的なデザインも話題になり、次はこのブランドからどんなアイテムがラインナップされるのかと注目を集めていました。

最新作!TSUNO STANDがショートとロングの2サイズでデビュー

存在感抜群!TSUNO STAND LONG

TSUNO STAND LONG
そんななか登場した最新作が、この「TSUNO STAND」シリーズ。全長170cmのロングサイズは、半円筒状の本体に23箇所ものホールが配置され、ハンガーとなる「ツノパーツ」を好みの箇所にセットすることができます。

TSUNO STAND LONG
ツノをセットするホールは多角的に設けられ、写真のように本体内側からも差し込みが可能なので、取り付ける高さや向きを自由度高めにアレンジすることができます。

TSUNO STAND LONG
脚の突端にはペグホールを完備。重いアイテムでも安心して吊り下げることができます。

本体は中央を起点とした折りたたみ式なのでコンパクトに収納可能です。ランタンやトングをかけておくのはもちろん、エプロンやフライパン類など、意外と置き場に困るアイテム収納を一手に引き受けてくれそうです。

【TSUNO STAND LONG】
  • ●価格:19,800円(税別)
  • ●本体高さ:170cm
  • ●収納時:94cm
  • ●重量:3.27kg(ツノパーツ含む)
  • ●付属品:ツノ大、中、小、各1個

”バンビ”みたいなTSUNO STAND SHORTも

TSUNO STAND SHORT
そしてこちらが「TSUNO STAND SHORT」。ロースタイルを好まれる方にピッタリの全長940mmです。ツノを置するホールは全11箇所。ツノも中と小がそれぞれ1つずつ付属します。

「TSUNO STAND」シリーズ
単体使いはもちろん、先ほどご紹介したロングと組み合わせて、写真のように焚き火台まわりをコーディネートすることもできます。

今後、「TSUNO STAND」シリーズの使い方をさらに広げるオプションパーツも随時拡充されていく予定とのこと。今後ますます目が離せませんね。

「TSUNO STAND」シリーズ
【TSUNO STAND SHORT】
  • ●価格:15,800円(税別)
  • ●本体高さ:94cm
  • ●収納時:100cm
  • ●重量:2.08kg(ツノパーツ含む)
  • ●付属品:ツノ中、小、各1個
TRIPATHP RODUCTSの公式サイトはこちら

CAMP HACKトップはこちらCAMP HACKトップページではアウトドアアイテム情報も満載! ぜひチェックしてみてください。

  • 前のページ
  • 1/1
  • 次のページ

CAMP HACK編集部

CAMP HACK運営&記事編集担当。ついつい最新ギアを買って試したくなってしまう自称“日本一の散財キャンパー”。家がキャンプ道具で溢れてきたので、「魅せる収納」にリフォームしようか検討中。

関連記事