【CAMP HACK】日本最大級のキャンプ・アウトドア・ニュースマガジン - キャンプハック


薪を安全&ラクに持ち運べる便利ギア「薪バッグ」おすすめ7選

0

焚き火に必須のものではあるけど、持っていくとなると重みも汚れも気になる薪。どうやって持ち運んでいますか? 今回は、そんな薪を簡単かつ汚れることなく持ち運べるバッグをご紹介。素材や形状、トートバッグから首からかけるものまで、幅広いバッグが登場しますよ!

小川 迪裕


アイキャッチ画像出典:コールマン

どうやって薪を持ち運んでる?

From PIXTA
出典:PIXTA
薪を持ち運ぶとき、みなさんはどうやって持ち運んでいますか? 素手で持ち運んでいませんか? もしくは、軍手をはめて持ち運んでいますか?

それらの方法より、もっとラクかつ安全に持ち運ぶ方法があるんです。それが今回ご紹介する「薪バッグ」です!

薪バッグを持っておくと良い3つの理由

なぜ薪バッグをおすすめするのか? 理由を3つご紹介します。

大量の薪をラクに持っていける

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2017-08-19-18-07-33 キャンプ場などで販売されている1束の薪は、約6〜8g。なかなかの重さです。しかも、ほとんどがワイヤーやビニールテープでくくられているだけなので、持っていくのが容易ではないんです。

そこで、この「薪バッグ」が大活躍! 薪を本体にドカっと入れてしまえば良いんです。また、肩にかけて運べるトートバッグ型もあるため、腕への負担を軽減できます。薪がなくなりかけたら、これでドンドン運んじゃいましょう!

ささくれが手に刺さる心配がない

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2017-08-19-18-05-34 素手で薪を持ち運ぶのは危険! なぜなら、カットされた木の中には、ささくれ(毛羽立った部分)が出ているものがあり、手に刺さる恐れがあるからです。軍手をつけても、繊維の隙間を抜けて手に刺さる可能性があります。

薪バッグなら、薪を本体に収納して直接木に触れることがないため、ささくれに刺さらずに済みます。本体もささくれがはみ出ないような素材を使用しているため、安全に持ち運べますよ!

丈夫な素材でガシガシ使っても問題ない

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2017-08-19-18-07-50 薪バッグに使用されている素材は、キャンバス地のコットンやポリエステルなど。ビニールテープのように、途中で切れて落ちることがありません。また、汚れても洗うことができ、清潔な状態に保つことができます。

さらに、コットンであれば火に近づけても穴が空いたり燃えたりすることがありません。焚き火台の近くにおいても問題なし! 焚き火中に薪が足りなくなっても、すぐに組むことができます。

オススメの薪バッグ5選

ここで、どんな薪バッグを使えば良いかわからない! という人に、おすすめのアイテムをご紹介します。

関連記事