この穴の使い方、予想外!究極の“癒し系”鉄板「グリルプレート ぽたり」をレビュー

2021/06/24 更新

ビッグフォレスト「グリルプレートぽたり」は、穴のあいたユニークなつくりでヘルシーな焼き肉が楽しめる便利な鉄板。それだけじゃなく、まさかの癒し効果も得られる画期的アイテムなんです! これは気になるということでさっそく入手、実際に使ってみて2段階で癒されてみた様子をご覧ください!

アイキャッチ・記事中画像撮影:筆者

おもしろい鉄板、見つけちゃいました

グリルプレートぽたり こちら一見何の変哲もない手軽な鉄板のようですが、これがちょっとおもしろいアイテムなんです。鉄板のフチをよ~く見てみると……

鉄板に穴が開いている!

真四角な鉄板の端に小さい穴が空いていますが、これは一体何のため? と言いつつ「グリルプレートぽたり」という商品名から、もうなんとなく想像がついたという勘の鋭い方もいるかもしれませんね。

じつはこれ、おいしくヘルシーなキャンプ飯を味わいつつ癒しも得られるというユニークなアイテム。今回はそんな気になる「グリルプレート ぽたり」の魅力を、実用レビューでご紹介します!


「グリルプレート ぽたり」とは?

「グリルプレートぽたり」は、老舗の鋳物製造メーカーである大森鋳造所がプロデュースするブランド・ビッグフォレストの製品。熟練の職人さんが1つ1つ丁寧に作り上げるアイテムは品質にも定評があり、信頼の厚い国内メーカーです。



今回の鉄板も期待大! さっそく開封していきましょう。

グリルプレートぽたり 届いたパッケージがこちら。「直火OK」のほか「キャンドル付」など気になるワードがありますが、これはもしや……? と、ここは後半のレビューを楽しみにしていただいて、まずは中身を確認していきましょう。

グリルプレートぽたり 入っていたのは鉄板と・紐つきの小皿・収納袋・取扱説明書。漆黒のプレートに真鍮のハンドルが無骨でいい感じです!

グリルプレートぽたり ハンドルは簡単に折りたためてコンパクトに収納でき、ソロキャンプやサブ用の鉄板として持って行くにも便利。収納袋も付いているので、衛生面も安心です。

サイズと重さは?

グリルプレートぽたり
プレート本体は厚さ約2cmでサイズは200×170×25mm、ハンドルを広げた状態だと全長345mmほどです。

グリルプレートぽたり
重量は756gとこのサイズの鉄板としては軽めなのですが、じつはそのヒミツは素材に。

軽いのは、珍しい“アルミ製鉄板”だから!

グリルプレートぽたり
鉄板は鉄製で重たいものが一般的ですが、「グリルプレートぽたり」は軽量かつ錆びにくいアルミニウム製。持ち運びやメンテナンス面でのメリット以外にも、蓄熱性や熱伝導率が高いため食材が簡単に美味しく焼き上がるのもポイントです。

ここまででもうすでにキャンプ用鉄板として優秀な気配が漂いますが、この鉄板最大の特徴は他にあるんです! ここからは実際に使ってみたレビューで、その魅力を詳しくお伝えしていきますよ。
ITEM
BIG FOREST グリルプレートぽたり
●本体サイズ:200×170×25mm(プレートサイズ)345×170×25mm(取っ手使用時)
●キャンドルサイズ:68×68×25mm
●本体重量:約850g
●本体材質:プレート・アルミニウム
●取っ手真鍮表面仕上:プレート・フッ素樹脂コーティング
●キャンドル重量:約80g
●キャンドル材質:アルミニウム

「グリルプレートぽたり」最大の魅力はコレ!

計算された傾斜と穴で余分な油をカットしてくれる


横から見ると表面はフラットではなく中央にくぼみがあり、さらに穴に向かって微妙に傾斜がついているのがわかります。これは蜘蛛の巣のように張られた溝を伝って、食材を焼いたときに出る余分な油が穴から落ちるよう工夫された設計なんです。
グリルプレートぽたり だとすると付属の小皿は、穴から落ちてくる油の“受け皿”的な役割を果たすというわけですね。

グリルプレートぽたり では実際に油がちゃんと取れるのか、さっそく試してみます。今回は豚のバラ肉でサムギョプサルに挑戦!


肉の油が“ぽたり”してきた

グリルプレートぽたり 穴の真下に小皿をセット。片面を焼くとじゅわ〜っと油が滲み出てきて、中央の溝に溜まり始めました。両面を焼く頃には穴へと流れ落ちていき、受け皿にどんどん溜まっていきます!



1口サイズを2枚焼いただけでこの油の量! 肝心の味は抜群に美味しく、油が落とされヘルシーだということが目で確認できたのも嬉しかったです。

フッ素樹脂コーティングでお手入れも楽チン

グリルプレートぽたり 鉄板というと使った後の掃除のしやすさも気になるところ。説明書には「完全に冷めてから洗うよりも、少し温かい状態の方が簡単に汚れを落とすことができる」と記載がありました。

アルミ製だけに熱が残った状態で水にかけると変形してしまうのでは? と少し心配でしたが、結果まったく問題なし! スポンジで簡単に汚れを落とせました。

グリルプレートぽたり
表面は油や水を弾き焦げ付きにくいフッ素樹脂コーティングが施されているため、時間が無いときはキッチンペーパーでサッと汚れや油を拭き取って新聞紙やキッチンペーパーで包んでおくこともできます。

持ち帰ってからしっかり洗って乾かすようにすれば、キャンプの撤収時も手軽ですね。

グリルプレートぽたり
そして忘れてはならないのがこちら。罪悪感なくヘルシーにお肉を味わった後は、コレでさらなる癒しタイムと行きましょう!

なんと!溜まった油はオイルキャンドルに使える

グリルプレートぽたり 受け皿と紐の正体について、もうおわかりでしょうか? そう、「グリルプレートぽたり」は溜まった油をオイルキャンドルとして楽しめるという、どこまでも新しい発想の鉄板でもあるんです。



油が溜まった受け皿に芯をセットして、十分に油が浸み込んだら着火します。

優しい炎に癒される

グリルプレートぽたり お腹も満たされ、ほんのり優しい炎とともに癒されるひととき。ヘルシーかつエコで2度楽しめるとは、この事だったんです!
グリルプレートぽたり ちなみに芯の先端が黒く焦げてしまったら、ハサミで平らにカットします。替えの芯も販売されているので、何度も楽しめますよ。

ITEM
BIG FOREST グリルプレートぽたり
●本体サイズ:200×170×25mm(プレートサイズ)345×170×25mm(取っ手使用時)
●キャンドルサイズ:68×68×25mm
●本体重量:約850g
●本体材質:プレート・アルミニウム
●取っ手真鍮表面仕上:プレート・フッ素樹脂コーティング
●キャンドル重量:約80g
●キャンドル材質:アルミニウム
ITEM
グリルプレート ぽたり キャンドル替え芯
●2本組


この新発想の鉄板はぜひみなさんにも楽しんでいただきたいのですが、その前に実際使ってみて「注意が必要だな」と感じたこともあったので、お伝えしておきます。

「グリルプレートぽたり」を使ってみて気になったこと

ハンドルは高温注意

グリルプレートぽたり 焼いている最中、ハンドルがかなり高温になります。同時に受け皿も熱くなるので、耐熱グローブをはめるなど火傷しないように注意しましょう。

受け皿がわりと小さい

グリルプレートぽたり 焼く肉の種類や量にもよりますが、油が多いと受け皿には入りきらないためもう一回り大きい器があると安心。溜まった油は冷めると白く固まるので、キッチンペーパーや紙パックなどに包んで処分しましょう。

オイルキャンドルは、油の入れすぎと芯の出しすぎに注意

グリルプレートぽたり オイルキャンドルを使用する際は、芯を長く出しすぎると火も大きくなるので要注意。油量は内側の線まで、白灯油・ガソリンはNGなど取扱説明書の特記事項を守って楽しみましょう。

キャンプで“ぽたりブーム”が来る予感?

グリルプレートぽたり お肉の余分な油をキャンドルとして無駄なく再利用できる、画期的な「グリルプレートぽたり」。焼いている間に滴り落ちる油を眺めるのも、オイルキャンドルの炎に癒されるのも、これ1台で叶います。

ぜひ一度キャンプで試してみてはいかがでしょうか?

紹介されたアイテム

BIG FOREST グリルプレートぽた…
BIG FOREST グリルプレートぽた…
グリルプレート ぽたり キャンドル替え芯
サイトを見る
\ この記事の感想を教えてください /
GOOD! BAD

関連する記事

この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう

クリエイターズユニットCAMMOC/ライター・キャンプコーディネーターとして活動。当時父親が愛用していたギアを受け継ぎ、現在2人の子供と週末キャンプ育。キャンプのある暮らしを発信中。 Instagram@___a.y.a.k0uchi__