ビギナーに春キャンプをおすすめしたい4つのポイント&注意点

初心者におすすめしたい春キャンプのいいところ4点と注意点をご紹介。春はキャンプデビューの季節。過ごしやすくなったアウトドアへ出かけてみませんか?お花見や旬の食材を使ったアウトドア料理、新製品の登場など春のキャンプシーンはお楽しみがいっぱい!


アイキャッチ画像出典 : Sunsetclimax

ワクワクが止まらない!春キャンプへGO!

春キャンプは手ぶらプランもおすすめ
出典 : 観光三重

キャンプと言えば夏のイメージが強いですが、じつはベストシーズンは春と秋。今回は春のキャンプに注目して、初心者にぜひおすすめしたい春キャンプのいいところと注意点を紹介します!

春キャンプのココがいい!4つのポイント

春キャンプの楽しみ方
出典 : 観光三重

まずはキャンプ初心者におすすめしたい、春キャンプのいいところ4点をご紹介!こんな楽しみ方があるんですよ!

①キャンプデビューにぴったり!

お花見キャンプも楽しい出典 : 成田ゆめ牧場

寒すぎず、暑すぎない気候の春はキャンプデビューにぴったりの季節!キャンプ場が一番賑わうのは長期休暇がある夏ですが、かなり暑いのでテントを設営するだけでもヘトヘト。夜は暑さで眠れないことも。人も虫も多い季節です。けれど春は虫も少なく、人も夏ほど多くはなく快適に過ごせます。



テント設営講習会に参加してみては?

アウトドアメーカーやショップではキャンプ未経験者を対象にしたキャンプイベントやテント設営講習会なども開催しているので、参加してみるのもいいですね。

ただし春のキャンプは寒暖の差もあるので、防寒対策はきちんと行いましょう。(防寒対策については後述します)

★こちらもCHECK!→「キャンプ初心者必見!デビューを成功させるキャンプ場の選び方!

②景色がいい!花見がいい!

桜がキレイなリバーランズ角川出典 : リバーランズ角川

春キャンプはお花見が楽しい出典 : イレブンオートキャンプパーク

春の景色を楽しむ代表格といえば、お花見!桜はもちろん、さまざまな花が咲く景色を眺めながらのキャンプは気分も華やかになるものです。キャンプ場によっては桜の木下でキャンプができるところもあるので、探してみてはいかがでしょう?



春の野山を歩くのも楽しい
出典 : 栃ナビ!

また木々の芽吹きを感じたり、遠くの山の冠雪を眺めながらのキャンプも春ならでは。キャンプ場によってはガイドツアーを行っているところもあります。過ごしやすい気候の中で自然の移ろいを感じてみるのはいかがですか?

★こちらもCHECK!→「【桜シーズン到来】花見キャンプを楽しむ!花見スポット10選。

③春の味覚を使ったアウトドア料理に舌鼓!

春キャンプは旬の味覚でアウトドア料理
出典 : 安比高原

フキノトウにたらの芽、こごみや山ウドなどの山菜のほか、タケノコ、タマネギ、キャベツにアスパラガスなどなど、春に旬を迎える野菜も盛りだくさん!魚介ならメバルやサヨリ、アサリ、ホタルイカなどもおいしい季節です。

せっかく郊外のキャンプ場に出かけるのだから、ご当地の味覚を手に入れて、おいしいアウトドア料理に挑戦してみましょう。外で調理するのってけっこう楽しいものなんですよ!

タケノコごはん・醤油バター味

春キャンプでタケノコごはん
出典 : コールマン

タケノコとベーコンを炒めてからダッチオーブンで炊き上げる、洋風ごはん。香ばしい香りが食欲をそそります!
詳しいレシピはこちら





あさりとコーンのクリームスープパスタ

春の食材、あさりでアウトドアクッキング
出典 : コールマン

あさりとスイートコーン缶をメインで使ったやさしい味わいのパスタ。お昼ごはんにもぴったり。
詳しいレシピはこちら

★こちらもCHECK!→「春キャンプ料理】旬の食材で春を感じるキャンプレシピ16選。

④キャンプの新製品が続々!

春はキャンプ用品の新製品が続々
春はアウトドアブランドの新製品が一斉に発売!これからキャンプ道具を揃えようと思っている人は、新製品か定番ギアか選択肢が広がります。どちらを選ぶかは悩みどころではありますが、そんな悩みもまた楽しいもの。思い切って最新機能のギアを揃えてみるのもいいかもしれません。新作ギアがきかっけで、近隣キャンパーと話が盛り上がるかもしれませんよ!

★こちらもCHECK!→「2016年新作テント総まとめ!大人気ブランドが大集合!
★こちらもCHECK!→「2016新作焚き火台厳選5台、徹底特集!


春キャンプの注意点は2つ!

春キャンプは寒さに注意
出典 : ロゴス

日中は過ごしやすい気候ですが、夕方から朝にかけてかなり冷え込むのが春キャンプ。寒暖の差が激しいので、下記の点を注意しましょう。

①防寒対策をしっかりと!

冬用の防寒着や中に着込める長袖のインナーを必ず用意しておくこと。気温によって脱ぎ着して体温を調整しましょう。またブランケットも用意しておくと重宝します。焚き火や温かい料理を作って、体の芯から暖める工夫もお忘れなく。

②標高の高いキャンプ場は避ける

春キャンプは標高の低いキャンプ場がおすすめ
出典 :九十九里浜シーサイドオートキャンプ場

山間部のキャンプ場では春でも雪が降ったりと気温が氷点下まで下がることもあり、初心者のキャンプにしてはかなりハードルが高くなってしまいます。

標高が低いキャンプ場を選ぶのが◎。サイトも林間よりは日の当たる草原サイトなどがベストです。


さぁ、春キャンプに出かけてみよう!

過ごしやすく快適な春キャンプが楽しい

出典 : PR TIMES

日中過ごしやすく、景色や食材など自然の恵みもたっぷりな春キャンプ。寒暖の差に気をつければ、とても気持ちよく過ごせます。春の空気を楽しみにキャンプ場へ出かけてみましょう!

 

Spring Camp Is Fun!
春キャンプが楽しい!

 

関連する記事

DSC_0850
この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
CAMP HACK編集部

CAMP HACK運営&記事編集担当。キャンプに行きたいけど、なかなか行けていないのが今の悩み。編集しながら、こっそり今年はどんなキャンプスタイルをするか模索中。今年の目標は、いくつかギアを新調して思いっきりキャンプを楽しむこと。

公式プロライター

  • A-suke
  • 小雀  陣二
  • SAM & 沖田雅生
  • 写風人
  • 平 健一
  • Takamatsu Misato
  • YURIE