日本一周キャンパーが出会った「無料」なのに快適なキャンプ場 #2《沖泊海浜公園キャンプ場》

キャンプをしながら日本一周している私が、その道中で出会った「無料」キャンプ場をレポートします。無料なのに設備は整っていてロケーションも最高。そんな気持ちのいい穴場すぎるキャンプ場たち。有名にはなってほしくはないけれど、少しだけ教えちゃいます!


記事中画像撮影:筆者

日本一周している最中に出会った、素敵なキャンプ場を教えます


どうも、日本一周キャンパーの野口です(インスタ:@no_camp_no_life )。

バイクのカブに乗って全国を日々走り回り、節約も兼ねて「無料」のキャンプ場に宿泊をし続けています。
毎日色んなキャンプ場を体験するのですが、本当に時々「ここスゴい!」と唸るほど良質な無料キャンプ場と出会えるんです。この連載では、そんな超おすすめできる無料キャンプ場をご紹介します。


海好き必見!エメラルドグリーンの海を一望できる、崖に包まれたキャンプ場!


ここは鹿児島県の沖永良部島(周囲55.8km、の隆起サンゴ礁の島)にある沖泊公園キャンプ場。

目の前には広大な砂浜が広がり、キャンプ場裏側には何か神秘を感じる崖がそびえ立っています。季節を問わず多くの人々でにぎわい、映画「ゴジラ」の上陸地として撮影された場所としても有名です。

キャンプ場エントランス

キャンプ場は沖泊公園の奥にあるので案内に沿ってゆっくり進みましょう。

キャンプ場全景

キャンプ場は全面が芝生で、しっかり整備されています。こんな状態のいい芝生でテントを張れるのは久々です……。

目の前にはきれいなエメラルドグリーンのビーチ、サイトの裏手には壮大な崖がそびえ立っています。

炊事場


どうですか、この綺麗な設備。

炊事場には調理台、水道、カマド、電気など調理に必要な設備はここにすべて設置されていて、目の前の海で釣った魚などを捌ける広いスペースがあります。夜には電気がつくので夜でも安心です。

トイレ


トイレは男女別で分かれており、毎日地元の方が清掃に来ているので清潔に保たれています。女性トイレには赤ちゃんのオムツ替え用の台まで設置してありますよ。

シャワー室


さすがビーチが目の前のキャンプ場です。他の無料キャンプ場にはないシャワー室がありました。

シャワー室には更衣室と、4つのシャワーがあり、屋外にも5か所ほどシャワー設備がついています。シャワーの充実度がすごいです。夏場の設営で汗をかいた後でも使いたいですね。

キャンプ場設備

キャンプ場中央には屋根付きの休憩所があり、南の島特有の強い紫外線から逃れるスペースがあります。

沖泊公園キャンプ場の魅力ポイント① ガジュマルの木


キャンプ場中央にそびえ立つ「ガジュマル」の木。この木と一緒にキャンプ風景を撮ったらさぞ「映える」でしょう。

木の下は日陰になっているので、タープを忘れた際はこの自然のタープ(ガジュマル)を利用してみるのもいいかもしれないですね。根元に長居すると木にダメージを負わせることになるので根元でテント泊などは控えましょうね。

沖泊公園キャンプ場の魅力ポイント② 目の前にはビーチ!

キャンプ場目の前に広がるビーチ。遠めから見るとエメラルドグリーンに光っていて、近くで見るとこの透明感で、海好きにはたまりません。

沖泊公園キャンプ場の魅力ポイント③ まさかの電源もある

なんと、このキャンプ場は炊事場に共用のコンセントまでついています。長期間キャンプするときのスマホ充電問題も難なくクリアしてくれます。

これで無料って……主に関東でキャンプをしていた自分の常識がまったく通じません。

沖泊公園キャンプ場の魅力ポイント④ 野生のウサギがマスコットキャラ

このキャンプ場には野生のウサギが住み着いているようで、テントでゆっくりしていたら突然現れてくれました。至近距離でも目撃できたので、大分人間に慣れているようです。

キャンプ場にこんな可愛らしい動物がいるのはとても癒されますね。この先ウサギ鍋を食べる機会があったら戸惑うレベルで愛くるしかったです。

無料でここまで最高なキャンプ場があるなんて


キャンプが好き、海が好き、大自然はもっと好きという方にはとてもオススメな無料キャンプ場です。
九州、沖縄方面の離島の中、この無料キャンプ場は、軍を抜いて設備の整った、最高のキャンプ場だったので、離島好きの方はぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか。

【沖泊海浜公園キャンプ場詳細】
住所:沖永良部島知名町
問合せ先:TEL 0997-92-3111(知名町観光協会)
期間:通年
シャワー:冬季中閉鎖
料金 無料
駐車場:あり
公式サイトはこちら

【日本一周キャンパー野口】
旅の道中のことを配信しているアカウントはこちら
インスタグラム:@no_camp_no_life

無料キャンプ場の注意点

無料キャンプ場は、管理員が常駐していることが少ないので防犯や災害、マナーには十分気を付けてください。無料だからこそ、心がけたいキャンプのマナーをきちんと守って全員が気持ちよくキャンプできれば最高ですね!

その他の記事はこちら


関連する記事

この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
日本一周キャンパー 野口

日本一周キャンパーの野口泰秀です。 バイクのカブに乗り、趣味であるCAMPの道具を積み込んで、全国の『ヒト•モノ•コト』を発見しに日本中を日々走り回っています。 日々の記録は、Instagramアカウント:@no.camp.no.lifeで発信中。

公式プロライター

  • YURIE
  • 平 健一
  • 写風人
  • Takamatsu Misato
  • SAM & 沖田雅生
  • 小雀  陣二
  • A-suke
  • 長谷部 雅一
  • 八幡 暁
  • 風森 美絵
  • カノウ ヒナタ
     

    LINEでCAMP HACKをもっと手軽に。

    最新のキャンプギアやキャンプ場情報などをキャンプに関する情報を毎日配信!
    LINE友達限定の毎月当たるプレゼントキャンペーンも開催中!