キャンピングカー情報総まとめ!興味があるならこの10選は要チェック

ザ・キャンピングカーのキャブコンについて紹介!興味があるなら見ておきたいキャンピングカーを厳選しました。他にも、軽キャンピングカーやハイエースキャンピングカー、トイレ事情や内装、レンタルについてなどもまとめています。キャンピングカー好きならチェックしよう!


アイキャッチ画像出典:バンテック

キャンピングカーといってもタイプが色々ある!

キャンピングカーと湖 キャンプ場や道の駅で見かけるキャンピングカー。テントの設営が不要であったり、道の駅でも手軽に宿泊が出来たりと活用の幅が広がっています。テント、コテージのキャンプを経験したら次のステップではキャンピングカーにも挑戦したいと思う方は多いはず。

しかし、一口にキャンピングカーと言っても、バスコン、キャブコン、バンコン、軽キャンなど様々なタイプがありますが、ここでは、キャンピングカーの代名詞と言える「キャブコン」についてご紹介します。

収容人数や大きさ、広さからどんなタイプ、車種のキャンピングカーが自分のスタイルにピッタリなのか確認してみてくださいね。

【キャブコン】ZIL(ジル)

キャブコン ジル
出典:バンテック ジル リビング
ジル ベット展開時 シリーズ累計販売台数3,500台を超え、キャブコン型キャンピングカーの代名詞ともいわれるジル。ベース車両には、キャンピングカーのベース専用車両として開発されたトヨタカムロードを採用。室内設備用バッテリーが設置されているほか、その走行中の充電が安定するよう大容量オルタネーターも装備。

また、長距離ドライブを想定した燃料タンクの大型化や、カーナビ端子の追加など、キャンパーにとって不可欠な装備がしっかりと強化されているので、これまでよりも快適なキャンプを体験できます。また、インテリアは明るい木目と輝きの白を組み合わせた家具とアイボリーの生地のコラボレーションでリラックスできる室内空間が自慢です。

<ジルのスペック>

ベース車両:トヨタ・カムロード
最高出力:98Kw(133ps)/ 5600rpm
最高トルク:182N-m(18.6Kg-m)/4000rpm
トランスミッション:電子制御式4速オートマチック
全長(mm):5,160
全幅(mm):2,110(サイドオーニング含)
全高(mm):2,940
燃料タンク容量(L):80
乗車定員/就寝定員:7/5(2WD/ガソリン)、7/5(2WD/ディーゼルターボ)、6/5(4WD/ディーゼルターボ)
新車価格:¥7,905,600~

【キャブコン】Cyda(シーダ)

キャブコン シーダ シーダ リビング
出典:バンテック シーダ キッチン
キャブコンのなかでもジルのベース車両のカムロードに比べ一回り小さいボンゴトラックをベース車両に採用。キャブコンでありながら、小回りが利く取り回しのしやすさがコンパクトキャブコン、シーダの特長です。

外見は小さく見えても屋内の装備は充実。リビングの中心には、コンパクトキャブコンでありながらジルと同等サイズの広いテーブルが設置されており、天井にはLED間接照明を多く採用し、優しい灯りが室内に広がります。

また、ソファーにはコンパクトな室内を考慮し、収納できる可動式肘掛けを採用、肘掛け収納時はシートとフラットになるため、ソファを広く使うことができます。テーブルを取り外しクッションを並べれば、ソファ全体をフラットシートにすることも可能。コンパクトながら利便性も高いのが特徴です。

<シーダのスペック>

ベース車両:マツダ ボンゴトラック GL
最高出力:75Kw<102ps>/5,300
最高トルク:147N-m<15.0Kg-m>/4,000
トランスミッション:5速オートマチック
全長(mm):4,860
全幅(mm):1,950
全高(mm):2,820
燃料タンク容量(L):58
乗車定員/就寝定員:7/4
新車価格:¥5,378,400~

【キャブコン】クレア EVOLUTION

クレアエボリューション エクステリア
出典:ナッツ
クレアエボリューション インテリア
出典:ナッツ
クレアエボリューション リアベットスペース
出典:ナッツ
クレアエボリューションのベース車両には、キャブコンのベース車両として使い勝手の良さで定評のあるトヨタカムロードが採用されています。2WDモデルのリヤタイヤにはシングルタイヤを採用しているため、前後輪のタイヤローテーションができるのでタイヤとお財布に優しい。

機能面では電気を多用するキャンピングカーには嬉しいエボリューションシステムにより、アイドリングのみでもエアコンを稼働させることが出来たり、メインバッテリーが上がっても、サブバッテリーにスイッチ一つで切り替えてエンジン始動が可能になるなど、万一の時にも役立つ機能が特徴です。

<クレアエボリューションのスペック>

ベース車両:トヨタ・カムロード
最高出力:98Kw(133ps)/ 5600rpm
最高トルク:182N-m(18.6Kg-m)/4000rpm
トランスミッション:電子制御式4速オートマチック
全長(mm):5,190
全幅(mm):2,070
全高(mm):2,910
燃料タンク容量(L):80
乗車定員/就寝定員:6/5(5.3X,5.3W,5.3Z)
新車価格:¥7,716,708~

【キャブコン】ZEFIRO(ゼフィーロ)

ゼフィーロ エクステリア
ゼフィーロのダイニング
 
ゼフィーロ キッチン フィアットデュカトをベース車両に採用した中型クラスのキャンピングカー。デザイン性・独創性・信頼性が高く、幅広いユーザーに支持されているモデルです。

広々としたリビングルームも魅力の一つですが、運転席と助手席を回転させることで、運転席がリビングと一体化するのも特徴的。キッチンはシンクとコンロがL字型に配置されていて、限りあるスペースを有効活用できるようにデザインされているところも好印象。

コンロについては、コンパクトながらも3口あるので、少し手の込んだ料理も自宅で料理しているかのように利用できるのが良いですね。

 <ゼフィーロのスペック>

  • ベース車両:フィアット デュカト
    最高出力:96Kw / 3,600rpm
    最高トルク:320N-m / 1,800rpm
    トランスミッション:6AT
    全長(mm):5,990
    全幅(mm):2,350
    全高(mm):2,950
    燃料タンク容量(L):90
    乗車定員/就寝定員:4/4
    新車価格:¥7,992,000~

【キャブコン】クレソン ボヤージュ

クレソン ボヤージュ
出典:ナッツ
クレソン ボヤージュインテリア
出典:ナッツ
クレソンボヤージュ インテリア
出典:ナッツ
常設のダブルベットと対面ダイネットが特徴的なクレソンボヤージュ。このキャンピングカーは、ベース車両にキャンピングカーのベース車両としては定番のトヨタ・カムロードを採用しているので、電化製品の多用にも耐える大容量のサブバッテリーや、長距離走行に対応した大容量燃料タンクの採用などの基本性能を備えています。

常設のダブルベットは大人二人が余裕で横に慣れる広さ、そして、対面ダイネットは、通常でも4名。補助椅子を利用すれば5名が利用できるのでシンクの備わったキッチンと合わせて使用すればファミリーでのキャンプも楽しそうです。

<クレソンボヤージュのスペック>

ベース車両:トヨタ・カムロード
最高出力:98Kw(133ps)/ 5600rpm
最高トルク:182N-m(18.6Kg-m)/4000rpm
トランスミッション:電子制御式4速オートマチック
全長(mm):4,990
全幅(mm):2,070
全高(mm):2,910
燃料タンク容量(L):80
乗車定員/就寝定員:7/6
新車価格:¥5,482,188~

【キャブコン】マッシュXX

マッシュ エクステリア
出典:ナッツ
マッシュ インテリア
出典:ナッツ
マッシュ インテリア
出典:ナッツ
マッシュXXはマツダのボンゴトラックをベース車両に採用したキャンピングカー。同じくキャンピングカーのベース車両として人気の高いトヨタのカムロードに比べ、ホイールベースが約30㎝短く小回りが効くコンパクトさと、マルチルームが省略されているのが特徴です。

トイレは要らないというユーザーのニーズに応えたトイレを省略した仕様のためコンパクトながら余裕のあるレイアウトとなっており、大人二人が余裕で横になれる常設ベットルームのほか、補助いすを使用すれば最大5名で利用できる対面ダイネットがおすすめポイントです。

<マッシュXXのスペック>

ベース車両:マツダ ボンゴトラック
最高出力:102ps/5300rpm
最高トルク:15.0kg-m/4000rpm
トランスミッション:4速AT
全長(mm):4,870
全幅(mm):2,000
全高(mm):2,700
燃料タンク容量(L):58
乗車定員/就寝定員:6/大人4名+子供1名
新車価格:¥4,786,560~

【キャブコン】アンセイエ

ミスティック アンセイエ エクステリア ミスティック アンセイエ インテリア ミスティック アンセイエ キッチン クラシカルな雰囲気の中にも先進的な機能を搭載したアンセイエ。ベース車両にはキャンピングカーのベース車両としては定番のトヨタ・カムロードを採用しています。

機能面ではキャンプに必要な要素をベースとして、災害時にシェルターの役目も果たせるキャンパーを意識して開発されています。ソーラーパネルによる蓄電や走行して発電しバッテリーに蓄電。そして家に帰って電力の余裕のある時には外部電源を入力してバッテリーを充電し蓄電する3種類の充電方式を採用しているのもその具体例です。

快適に常時エアコンを利用できる環境も当然持ち合わせていて快適なキャンプに最適な一台です。

<アンセイエのスペック>

ベース車両:トヨタ・カムロード
最高出力:98Kw(133ps)/ 5600rpm
最高トルク:182N-m(18.6Kg-m)/4000rpm
トランスミッション:電子制御式4速オートマチック
全長(mm):4,985
全幅(mm):1,980
全高(mm):3,000
燃料タンク容量(L):80
乗車定員/就寝定員:7/5
新車価格:¥6,626,000~

【キャブコン】アミティ

アミティー エクステリア
出典:AtoZ
アミティの内装
出典:AtoZ
アミティのベット
出典:AtoZ
アミティは、マツダボンゴトラックをベースに採用したコンパクトキャンピングカー。ホイールベースの短さから小回りの利く取り回しのしやすさが特徴の一台です。また、このアミティは、利用シーンに応じて選べる4種類のレイアウトが用意されているのが特徴です。

夫婦2人がゆったりくつろげるレイアウトから空間利用を最大限活かした家族6名が就寝可能なレイアウトまで自分の利用シーンを想像しながら選べる楽しさがあります。また、4種類のレイアウトのほか、6種類のインテリアも用意されていて心地よい自分好みの空間作りも合わせて楽しめます。

<アミティのスペック>

ベース車両:マツダ ボンゴトラック
最高出力:75Kw<102ps>/5,300rpm
最高トルク:147N・m<15.0kg-m/4,000rpm
トランスミッション:CAT
全長(mm):4,690
全幅(mm):1,950
全高(mm):2,770
燃料タンク容量(L):58
乗車定員/就寝定員:6/6(AMITY),6/4(LX),8/4(LE),4/4(SPEND)
新車価格:¥4,126,680~

【キャブコン】ヴォーン EXCLUSIVE

ヴォーン エクスクルーシブ ヴォーン インテリア ヴォーン インテリア ヴォーンエクスクルーシブはヴォーンシリーズに仲間入りした装備、インテリアのハイグレードバージョンです。

アイドリング4〜5時間だけで大容量サブバッテリーの充電量がほぼ復活することを可能にした革新的な急速充電システム「Evolutionシステム」を搭載しているのが最大の特長。走行中にオルタネーターからの出力をサブバッテリーに直接充電する充電強化策が施されているので、充電時間が短時間となり使い勝手が向上しています。

真夏にも気兼ねなく常時クーラーを使用できるおすすめ機能です。

<ヴォーンのスペック>

ベース車両:トヨタ・カムロード
最高出力:98Kw(133ps)/ 5600rpm
最高トルク:182N-m(18.6Kg-m)/4000rpm
トランスミッション:電子制御式4速オートマチック
全長(mm):5,190
全幅(mm):2,100
全高(mm):2,860
燃料タンク容量(L):80
乗車定員/就寝定員:7/6(2WD),6/6(4WD)
新車価格:¥7,646,400~

【キャブコン】コルドランディ

子ルドランディ エクステリア コルドランディ インテリア  子ルドランディ インテリア トヨタ・カムロードをベース車両としたコルドランディ。多数の家電製品の使用にも耐えうる大容量バッテリーや、長距離ドライブに適した大型燃料タンクの採用など基本性能は安定しています。

インテリア面では、ペットと旅行することを考えられた様々な設備と、数々の充実な装備を備えていることが特徴。ペット同伴が可能な施設が限られる中、行き先を選ばずに行動出来る点は大切なペットと何処へでも一緒に出かけたいと思う方には最高の一台となってくれます。ペットとともに快適空間を過ごしたい方におすすめ!

<コルドランディのスペック>

ベース車両:トヨタ・カムロード
最高出力:98Kw(133ps)/ 5600rpm
最高トルク:182N-m(18.6Kg-m)/4000rpm
トランスミッション:電子制御式4速オートマチック
全長(mm):4,995
全幅(mm):1,980
全高(mm):2,960
燃料タンク容量(L):80
乗車定員/就寝定員:6/4
新車価格:¥6,544,800~

軽キャンピングカーならこの記事をチェック

ダイハツクラフトのアトレー楽旅 軽自動車も侮れない! 軽トラックの荷台部分への架装やワンボックスタイプの内装の改造など軽自動車でもレイアウト次第で快適なキャンピングカーを作ることが可能。よりリーズナブルにキャンピングカーを調達したい方におすすめです。

ハイエースキャンピングカーならこの記事をチェック

32 ワンボックスで絶大な人気を誇るトヨタ・ハイエース。そのままでも居住性の高いハイエースをキャンピングカーに改造すれば、街乗りでも違和感なく使用できてキャンプでも大活躍する一台になること間違いなし! 手軽にキャンピングカー生活を始めたい方は是非チェックしてみてください。

キャンピングトレーラーならこの記事をチェック

キャンピングトレーラー CARADO キャンピングトレーラーは、キャンピングカーと違ってキャンプの時以外は切り離しておけるのがメリット。見た目以上に取り回しも楽。気になる維持費も任意保険料も追加でかからず、駐車場さえ確保できれば容易に維持できそうです。キャンピングトレーラーに興味がある方必見です。

キャンピングカーのトイレ事情や中古情報、レンタル情報などはこちら!

キャンピングカーのトイレ

キャンピングカーとビーチ トイレレスでレイアウト重視のモデルもある中、キャンピングカーにはトイレが装着されていることがほとんど。どんなタイプのものがいいのか、処理の仕方はどうなっているのか、などトイレの基礎知識についてまとめて解説しています。

キャンピングカーの内装

キャンピングカーの内装 キャンピングカーは車としての走行性能ももちろん重要ですが、居住空間も如何に快適に過ごせるかがとても重要です。寝心地や使い勝手が悪いとキャンピングカーとしての魅力が下がってしまいますよね。
そんな不安や不満を払拭する、快適な内装のキャンピングカーをキャプコン・バンコン・フルコン・軽キャンパー分けてご紹介!

国産キャンピングカー

フィールドライフのROOTS画像 フィールドライフは、国産キャンピングカーの製造から販売まで行っているブランドです。そのラインナップは軽自動車からマイクロバスまで豊富。希望にピッタリの一台が見つかるかも。フィールドライフおすすめキャンピングカーをご紹介します。

キャンピングカーのレンタル

キャンピングカーのレンタル アウトドア好きが一度は憧れるキャンピングカー。でも購入するとなると費用や駐車スペースの問題も! そんな悩みを解決してくれる価格も駐車スペースも気にせず手軽に利用できる、キャンピングカーのレンタルショップを東西に分けてご紹介します。

憧れのキャンピングカーにチャレンジしよう!

キャンピングカーと花見
アウトドア好きなら一度はあこがれるキャンピングカー。軽自動車からマイクロバスまで仕様も豊富に揃っているので軽自動車から徐々にステップアップしていくのも楽しみかもしれません。この記事を見て気持ちのハードルが下がったらまずはレンタカーで試してみるのも良いかもしれませんね。
Enjoy stepping up the camper from the rental car!

レンタカーからキャンピングカーのステップアップを楽しもう!

関連する記事

キャンピングカーと花見
この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
keiichiro kaneko

学生時代、競技スキーを志す傍らで始めた山とスキーの専門ショップでのアルバイト。そこで初めてキャンプに出会い、最近ファミリーキャンプを卒業。今後、ソロキャンパーを目指す焚き火好き。

公式プロライター

  • YURIE
  • 平 健一
  • 写風人
  • Takamatsu Misato
  • SAM & 沖田雅生
  • 小雀  陣二
  • A-suke
  • 長谷部 雅一
  • 八幡 暁
  • 風森 美絵
  • カノウ ヒナタ
     

    LINEでCAMP HACKをもっと手軽に。

    最新のキャンプギアやキャンプ場情報などをキャンプに関する情報を毎日配信!
    LINE友達限定の毎月当たるプレゼントキャンペーンも開催中!