最新キャンプ情報をアプリで入手!CAMP HACK 公式アプリ 無料ダウンロード
ガビングフレーム

スノーピークの名脇役でゴミ箱問題を解決!さらに男前進化させるギアを見つけたので報告です【私的神アイテム】

スノーピークの名品「ガビングフレーム」。キャンプのゴミ箱問題の救世主のアイテムです。

しかし、ある事情から筆者のサイトではすっかりご無沙汰に。今回は、その理由から、再び一軍入りを果たしたカスタム方法をお伝えしていきます!

目次

記事中画像撮影:筆者

スノピの名品「ガビングフレーム」

スノーピーク「ガビングフレーム」手持ち_背景森

小物アイテムながら、スノーピーク永遠の定番品の1つガビングフレーム。キャンプキッチンの名脇役として、幾多のゴミ箱問題に悩めるキャンパーたちを救ってきました。

スノーピーク「ガビングフレーム」にビニール袋装着してテーブルに設置

使い方はとても簡単。「てこ」の原理でテーブル天板にセットし、左右の突起にスーパーなどの持ち手付きビニール袋を引っ掛けるだけ。

浮かせて設置できるから、足で蹴飛ばして倒すこともなく、底に付着した汚れを拭き取る手間も不要と、実にスマートなゴミ箱が完成します。

スノーピーク ガビングフレーム

サイズ255×320×44(h)mm
重量350g

でも…ビニール袋感がマッチしない

スノーピーク「ガビングフレーム」にビニール袋を装着したサイト風景

そんな名品「ガビングフレーム」なんですが、実は2つの理由から最近筆者のサイトではすっかりご無沙汰に。

1つ目は、ブラック基調のミリタリーテイストを目指す筆者のサイトインテリアに、スーパーのビニール袋が馴染まないこと。

スノーピーク「ガビングフレーム」に装着したビニール袋のアップ

2つ目は、最近愛用中のFLYFLYGO「アウトドアテーブル」だと、スーパーの大判ビニール袋が底付きしてしまうこと。

元々、ハイテーブル用に開発され、スーパーの大判ビニール袋がフィットする設計なので、小さなビニール袋が合わないんです。

メルカリで便利ギアを発見!

スノーピーク「ガビングフレーム」に帆布バッグを装着して手持ち

とはいえ、この便利かつスマートな定番品をなんとか再び使いたくいろいろ探し回った結果、ナイスなアイテムを発見! フリマアプリ「メルカリ」に出品されていたガビングフレーム用「帆布バッグ」です。

ガビングフレーム カバー

出典:メルカリ

「ガビングフレーム」「カバー」などでワード検索すると、多数の類似品が出品中。なかでも本体・装着用ループともに黒一色のこちらが気に入り、早速入手。以来、筆者サイトに不可欠の存在になっているんです。

カスタム後の推しポイント

カスタムアイテム「帆布バッグ」により、アップグレードを遂げた「ガビングフレーム」。早速、その私的神ポイントをご紹介していきますよ。

その1. 男前ビジュアルでサイトに馴染むように

スノーピーク「ガビングフレーム」+帆布バッグのサイト風景

とにかくビジュアル面での変化が絶大。スーパーのビニール袋と比べると、断然キリリと男前なサイトに仕上がりました!

スーパーのビニール袋のときは、なるべく隠そうと手前側に装着していましたが、これなら表側に堂々と装着できて、むしろ見せたいレベル。

小さめローテーブルにスノーピーク「ガビングフレーム」+帆布バッグ設置

ソロキャンプ時に愛用中の小さめテーブル、Moonlence「キャンプテーブル」にもジャストフィット。こちらは長辺にも短辺にもフィットするので、より自在なレイアウトが叶います。

その2. ローテーブルでも底付きしなくなった

スノーピーク「ガビングフレーム」+帆布バッグの底部アップ

スーパーの大判ビニール袋に比べて丈が短く、ローテーブルに装着しても底付きナシ! 足で蹴飛ばして倒すこともなく、底の泥汚れなど拭き取る手間が不要という、「ガビングフレーム」本来のメリットが発揮されました。

その3. スマートな調理動線が完成した

スノーピーク「ガビングフレーム」+帆布バッグのテーブル部分

以前は、隠すように手前に設置していた「ガビングフレーム」。

ちょうどテーブルと自分の体との間になり、調理時の動線をかなり妨げていました。ですが、表側に堂々と設置できるようになり、動きやすさが格段にUP!

スノーピーク「ガビングフレーム」+帆布バッグ装着したテーブル部アップ

まな板でカットした野菜くずなど、椅子に座ったままササッとポイ。

なるべく座ったまま作業が完結する、「コックピット的レイアウト」を追求したい筆者としては、ここも神ポイントです。

その4. 小物収納スペースが拡張した

スノーピーク「ガビングフレーム」+帆布バッグに小物を収納

また、ちょっとテーブルのスペースを空けたいときなど、小物収納ボックスとしてもお役立ち。

筆者が入手した「帆布バッグ」は薄いプラスチック製の底板付きなので、重すぎない小物なら安定して入ります。

その5. 携行時もかさばらない

スノーピーク「ガビングフレーム」を畳んだ帆布バッグにON

「ガビングフレーム」自体もコンパクトで、「帆布バッグ」もペタンコに折り畳めるから、携行時にも当然かさばりません。

こんなカスタムアイテムもおすすめ!

バリスティクス「トラッシュ&ストレージ フレームジャケット」

バリスティクス「トラッシュ&フレーム ジャケット」

実は、ミリタリーテイストのアイテムが人気のバリスティクスからも、「ガビングフレーム」にフィットするジャケットがラインナップ。ロングとショート2種のサイズ展開で、カラバリも11種とかなり豊富。

前後に簡易ハンドル付きなので、バッグとしても使えます。サイズ感やカラーなど、よりニッチなアイテムがほしい人におすすめです。

バリスティクス トラッシュ&ストレージ フレームジャケット

サイズ横幅33cm×奥行17cm×縦寸42cm
材質コーデュラナイロン/600Dポリエステル

自己満ワールド全開のコックピットで快適に!

筆者のコックピット的サイトレイアウトを上から撮影

正直、キャンプでのゴミ箱のプライオリティって、かなり個人差があるかと思います。けれど、とことん自分のこだわりを追求したマイコックピット的レイアウトが構築できれば、キャンプはどんどん快適に!

あなたも、自己満ワールド全開のマイコックピットを追求してみませんか?

✔️こちらの記事もチェック