お値段約5,000円!常識を打ち破るYETIのバケツ「ロードアウト」が最強らしい

頑丈なクーラーボックスの代名詞存在YETI(イエティ)から、なんとそのタフさが受け継がれたバケツが登場!その名も「ロードアウト」、耐久性・デザイン・価格すべてにおいてバケツの常識を覆すスペックは想像以上。アッと驚く活用例も飛び出しますよ!


アイキャッチ画像出典:Instagram by @ soo1979
※記事内価格表記は、YETI公式サイトの日本円価格に基づきます。

あのYETIから、とうとうバケツが登場

出典:YETI
タフなクーラーボックスでおなじみのアメリカのブランド「YETI(イエティ)」に、バケツがあるのをご存知ですか?

2017年に発売され、日本のキャンパー間でもYETIファンを中心に話題になっています。

YETIといえば……

出典:A&F
数々の伝説を持つYETI、ハードクーラーにおいては「入れた氷は一週間経っても溶けない」「熊に襲われても壊れない」や……

A post shared by YETI (@yeti) on

ソフトクーラーですら、こんな漂流の事態にも耐えられるタフっぷり。

そんなYETIスピリッツを継承したバケツとなれば、これは期待が膨らみます!


どうやら、スゴイらしい

YETIのバケツ「LOADOUT(ロードアウト)」は、いろいろな意味で予想を裏切らないハイスペックぶり。そんなレジェンダリーなバケツを、徹底チェック!

バケツが約5,000円!さすがYETI、そのワケは?

破壊不可能なほどに頑丈

出典:YETI Facebook
本来YETI製品は、狩猟や釣りなどよりハードなアウトドアに使われること前提で、とても頑丈に造られています。バケツも然りで、重さは本体だけで約2.6kg。

公式サイトに「事実上破壊することはできません」という記載があるほどで、一般的なプラスチック製のバケツとは、もはや別物です。

やっぱりカッコいい!

A post shared by Yusuke (@soo1979) on

YETIといえば、インダストリアルなこの見た目も大きな魅力ですね。バケツにもこのテイストが踏襲されています。


 
出典:GEARJUNKIE
カラーはチャコール・ホワイト・タンに、ターコイズブルーに近い色味のシーフォームの4色。いずれも自然になじむアースカラーで、特にミリタリーテイストのギアとの相性は抜群!

同色のクーラーと揃えれば、圧倒的なオーラが期待できます。

オプションが、またイイ

出典:YETI
よりタフに使える各種オプションも充実しています。釣行時に便利な専用のフタは、蜂の巣のようなハニカム構造を採用しており、衝撃に耐える強度が図られています。

出典:YETI
強力に密閉できる防水仕様なうえに、取り外しはスムーズという見事なアウトドアユース。フタだけで約3,500円という価格にも納得!?

出典:YETI
そしてこちらは、仕切り。ガストーチやナイフなど、キャンプまわりの小物を入れておくのにも便利そうです。

A post shared by YETI (@yeti) on

オプションパーツがあれば、本来のバケツとしてだけでなく用途の幅が広がりますね。ちなみにお値段、約2,500円です。

出典:YETI
いち早くYETIのバケツを入手したキャンパーの多くがセット買いしているのが、このベルト。弾帯ベルトを思わせるこのルックス、ミリタリー好きにはガッチリはまりそうです!

ポケット付きで、グローブなどの小物もカッコよく持ち運べます。こちらはお値段、約4,500円。

ITEM
イエティ ロードアウト ファイブガロン バケット
●サイズ : 上直径33.0×高さ41.0×底直径26.5cm
●カラー:ホワイト・シーフォーム・デザートタン・チャコール
ITEM
イエティ ロードアウト リッド
ITEM
イエティ ロードアウト キャディ
ITEM
イエティ ユーティリティ ギアベルト

YETIのバケツなら、もはやどう使ってもアリ!

カッコよくて機能面も文句なしというこのバケツ、実際どんな風に使えるのでしょうか? 続いてはYETIだから成立する、そんな使用シーンが登場!

さり気なく、薪入れとして

A post shared by jivejive (@jivejive) on

頑丈さと見た目のカッコよさをフル活用したいYETIのバケツ。薪を入れておけばこの通り、サイトの雰囲気5割増し!

お魚をダイレクトイン

出典:YETI
公式サイトには「万が一に備えるフードコンテナとしてもOK」と書かれています。バケツなので保冷力はありませんが、釣った魚を入れちゃうのもアリの模様。


料理の下準備に

こちらは、よ~く見ると丸鶏が完全に漬け込まれています。だんだんとバケツの域を超えてきましたね……。

おやつも入れちゃう?

A post shared by M.R.Ducks (@m.r.ducks) on

大量のお菓子が、ドッサリと! 容量5ガロンは、約19L。子供が喜ぶおやつのつかみ取りも余裕です。

贅沢に、ワンちゃんグッズを収納

A post shared by YETI (@yeti) on

YETIなら、ペットがハードに扱っても問題なし。当のワンちゃんは値段を知る由もないですが、何とも贅沢です。

後半から「YETIのバケツじゃなくても良くない……?」という声も聞こえてきそうですが、それも含めいろいろな意味でYETIは最強です!

最強バケツ部門も、YETIに決定

出典:YETI
最強ブランドYETIは、バケツも最強でした。もちろん座ってもビクともしません。持っているだけで注目を集めるこのバケツ、YETIクーラーのユーザーも増えてきた今、周りと差をつけるならコッソリ入手しちゃいましょう!

クーラーとバケツだけじゃない

クーラーボックスのブランドというイメージが強いYETIですが、実はバッグやアクセサリー類もあります。YETIのあのテイストが好きなら、ドリンクホルダーも要チェック!

YETI,Such A Legendary Buckets!

イエティバケツは伝説級!

関連する記事

この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
fujii mio

酒とキャンプとロックがガソリン。7歳と5歳の珍獣系の息子たちに振り回される日々のなか、キャンプのタイミングを虎視眈々と狙う。このたびめでたく新しいテントを購入!

公式プロライター

  • YURIE
  • 平 健一
  • 写風人
  • Takamatsu Misato
  • SAM & 沖田雅生
  • 小雀  陣二
  • A-suke
  • 長谷部 雅一
  • 八幡 暁
  • 風森 美絵
  • カノウ ヒナタ

キャンプスタイル写真

     

    LINEでCAMP HACKをもっと手軽に。

    最新のキャンプギアやキャンプ場情報などをキャンプに関する情報を毎日配信!
    LINE友達限定の毎月当たるプレゼントキャンペーンも開催中!