CAMP HACK[キャンプハック]


サイドオーニング

【設備がスゴイ!】最高級クラスのバンコンでキャンプへ行ったら快適すぎた!そこで気になった2つのこと

0

ここ最近人気を集めているバンコンは、商用車をキャンピングカー仕様にしたクルマ。今回は、それを筆者がレンタカーショップからお借りして実際に使ってみました。使用や楽しみ方、気になった点などを紹介します。これからバンコンを利用するときの参考にしてみてください!

小川 迪裕


アイキャッチ画像撮影:筆者

人気急上昇の「バンコン」で実際にキャンプをしてみた

バン・コンバージョン
撮影:筆者
キャンプ場で、ここ最近バンコン(バン・コンバージョン)を見かけるようになりました。

ひと昔前まではキャブコン(キャブ・コンバージョン)が主流でしたが、ハイエースタイプのバンシャーシは駐車場の問題も高さの問題も解決し、市民権を徐々に獲得しつつあります。

そんなバンコンを筆者がレンタルし、実際に乗ってみました。スペックから魅力、そして気になるところまで広くご紹介します!

今回使用したのはこちらのバンコン!

ハイエースタイプの「プレシャス」
撮影:筆者
今回乗ったのは、ハイエースタイプの「プレシャス」というシリーズ。バンコンの中では高級クラスに入り、電動開閉式ルーフテントやシンクなど様々な装備が搭載されている、今人気のクルマなんだとか。

レンタルの料金について

東京キャンピングカーレンタルセンター
撮影:筆者
まず料金についてですが、お借りした「東京キャンピングカーレンタルセンター(CRC)」では以下の4シーズンで料金が変わってきます。

平日は24時間21,000円、週末(金土日・祝日)は26,000円、長期休暇があるハイシーズンは37,000円、さらに連休のプレミアシーズン(GWの5月2日5日、お盆の8/月1017日)は49,450円。

予約はインターネットで行い、支払いはすべてクレジットカード払い。あんしん補償サービスは任意で加入ができます。

「プレシャス」をキャンプで体験!魅力や機能をまるまるお伝えします

それでは、実際のキャンプでバンコンタイプのキャンピングカーを使ってわかった特徴や魅力をご紹介します。

関連記事