日本一周キャンパーが出会った「無料」なのに快適なキャンプ場 #5《高岡二上山キャンプ場》

キャンプをしながら日本一周している私が、その道中で出会った「無料」キャンプ場をレポートします。無料なのに設備は整っていてロケーションも最高。そんな気持ちのいい穴場すぎるキャンプ場たち。有名にはなってほしくはないけれど、少しだけ教えちゃいます!


記事中画像撮影:筆者

「キャンプ道具の手運び」、これがけっこうツライ


日本一周中、たくさんの無料キャンプ場に宿泊していてる私ですが、一点ツライことがあります。

それは「キャンプ道具の手運び」。特にこの暑くなってきた時期なんて、もう大変。

ほとんどの無料キャンプ場は、クルマやバイクは入れない

今まで紹介してきた無料キャンプ場もなんですけど、すべて基本的にはキャンプサイトから離れた、専用駐車場にバイクや車を停めて、手運びでキャンプ道具を運ぶのがほとんどでした。

専用駐車場とテントサイトとの距離がめちゃくちゃ長いと、汗をダラダラとかきながら何度も往復してキャンプ道具を運ばなければならないんですよね……。

しかも、唯一の移動手段のバイクが、目の届かない場所に置いてあると中々不安なものです。

そんな時に「オートキャンプ場」の文字を発見!


今日も手運びかなと思っていた矢先、目に飛び込んできたのが「オートキャンプ」の文字。

一瞬、ここのキャンプ場は有料なのか? と思いましたがなんとこのキャンプ場、無料なのにキャンプサイトにバイクや車を横付けして「オートキャンプ」ができるんです。

今までの苦労を知っていた私にとってはまさに天国! 今回は、そんな無料キャンプ場「高岡二上山キャンプ場」を紹介したと思います。


高岡二上山キャンプ場

今回紹介するキャンプ場は、富山県高岡市にあるキャンプ場「高岡二上山(ふたがみさん)キャンプ場」。

調べてみると口コミの平均も高く、ツーリングやソロキャンプで多く利用されている場所のようです。

キャンプ場エントランス


駐車場はとても広々していて、たっぷり46台分。

グループキャンプなどで車が2~3台ある場合にはこちらを使用した方がよさそうです。


二上山(ふたがみさん)を車・バイクで登り、気持ちのいい林道を抜けるとキャンプ場の駐車場とエントランスに到着します。

今回宿泊した際は受付が閉まっていましたが、電話でも利用申し込みをすることが可能なので、事前に利用申請をしておくのが◎。

キャンプ場全景


なんと! このキャンプ場は「オートキャンプサイト」だけではなく、「テントサイト」や「バーベキュー&キャンプファイヤ広場」まである、それぞれの良いところが集まったキャンプ場なんです!

入るまで気付きませんでしたが、ここまで充実している無料キャンプ場だったとは……。

オートキャンプサイト


初めにご紹介するのが、今回のメインでもある「オートキャンプサイト」。全部で10サイトあり、各サイトに野外炉が1個づつ設置されています。


全面芝生のように見えますが、ところどころ芝生が剥げていて写真のように土っぽさが目立ちます。

芝生が復活することを願って、焚火などをする際は地面へのダメージを考慮するといいかもしれませんね。

テントサイト


続いてこちらが「テントサイト」。

全部で13か所あり、各区画が木々の間に独立しているので「秘密基地」のようなひっそりとしたワクワク感とワイルド感が漂っています。


こちらのテントサイトは、車が乗り入れ禁止ですので荷物の少ないソロキャンパー向け。静かにしっぽり過ごしたいときはこちらのサイトを使うといいかもしれません。

芝生も生え揃っているので、気持ちがいいですよ!

バーベキュー&キャンプファイヤ広場


最後に紹介するのがこちらの「バーベキュー&キャンプファイヤ広場」。

オートキャンプサイトもテントサイトもありで、もうお腹いっぱいなのですが、まだまだ終わらないのがこのキャンプ場のスゴイところです。

バーベキュー場の野外炉は、椅子付きでちょっとしたBarのようで、椅子を持っていかなくても大丈夫!


キャンプファイヤー広場は広々空間。日中なんかはここで子供たちとボール遊びやフリスビーなどができそうですね。

炊事場


綺麗に整備された炊事場が全部で3か所(オートキャンプサイト側×1、テントサイト側×2)に設置されています。

炊事場中央には、広々としたテーブルが設置されているので調理もここでOK。しっかりとした石造りで、キャンプテーブルのような不安定さは微塵も感じられません。カボチャも思いっきり力を込めて切れますよ!


水道は「生水は飲まないようにしましょう」との注意書きがありましたので、煮沸消毒をするか、各家庭で飲み水分は用意した方がいいかもしれません。

私は自己責任で、生水をがぶがぶ飲んでいましたが、特に異常なしです。

トイレ


トイレは男女共に綺麗に管理されていますが、男子トイレはキャッチャースタイル(和式)の便器が1つと少し心細いです。

朝一のトイレ戦争が起きそうですので、タイミングを見計らって使用しましょう。

高岡二上山キャンプ場のさらにいいところ


二上山から高岡市内を見下ろせる、この夜景がとても綺麗でした!

上を見れば夜空のスターウオッチング、下を見れば高岡市の夜景……どこを見てもうっとりしてまいます。昼とはまた違った雰囲気を感じてみてくださいね。


また、ここでは高岡二上山キャンプ場をベースとしたトレッキングも楽しめます。

しっかりと地図も設置されているので安心の遊歩道。一日じゃ回り切れないぐらいたくさんのコースがあるので、何度来ても楽しめそう。


見落としがちですが、無料キャンプ場に「自販機」って案外少ないんです。こういった設備が整っているのは嬉しいポイント。

あまり売れてないのでしょうか、キャンプ場利用者に向けた、切実な思いの張り紙までありました。


バイクや車が目の前にあって安心、荷物の出し入れも簡単。なんてオートキャンプって素敵なんだろう……と改めて感じることができました。

無料でオートキャンプもできるキャンプ場って、なかなか出会えなったので、ちょっと今後も探してみようかなと思います。特にこれからの暑い時期にはハマってしまいそうです。

【高岡二上山キャンプ場詳細】
住所:富山県高岡市二上
問合せ先:TEL 0766-21-0001(高岡市二上まなび交流館※月曜休館)
期間:4月下旬~10月末(※要予約)
料金 無料
駐車場:あり(オートキャンプサイト10か所、専用駐車場46台)
公式サイトはこちら

日本一周キャンパー野口
旅の道中のことを配信しているアカウントはこちら
インスタグラム:@no_camp_no_life

無料キャンプ場の注意点

無料キャンプ場は、管理人が常駐していることが少ないので防犯や災害、マナーには十分気を付けてください。無料だからこそ、心がけたいキャンプのマナーをきちんと守って全員が気持ちよくキャンプできれば最高ですね!

その他の記事はこちら


関連する記事

この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
日本一周キャンパー 野口

日本一周キャンパーの野口泰秀です。 バイクのカブに乗り、趣味であるCAMPの道具を積み込んで、全国の『ヒト•モノ•コト』を発見しに日本中を日々走り回っています。 日々の記録は、Instagramアカウント:@no.camp.no.lifeで発信中。

公式プロライター

  • YURIE
  • 平 健一
  • 写風人
  • Takamatsu Misato
  • SAM & 沖田雅生
  • 小雀  陣二
  • A-suke
  • 長谷部 雅一
  • 八幡 暁
  • 風森 美絵
  • カノウ ヒナタ
     

    LINEでCAMP HACKをもっと手軽に。

    最新のキャンプギアやキャンプ場情報などをキャンプに関する情報を毎日配信!
    LINE友達限定の毎月当たるプレゼントキャンペーンも開催中!