CAMPHACK

私がBBQコンロではなく『七輪』を使っている5つの理由

0

キャンプの調理はひたすら炭火と七輪。バタバタプープー火を熾して料理して、子供と一緒にマシュマロ焼いて、酒の燗をつけつつスルメを炙り、肌寒い夜は手をかざし、または股の間に挟んで股火鉢。調理と暖房兼ねまして、美味しく出来て燃費もよし。最高!

関美奈子

記事中画像提供:デザインスタジオ アトリエばく

ごめんなすって、私が正統派の七輪でございます

丸七輪、角七輪
グループキャンプで、「うち、ツーバーナーもBBQコンロもなくて」と言うと、大抵の人が驚きます。

えっ、じゃあどうやってご飯作るのかな? そこで登場するのが、江戸時代は元禄の世のご先祖様から使い続けられてきた『七輪』。導入後、キャンプ飯のグレードがかなり上がりました。

BUNDOK スタンド付き七輪 丸型

BUNDOK 長角七輪 大 BD-383


使ってみたら、図らずも七輪の大ファンに!

丸七輪、焼き鳥を焼く人、ワイングラス、ビール、枝豆
最初は高価なBBQコンロに資金が回らず、隣に置いてあった2,000円程の七輪を購入。少ない炭で、何を焼いても美味しく仕上がるため、すっかり七輪のファンになりました。

火熾しに手間がかかりますが、遠赤外線をたくさん含む炭火と七輪の相性はバッチリ。その最強タッグぶりをご紹介します。

関連記事