CAMP HACK[キャンプハック]


常備しておきたいアウトドアグッズ

持っててよかった…と思える常備グッズ10選+α

0

キャンプ道具は「いざ」という時に災害グッズとしても活躍してくれるのは周知の事実ですよね。今回はテントやチェアではなく、特に役立つアウトドア小物類をご紹介!もしもの時、「持っててよかった……」と思う10のグッズと、今のうちにダウンロードしておきたい評価の高い2つのアプリは必見!

山畑 理絵


アイキャッチ画像出典:instagram by @___a.y.a.k0uchi__

もしもの時って、どんなアイテムが必要?

エマージェンシーハンドブック
出典:モンベル
もしもの時の備え、あなたはできていますか? 街中が停電してしまったら。あるいは、自宅の水道やガスが止まってしまったら……。

不測の事態のとき、家にいるのか、出先なのかでも防災対策は異なりますが、いずれにしてもまずはライフラインである「水」「電気」「ガス」、そして「通信」の確保が先決です。

そこで、もしもの時に絶対役に立つアウトドアグッズたちをご紹介! 普段のキャンプでも使えるものから、緊急時のために家に常備しておきたいものまで。この10選は、どれも手に入れて損はありませんよ!

両手をフリーにできる「ヘッドライト」

ヘッドライトを使用している様子
出典:PIXTA
アウトドア好きなら、誰しもが1個は持っているであろう「ヘッドライト」。

ハンディライトよりも小型で軽いヘッドライトは、両手をフリーにしたまま明かりを得ることができるため、なにかと荷運びの多いキャンプの必須装備ですよね。その便利さは当然もしもの時にも役立ちます。
ヘッドライト ライト部分
出典:モチヅキ
1個手に入れれば十分なアイテムなので、最新のヘッドライト事情はよく知らない……という方も多いのではないでしょうか? 実はヘッドライトもテクノロジーの進化が進んでおり、もっと小さく、もっと明るく、どんどんスペックが上がっているんです。

これまでは乾電池が主流だったバッテリーも、充電池によるUSB化が進み、スマートフォンのようにPCや車などで手軽に充電できる時代に突入。

また、乾電池・充電池どちらも対応できる2WAYモデルも多数登場。使い勝手が格段にアップしているんです! なかでもおすすめの最新モデルがこの2つ。

1. レッドレンザー『SEO 7R』

レッドレンザー『SEO 7R』 レッドレンザーは、1993年にドイツで創業したライト専業メーカー。約四半世紀にわたり、最先端技術を駆使したLEDフラッシュライトを数多くリリースしています。

レッドレンザー『SEO 7R』 充電する様子
撮影:筆者
『SEO 7R』は、乾電池と充電池のどちらにも対応する2WAY仕様。

しかも、使用する専用バッテリはー自社開発というこだわりっぷり。より点灯時間を長く、充電時間も短縮できるように徹底して開発されています。

レッドレンザー『SEO 7R』

●サイズ(約):フリーサイズベルト
●重量(約):93g
●原産国:中国(自社工場)
●素材:ABS樹脂/LED種:パワーチップ型LED×1、赤色LED×1/IPX(防水等級):IPX6
●使用電池:専用充電池パック(Li-Polymer)または単4アルカリ電池×3本/充電時間(約):約3.5時間
●セット内容・付属品:専用充電池パック(Li-Polymer)、USBケーブル
●点灯時間(約):Hi:5h/Low:20h
●明るさ(約):Hi:220lm/Low:20lm
●最長照射距離(約):Hi:130m/Low:40m


2. UCO(ユーコ)『ベイパー プラス』

UCO(ユーコ)『ベイパー プラス』
出典:モチヅキ
見た目は超小型でも、明るさは最大300ルーメンのハイパワーモデル。こちらもレッドレンザー同様、乾電池と充電池の2WAY仕様です。104gと軽いところもいいですね。
UCO(ユーコ)『ベイパー プラス』
出典:モチヅキ
これだけ薄いのにしっかり角度も調整でき、手元だけを照らしてくれるレッドライト機能も完備。デザイン性と機能性が両方備わっている秀逸なアイテムです。

UCO(ユーコ) ベイパー プラス

●サイズ:5.9×1.7×3.5cm
●明るさ:300ルーメン
●重量:104g(電池含む)
●電池:単4アルカリ電池×3本(付属)
●点灯時間:ハイビーム/4時間
●耐水性:IPX4



もしもの時に絶対役立つ道具の一つ目は、ヘッドライトでした。

ひとたび暗闇になってしまえば、人は何も行動できません。明かりはいくつあっても便利なので、今一度自分が持っているヘッドライトを見直してみるのもいいかもしれませんね。

関連記事