CAMP HACK[キャンプハック]


野外でグレイルの「UL.ウォーターピュリファイヤーボトル」を持っている様子

【澱んだ水からオレンジジュースまで】「GRAYL」の浄水器をいろいろテストしてみた

0

キャンプ場から清流を見ていて、「こんなにきれいな水なら飲めるんじゃ……」と思ったことはありませんか?しかしそれは厳禁。野生動物の排泄物などにより、目には見えない細菌や寄生虫の卵が混入している危険があります。そこで役立つのが携帯できる浄水器。ワイルドに川の水を活用しちゃいましょう!

秋葉 実


記事中画像撮影:筆者

GRAYL(グレイル)の浄水器に注目!

渓流 これからの季節、こまめな水分補給が大切です。川の上流にあるキャンプ場で喉が乾いたとき、ふと「この川の水なら飲めそう」と思ってしまうことがありますが、それは絶対にやめてほしい危険な行為。

目には見えないだけで、危険な物質が混入している可能性があります。上流に棲む野生動物の排泄物により、エキノコックス症のような恐ろしい病気にかかることも……。
グレイルUL.ウォーターピュリファイヤーボトル しかし携帯型の浄水器を持っていれば、川の水は飲料可能に。

今回注目するのはグレイルの「UL.ウォーターピュリファイヤーボトル」。ウィルスやバクテリア(細菌)、寄生虫の卵などを99.999%以上、除去してくれます。

携帯浄水器にはストロー式やポンプ式がありますが、当製品はボトル式。ろ過した水をそのまま持ち運べて便利ですよね。サイズは500mlのペットボトルよりもちょっと長い程度、重さは309g。

関連記事