焚き火に必要な7つ道具。目指せ、焚き火スト!

2019/01/23 更新

焚き火の道具は、キャンプを楽しむ上で必須の道具。なぜなら極上の時間を演出してくれる焚き火は、キャンプに欠かせないもののひとつだから。それには焚き火を快適・安全・スムーズに行うための7つ道具があると便利です。


アイキャッチ画像出典 : スノーピーク

焚き火の必需品&あると便利な道具

キャンプの楽しみの一つといえば「焚き火」。豪快に薪をくべて揺らめく炎を眺めるのは、キャンプの極上の時間ですよね。自宅の庭や公園などではなかなかできませんし、キャンプに行ったらぜひとも楽しんでほしいことの筆頭です。

でも焚き火をするにはいくつか道具が必要。こちらでは必ず用意しておいたほうがいいもの、あると便利な焚き火道具を紹介します。

焚き火台

これはぜひともご用意を。キャンプ場によっては地面で直接焚き火をしてもいい“直焚き火”がOKなところもありますが、数は限られます。この直焚き火を行うと、土の中のバクテリアが死滅して環境に影響があるとも言われています。そのため、焚き火台は必ず用意したいところ。
ITEM
スノーピーク 焚火台 M
美しい自然を壊さずに焚き火を楽しみたい。大地を炎から守るために焚き火台を使おう!直火禁止のキャンプ場でもコレなら大丈夫!

自作の焚火台やレンタルも良いですが、折り畳むことができ、収納時にかさばらないため、非常に重宝しています。



ITEM
ユニフレーム ファイアスタンドII
キャンプに行って、有るのと無いのとでは大違いなのが焚き火。暖が取れ、4脚スタンドを使えば料理にも使えます。しかもこのファイアスタンドIIは収納がコンパクトなので、トレッキング時でも持ち歩いて頂けます。

持ち運びはらくだし、見た目もシンプル、使い勝手もよいと三拍子揃って最高ですね。



ITEM
ロゴス 焚火台 バーベキューコンロ ピラミッドグリル EVO
焚き火、バーベキュー、ダッチオーブン料理、3つの楽しみがこれ1台でOK!

収納が非常にコンパクト。少人数でのキャンプならBBQもこれで十分です。焚火台としての利用も楽しめます。



ITEM
コールマン ステンレスファイヤープレイス3
たき火を楽しむのに最適なデザイン。料理もできるマルチユース焚き火台。空気の流れを作りやすく燃焼効率の高い井げた式ボディ。ハンドルを内側に倒せば鍋・フライパンを置くゴトクとして使用可能

雑誌で見かけ、ひとめぼれ。一度使用しましたが使いやすく、キャンプでのたき火ムード満点にしてくれる商品です。



その他の焚き火台についてはこちらの記事をチェック!
【焚き火】キャンプで炎を囲んで語り合おう!オススメ焚き火台26選。
焚き火台徹底比較!不動の人気4選



火バサミ・トング

焚き火の中に薪をくべたり、火力の調整を行ったり、なにかと出番の多い火バサミ・トングも用意しておきたいアイテム。焚き火の火元からの距離をとれる長めのもの、薪を挟むことができる強度の高いものがおすすめです。

ITEM
ユニフレーム 焚き火トング
全長約50cmで焚き火・炭火いじりが楽々なステンレス製トング!厚さ0.8mmなので丈夫で耐久性に優れています!

しっかりした構造で、大きな薪を挟んでも、まったくよれたりしません。
また、相当小さなものまで、上手に掴むことが出来ます。



ITEM
スノーピーク 火ばさみ
グリップ部分に竹の集成材を装着した、手になじみ扱いやすい火ばさみです。軽い力で木炭や薪を挟めます。

このお値段で買えるのもありがたいですね。もう一枚欲しい位です。


耐火グローブ

薪をくべたり、熱い鍋を持つなど、あると何かと重宝する耐火グローブ。革製のものが多くリリースされています。作業用の薄手のグローブではなく、厚手のものを用意しましょう。
ITEM
スタンコ 耐火グローブ
米の溶接業界から支持を得ているスタンコ社のグローブ。耐熱温度は約400度

アツアツに熱したスキレットをもっても、熱さをバッチリ防いでくれて、とてもよいです。



ITEM
スノーピーク ファイヤーサイドグローブ
スエード革製の耐火グローブ。インナーグローブは取り外して洗濯OKです

インナーの手触りが良いため、寒い時期はグローブを外さず
そのまま手袋感覚で使ったりもしています


鉈(なた)

焚き火をする際、太い薪にいきなり火を着けてもなかなか着火しません。そういう時は、薪を鉈で細く割って(裂いて)焚き付け用の細い薪を作るのがおすすめ。薪の断面に鉈を当て、トントンと地面に打ち付けて割っていきましょう。その時は鉈は素手で持ち、薪を持つほうの手にはグローブをして安全面に注意してくださいね。
ITEM
レジャー鉈 SGKN-3 剣型
枝打ち、薪割り用です。鋼付刃で切れ味抜群。

山仕事ではもう少し重くてもいいかな、キャンプの薪割りなら問題なし。



ITEM
ユニフレーム ちび鉈
越後刃物の伝統・経験・技術を終結。ひとつひとつ手作りだからこそ生み出された、切れ味・風合いをご堪能ください。

柄の長いライター

焚き付けに着火するときに役立つのが柄の長いライター。火から手元が少しでも離れている方が、火傷などの危険が少なくなりますよ。また通常のライターよりもターボタイプ、ガス充填式の方が風に強く火付きがよいのでおすすめです。
ITEM
ソト(SOTO) スライドガストーチ
火口が伸縮自在の強力耐風バーナー。カセットガスから充填OK

チャッカマンでは3日でダメになることもあるような状況で、ポケットに収まりやすいこのタイプを見つけて、とても助かっています。



ITEM
コールマン ジェットフレイムハンディライター
軽量、コンパクトで持ち運びに便利な充填式ジェットフレイムライター

かなり強力な炎が出ます。パイプの長さも十分だと思います。




ローチェア

焚き火タイムをゆったり過ごすためにはチェアが必須。チェアの高さは好みもありますが、焚き火の炎と目線が近いローチェアがおすすめ。火のそばに腰掛けながら薪をくべ、揺らめく炎を眺めて癒しの時間を過ごしましょう。
ITEM
ヘリノックス チェアワン
フラッグシップモデル「チェアワン」。フレームは分割式の超軽量アルミニウムポールを採用しているので、コンパクトに折りたたむことができます。


ITEM
カーミットワイドチェア
通常カーミットチェアよりワイドなサイズ。美しいフォルムが秀逸


ITEM
ブルーリッジチェアワークス チェアー
キャンプサイト、海岸等で快適に過ごせるチェアです。二つのパーツに分割し、かさばらずに携帯できます。


ITEM
ロゴス ナバホ ヒーリングチェア
ゆったり座れるローポジションタイプ。肘掛けにはドリンクホルダーも

リラックスするには大満足です。ただ、割と深くよりかかるのでロースタイル向きです。


火の粉に強い服装

アウトドアウェアなどに使用されている化学繊維は、火に弱いんです。焚き火のあとにウェアを見たら火の粉で穴があいていた……なんてよく聞く話。火の粉からウェアを守るためには、難燃素材のものやコットン100%素材のものを着用するようにしましょう。
でもさらにおすすめなのが、作業用の“つなぎ”を着てしまうこと。これなら多少穴があいても気になりません。焚き火中心で楽しむなら、思い切って“つなぎ”でキャンプを過ごしてみてはいかがでしょうか。
ITEM
パタゴニア キャンバス・フーディ
メンズ・ラインド・キャンバス・フーディ ワークジャケットからヒントを得たデザインで、酷使に耐える頑丈な10オンス・オーガニックコットン・キャンバスを使用しています。


[spacekey_affiliate_shortcode key=19]

ITEM
ディッキーズ つなぎ フィッシャー ストライプ
定番ディッキーズのツナギの中で、蒸れにくくするための特殊加工を施したヘリンボーン綾の柄が大人気! コットン100%特有の、少し重みのあるずっしりとした着心地!

着やすい!肌触りもよく色的も最高です!また、買いたくなる!!


さあ、存分に焚き火を楽しもう!

焚き火の道具をそろえている。
出典 : スノーピーク
こちらで紹介した7つ道具があれば、焚き火を存分に楽しむことができます。焚き火をスムーズに、快適に、安全に行うことが焚き火を思い切り楽しむコツ。7つの道具を手に入れて、焚き火キャンプへ出かけてみてくださいね。

Camp With Bonfire
キャンプは焚き火とともに

紹介されたアイテム

スノーピーク 焚火台 M
サイトを見る
ユニフレーム ファイアスタンドII
サイトを見る
ロゴス 焚火台 バーベキューコンロ ピラ…
サイトを見る
コールマン ステンレスファイヤープレイス…
サイトを見る
ユニフレーム 焚き火トング
サイトを見る
スノーピーク 火ばさみ
スタンコ 耐火グローブ
サイトを見る
スノーピーク ファイヤーサイドグローブ
サイトを見る
レジャー鉈 SGKN-3 剣型
サイトを見る
ユニフレーム ちび鉈
サイトを見る
ソト(SOTO) スライドガストーチ
サイトを見る
コールマン ジェットフレイムハンディライ…
サイトを見る
ヘリノックス チェアワン
サイトを見る
カーミットワイドチェア
サイトを見る
ブルーリッジチェアワークス チェアー
サイトを見る
ロゴス ナバホ ヒーリングチェア
パタゴニア キャンバス・フーディ
ワイルドシングス PLAID WAX C…
サイトを見る
ディッキーズ つなぎ フィッシャー スト…
サイトを見る

関連する記事

» スノーピークの高価買取なら買うトドア

» コールマンの高価買取なら買うトドア

» ヘリノックスの高価買取なら買うトドア

この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
CAMP HACK編集部

CAMP HACK運営&記事編集担当。ワカサギ釣りから始まり、登山キャンプ、SUP、カヌー、野草料理、ラジコン、360度カメラなど…キャンプを基地にして色んなアクティビティーに挑戦したい。

アウトドアのすべてを、ひとつのアプリで。

150以上のアウトドアメディアの記事や動画、3万枚以上のみんなの写真も見られる!
アウトドアの「知りたい!」「行きたい!」がきっと見つかる!
お気に入りの記事や写真を集めて、スキマ時間に素早くチェック!