日本一周キャンパーが出会った「無料」なのに快適なキャンプ場 #4《北山キャンプ場》

キャンプをしながら日本一周している私が、その道中で出会った「無料」キャンプ場をレポートします。無料なのに設備は整っていてロケーションも最高。そんな気持ちのいい穴場すぎるキャンプ場たち。有名にはなってほしくはないけれど、少しだけ教えちゃいます!


記事中画像撮影:筆者

日本一周していると怖いもの、それは……


日本一周をしている中で、怖いことは沢山あります。虫や動物との接触、人的な盗難、自然災害……そしてこの時期怖いのが「キャンプ場の繁忙期」です。

いつも利用させていただいている無料キャンプ場というジャンルは、基本的には予約が不要。当日好きな場所にテントを張るのが一般的です。

しかし、ゴールデンウィークなどの繁忙期となると どこも混雑するので、当日テントを張る場所が無いッ! なんてことがあったら私にとっては死活問題。

無料なのに「予約」ができるキャンプ場を発見


そんな「繁忙期」に怯えていたときに発見したのが今回紹介する無料キャンプ場です。なんと、このキャンプ場、無料なのに「予約」ができるんです。

最初に知ったときは思わず耳を疑いましたが、実際に到着すると、目も疑ってしまうほどの綺麗な設備……。そんな脱帽レベルな「北山キャンプ場」を紹介したいと思います。


思わず目も耳も疑った、脱帽レベルの無料キャンプ場「北山キャンプ場」

今回紹介するキャンプ場は、佐賀県佐賀市の北山湖畔にあるキャンプ場「北山キャンプ場」。約60サイトのテントが建てられる広大な敷地にあり、林間の中、快適なキャンプが楽しめます。

キャンプ場エントランス


北山キャンプ場と書いてある門をくぐり、気持ちのいい林道を数分走るとキャンプ場に到着します。

キャンプ場全景


土サイトは土が固過ぎず、柔らか過ぎずで気持ちいいほどペグがすんなり入ります。

テントをパリッと綺麗に張ってる方が多い印象でした。ここでMSRやヒルバーグのテントなんて張ったらさぞかし気持ちいい張りが出るんだろうな~なんて思いました。


ウッドデッキサイトは全サイトの中でも高台にあるので、上からの眺めが気持ちよく、林間サイト特有の木洩れ日が最高です。

荷物を運ぶのが少々大変ですが、その後の絶景とビールは格別。


キャンプ場は土サイトとウッドデッキサイトに分かれており、当日の受付順に好きな場所にテントを立てていきます。

各サイトは色んな形状があり、小さい区画や大きい区画があるので、当日は自分のテントのサイズに合った場所を早めに見つけることをオススメします。

炊事場


見てください、この過保護具合。

屋根の下にある炊事場には、調理台、水道、カマドが「これでもか!」というほど揃っており、水道の蛇口は有り余るほどの充実度でした。清掃も行き届いていて、誰でも気軽に利用できそうです。

トイレ


トイレは綺麗に管理されています。身体障害者用のトイレも設置されていますので、どなたでも安心して使えそう。

ここのトイレは、他の無料キャンプ場より群を抜くほど清潔で、便器の数も多く最高でした。

北山キャンプ場のさらにいいところ


この赤色の2人乗り自転車……一人で旅をしていると何故か憧れます。

1人用も含めて、自転車のレンタルサービスを行っていて、貸し出しは2時間以内で150円~750円(子供~大人※自転車の形により料金が異なる)。延長で追加の料金がかかるようです。


キャンプ場に隣接している北山湖には、整備されたサイクリングロード(全長約6㎞)があり、キャンプ場近くの施設で自転車をレンタルしサイクリングなんかもできちゃいます。

もちろんサイクリング以外でもランニングや、湖畔で釣りなんてのも楽しめそう。近くに湖畔があるのでアクティビティには困らなさそう。

キャンプ場内にも自由広場があり、この日は子供たちがボール遊びをしたり、フリスビーや縄跳びで遊んでいました。


キャンプ場の山側には簡単なトレッキングができるコースもありました。展望台まで続いている山道を歩きながら森林浴も気持ちがよさそう!


なんと、このキャンプ場には緊急避難場所まで設置されていました。

キャンプ場の管理人の方は17時になると帰ってしまうので、それ以降で「豪雨でテントが壊れてしまった」、「悪天候で避難せざる負えない場合」などのハプニング時に、このような設備はとても安心です。


さらに、近づくまで気付きませんでしたが、キャンプ場近くにまさかのシカ園までありました。シカ園なのに、全身厚い毛で覆われたラマまでいます。

こんなにアクティビティが揃っているのに、シカ園まであるなんてこのキャンプ場は一泊二日じゃ時間が全く足りません。

無料なのに予約ができて「遊び」にも困らない、こんなキャンプ場があるなんて


私にとっては願ったり叶ったりのキャンプ場でした。個人経営ではなく国や市が運営しているキャンプ場は本当にありがたいですね。次回行くときは釣竿を持参して来てみたいです。

この旅の道中で、出会ったキャンプ場の中でもこんなに手厚い対応の無料キャンプ場は見たことがありませんでした。いろんな無料キャンプ場があるものですね。

【北山キャンプ場詳細】
住所:佐賀県佐賀市富士町大字関屋
問合せ先:TEL 0952-56-2922(北山キャンプ場予約デスク)
期間:通年(※要予約)
料金 無料
駐車場:あり(オートキャンプサイトではございませんので、荷物を降ろした後は専用駐車場に駐車)
公式サイトはこちら

日本一周キャンパー野口
旅の道中のことを配信しているアカウントはこちら
インスタグラム:@no_camp_no_life

無料キャンプ場の注意点

無料キャンプ場は、管理人が常駐していることが少ないので防犯や災害、マナーには十分気を付けてください。無料だからこそ、心がけたいキャンプのマナーをきちんと守って全員が気持ちよくキャンプできれば最高ですね!

その他の記事はこちら


関連する記事

この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
日本一周キャンパー 野口

日本一周キャンパーの野口泰秀です。 バイクのカブに乗り、趣味であるCAMPの道具を積み込んで、全国の『ヒト•モノ•コト』を発見しに日本中を日々走り回っています。 日々の記録は、Instagramアカウント:@no.camp.no.lifeで発信中。

公式プロライター

  • たけだバーベキュー
  • YURIE
  • 平 健一
  • 写風人
  • Takamatsu Misato
  • SAM & 沖田雅生
  • 小雀  陣二
  • A-suke
  • 長谷部 雅一
  • 八幡 暁
  • 風森 美絵
  • カノウ ヒナタ
     

    LINEでCAMP HACKをもっと手軽に。

    最新のキャンプギアやキャンプ場情報などをキャンプに関する情報を毎日配信!
    LINE友達限定の毎月当たるプレゼントキャンペーンも開催中!