最新キャンプ情報をアプリで入手!CAMP HACK 公式アプリ 無料ダウンロード
HOKAトレッキングシューズ_ナンテンハイク

トレッキングシューズ人気ブランドおすすめ特集|メンズ&レディース

2022/08/25 更新

トレッキングシューズ(登山靴)のおすすめモデルを、まとめてご紹介! メンズとレディースの両方、さらにローカット・ミドルカット・ハイカットの全タイプを幅広くピックアップしています。

そしてワークマン・モンベル・キャラバンなど、注目のブランドの解説も!「種類が多くて、どれを選べばいいかわからない」という方、必見の内容です。

目次

アイキャッチ画像出典:HOKA

そもそも、トレッキングシューズを履くのはなんのため!?

メレルのモアブ2 ミッド ゴアテックス

出典:Instagram by @merrell_japan

ザックレインウェアと並び、登山における“三種の神器”のひとつと言われているのがトレッキングシューズ(登山靴)。

「スニーカーと何が違うの?」という声をよく聞きますが、違いはズバリ、ソール(靴底)の作りにあります!

トレッキングシューズはソールが硬く作られていることと、不整地でのグリップ力に優れていることが特徴です。

●長時間歩いても疲れにくい
足裏にかかる負担を和らげる
●濡れた岩場でも滑りにくい

これらのメリットをもつトレッキングシューズは、怪我をせず安全に、そして快適に山を歩くために履くシューズ。そのため本格的に登山を始めたいのであれば、トレッキングシューズが必要です!

いっぽうで、トレッキングシューズは登山用に作られているため、普段履きには向きません。普段履き用として使いつつ、たまに軽い登山を楽しみたいという場合は、トレッキングシューズではなく「ハイキングシューズ」がベスト。

▼「自分にはハイキングシューズのほうが向いているかも…」と感じた場合は、こちらの記事をチェック!

トレッキングシューズの種類と選び方

KEENジャスパーの色展開

出典:Instagram by @keen_japan

店頭にずらりと並ぶトレッキングシューズを眺めていると、たくさんの種類があって「一体どれを選べばいいの?」と悩んでしまいますよね。

スニーカーと違って好きなブランドやデザインだけで選ぶと、必要な機能が不足していたり、反対にオーバースペックだったり、後悔する羽目になりかねません。

大切なのは、登りたい山の難易度にあったトレッキングシューズを選ぶこと! そのためには、以下の3つのポイントを知っておく必要があります。

①カットの高さは3タイプ!軽登山ならローカットがおすすめ

まず知っておきたいのがカットの種類。トレッキングシューズは足首周りの高さで「ローカット」「ミドルカット」「ハイカット」の3タイプにわかれます。

それぞれどのようなシーンでの使用に向いているか、下記の表でチェックしてみましょう。

タイプローカットミドルカットハイカット
外観メレルのローカットトレッキングシューズメレルのミドルカットシューズハイカットトレッキングシューズ
特徴
●スニーカー感覚で軽快に歩ける
●本格登山には向かない
●足首を適度にホールドする
●ハイカットより平地での歩行が楽
●初心者でも履きやすい
●足首がしっかり固定される
●岩場でもバランスを保ちやすい
●全体的に硬くて重い
おすすめ
シーン
●ハイキング
●里山歩き
●キャンプ
●普段履き
●低山登山
●日帰り登山
●富士登山
●テント泊登山
●岩稜帯歩き
●アルプス登山
●縦走
※横にスクロールできます

はじめての1足には、もっとも汎用性の高いミドルカットがおすすめ! 夏の富士登山にも十分に対応できます。

②ソールの硬さも重要!本格登山には硬めのものを

キャラバンのトレッキングシューズ_C1_02Sのソールの硬さ

ソールが硬いと、石ころや岩など地面の凹凸を感じにくく安定して歩けるため、長時間の登山でも疲労を感じにくいというメリットがあります。

いっぽうで、ソールが硬いほどアスファルトなど整備された道では歩きにくいといった難点も。ソールの硬さは、実際に歩くコースを考慮して選ぶことが大切です。

そしてソールの硬さは製品によって異なりますが、一般的には、以下のように本格的な登山に対応できるトレッキングシューズほど硬くなります。

・ローカット→ソールがやわらかめ
・ミドルカット→中程度
・ハイカット→硬いもの

大きな荷物を背負ったり、岩場をよじ登ったりするような本格的な登山で使いたいのであれば、ソールが硬いトレッキングシューズを選びましょう。

③ゴアテックスなど防水性に優れたものが◎

メレルのトレッキングシューズ_カメレオン8 ストーム ゴアテックスの生地

出典:Instagram by @merrell_japan

「雨の日は山に行かない」というのもひとつの選択ですが、晴れ予報だったのに急に土砂降りの雨に見舞われることも、山では珍しくありません

また、前日の雨で沢が増水して渡渉箇所があったり、登山道がぬかるんでいたりと、思いがけないところで靴の中が濡れてしまうことも。

そんなとき、防水性の靴を履いていれば安心して登山を続けられます。防水素材として有名なのは「ゴアテックス」。

防水性があることはもちろん、湿気を外に逃してくれる透湿性にも優れているため、トレッキングシューズにもよく使われている素材です。

各ブランド独自の防水素材を採用しているシューズもあるので、チェックしてみましょう!

初心者必見!サイズ選びのポイント

キャラバンのトレッキングシューズ_C1_02Sブラウンとブルー

出典:Instagram by @caravan_outdoor

トレッキングシューズを購入する際、特に大切なのがサイズ選び。

スニーカーのようにやわらかい靴は比較的どのような足にもフィットしやすいのですが、トレッキングシューズは靴全体が硬いため、痛みや違和感を抱いてしまうことも。

お店にある商品をすべて試着して1足もあう靴がなかった…ということも珍しくありません。1日で即決できることは稀なので、登山の日程が決まったらまずは靴選びから始めましょう。

試着の際には、以下の3つのポイントに注目です!

①厚手の靴下を履いて試着しよう

トレッキング用ソックス

出典:PIXTA

登山の際はトレッキングシューズの硬さにあわせて厚手の靴下を着用します。普段履いている薄い靴下だと足を痛めてしまうからです。

試着の際はかならず厚い靴下を履いてサイズをあわせるようにしましょう。大抵のお店では、試着用の靴下を貸してくれます。

各アウトドアブランドからトレッキング用ソックスが販売されているため、トレッキングシューズとあわせて購入するのもおすすめ!

②普段より大きめを選ぶのが正解!

キャラバンのトレッキングシューズ_C1_02Sのサイズ選び

トレッキングシューズは普段履いているスニーカーと同じサイズで選んではいけません。

靴に足を入れた状態でつま先をトントンして、かかとに人差し指1本分(約1cm)の余裕があるものがジャストサイズです。

インソール(中敷)に足を乗せてあわせる場合は、かかとであわせてつま先に1cmほどの余裕があるかどうか確認しましょう。

③店内のスロープや階段を歩いてみよう

キャラバンのトレッキングシューズ_C1_02Sで実際に歩いてみる

試着した状態で店内を歩いて履き心地を試してみることも大切です。店内にスロープや階段がある場合は登り降りしてみましょう。

そしてフィット感があるか、痛みを感じないか、下るときに靴の中で足が前に滑らないかなどをチェック!

少しでも痛みや違和感がある場合は、その靴はあなたにあっていない可能性があります。

実際の山で後悔することのないよう、できるだけたくさんの靴を履き比べて、あなたにぴったりフィットする1足を見つけてください。

また、ネットでの購入であっても、試着してから購入するかどうかを選べる場合もあります。そういったネットショップを探してみるのもおすすめです!

いま注目すべき“5つ”のブランドをピックアップ!

おすすめのトレッキングシューズをご紹介する前に、注目すべきブランドをピックアップ! 数あるブランドの中でも、特にトレッキングシューズの開発に力を入れている有名ブランドがこちらです。

【モンベル】種類の豊富さとアフターフォローの安心感

モンベルの店舗にのぼりが立っている

モンベルは日本を代表するアウトドアブランドのひとつ。低山ハイク向けの製品から冬の高山にも対応できる製品まで、数多くのトレッキングシューズを取りそろえています。

リーズナブルな価格と、充実したアフターフォロー体制も魅力。店舗が多く、修理やソールの張り替えなどもスムーズに進めてくれます。初心者でも安心して買えるブランドです。

【キャラバン】初心者・上級者問わず人気の日本ブランド

キャラバンのトレッキングシューズ

キャラバンもまた日本のブランドであり、トレッキングシューズ専門のブランドとして高い人気を誇ります。モンベル同様、高品質・高機能ながら手の届きやすい価格設定も特徴です。

同社を代表するミドルカットモデル「C1_02S」は、足首を適度にホールドしつつも動かしやすさを重視した設計により、初心者から上級者にまで愛用者が多い逸品。

【シリオ】日本人向けの設計と、イタリアの技術の融合

シリオのトレッキングシューズ

出典:楽天市場

シリオの特徴は、日本人の足にフィットするように設計し、靴作りの文化が進んでいるイタリアの技術を取り入れていること。

足幅・高さ・硬さの3要素を最適化したシリオ独自の「P.F.コンセプト」により、快適でチャレンジングな登山をサポートします。「海外ブランドの製品はフィッティングに不安がある」という方におすすめのブランドです。

【スカルパ】多様なモデルがそろう靴専門メーカー

スカルパのトレッキングシューズ

イタリアの靴専門メーカーであるスカルパは、1938年創業の老舗。トレッキング用をはじめ、クライミング用、スキー用と、山で使用する靴に特化したメーカーです。

トレイルランニングに適したモデルから長期縦走に対応できるモデルまで、ラインナップは多種多様。デザインの美しさも特徴で、落ち着きがありつつもオシャレな雰囲気をまとったモデルが数多くあります。

 

【スポルティバ】大胆なデザインセンスが光るイタリアの名門

スポルティバのトレッキングシューズ

スポルティバもまた、靴作りの本場・イタリア生まれ。「スポルティバジャパン株式会社」という日本法人をもつ、登山では有名な企業です。

スポルティバのトレッキングシューズは、ハイスペック・ハイクオリティーであることはもちろん、ビビッドなカラーを用いたデザインも特筆すべきポイント。

カッコいい装備でビシッと決めたい方にとって、これ以上のブランドはそうそうありません!

 

さて、トレッキングシューズの選び方と人気のブランドを押さえたところで、ここからはおすすめのトレッキングシューズをまとめてご紹介!

お気に入りの1足が、きっと見つかりますよ! 目当ての箇所へは下記をクリックするとジャンプできるので、活用してくださいね。

今回ピックアップするアイテム

ローカットのトレッキングシューズ

ミドルカットのトレッキングシューズ
ハイカットのトレッキングシューズ

【ローカット】トレッキングシューズ8選|ハイキング・キャンプ・普段履きに

メレルのトレッキングシューズ_カメレオン8 ストーム ゴアテックス

出典:Instagram by @merrell_japan

ローカットは整備された山道の歩行や、ハイキング程度の軽い登山におすすめ。足首の可動域が広く軽快に歩ける反面、ゴツゴツした足場の悪い登山道では捻挫で足を痛めてしまう可能性も。

見た目がスニーカーに近いので、普段履きやキャンプでの使用にも◎。本格的な登山では避けるようにしましょう。

ワークマン|高耐久シューズ アクティブハイク (ユニセックス)

ワークマンのトレッキングシューズ_高耐久シューズ アクティブハイク

出典:WORKMAN

驚異の低価格で世間をざわつかせているのが、ワークマンの大人気商品「高耐久シューズ アクティブハイク」。アウトドアのプロと共同開発した高機能シューズで、独自の撥水加工や耐久性に優れたCORDURA素材を使用するなど、2,000円以下とは思えないスペックに驚かされます。

●防水・撥水性能:独自の耐久撥水加工 SplaTECH(スプラテック)
●サイズ:24.5~28.0cm

ワークマン公式サイト:高耐久シューズ アクティブハイク販売ページ

モンベル|トレールウォーカー(メンズ・レディース)

モンベルのトレールウォーカー

出典:モンベル

しなやかで軽く、軽い登山に最適な1足。メッシュ素材の採用により通気性を高めつつ、ゴアテックス素材を用いることで優れた防水性を実現しています。ソールはモンベル独自の「トレールグリッパー」3種類のうち、トレイルランニングにも対応するタイプを採用。

メンズ
●防水・撥水性能:防水透湿性に優れたゴアテックス
●サイズ:24.0~31.0cm

モンベル公式サイト:トレールウォーカー Men’s販売ページ

レディース
●防水・撥水性能:防水透湿性に優れたゴアテックス
●サイズ:22.0~26.0cm

モンベル公式サイト:トレールウォーカー Women’s販売ページ

オボズ|ソウトゥース ロー B-DRY(メンズ)

さまざまな路面で確かなグリップを生む、オボズ独自のソール「ソウトゥース」を採用。さらに最新技術が注がれた「オーフィットインソール」を内蔵し、歩行時の快適性をアップ! ユニークでありつつ、力強さを感じさせるデザインも魅力です。

オボズ ソウトゥース ロー B-DRY(メンズ)

●防水・撥水性能:防水透湿素材 B-DRY
●サイズ:25.5~28.0cm

コロンビア|セイバー4ロウ アウトドライ (メンズ・レディース)

ゆる〜く山を楽しみたい方におすすめなのが、コロンビアのハイキングシューズ「セイバー4ロウ アウトドライ」。防水透湿性に優れ、通気性の高いメッシュ素材が内部の蒸れを逃しつつ、アウトドライの防水メンブレンで水の侵入をしっかりと防ぎます。山でも街でもシームレスに使えるデザインも魅力。

コロンビア セイバー4ロウ アウトドライ (メンズ)

●防水・撥水性能:防水透湿性に優れたアウトドライ
●サイズ:25.0~30.0cm

コロンビア セイバー4ロウ アウトドライ (レディース)

●防水・撥水性能:防水透湿性に優れたアウトドライ
●サイズ:22.5~26.0cm

キーン|ジャスパー (メンズ・レディース)

クライミングシューズとコンフォートシューズを融合したキーンの名作「ジャスパー」。足全体が包み込まれるようなホールド感と長時間歩いても疲れにくいクッション性で、履き心地を重視する方におすすめ。カラーバリエーションが豊富なので、ウェアとのコーディネートも楽しみですね。

キーン ジャスパー (メンズ)

●防水・撥水性能:撥水加工
●サイズ:25.0~30.0cm

キーン ジャスパー (レディース)

●防水・撥水性能:撥水加工
●サイズ:22.5~26.0cm

サロモン|X ULTRA 3 WIDE GORE-TEX (メンズ)

登山靴としての丈夫さを備えつつ、スニーカー並みの歩きやすさを実現したサロモンのトレッキングシューズ。日本人特有の幅広甲高の足形にもあうワイドフィットバージョンで、ゆったりとした履き心地が特徴。靴紐部分にはワンタッチで調整できるクイックレースを採用しており、ほどけたり結んだりといった煩わしさがありません。

サロモン X ULTRA 3 WIDE GORE-TEX (メンズ)

●防水・撥水性能:防水透湿性に優れたゴアテックス
●サイズ:25.0~32.0cm

メレル|カメレオン8 ストーム ゴアテックス (メンズ・レディース)

アウトドアシーンのみならず、タウンユースとしてもすっかり定番となったメレルのハイキングシューズ「カメレオン ストーム」。最新モデルのカメレオン8には世界的ソールメーカーであるヴィブラム社の「Vibram XS TREK EVO」を搭載し、グリップ力と耐久性が格段にアップ。シンプルなデザインと豊富なカラーバリエーションも魅力。

メレル カメレオン8 ストーム ゴアテックス (メンズ)

●防水・撥水性能:防水透湿性に優れたゴアテックス
●サイズ:25.0~30.0cm

メレル カメレオン8 ストーム ゴアテックス (レディース)

●防水・撥水性能:防水透湿性に優れたゴアテックス
●サイズ:22.5~25.0cm

キャラバン|C1_LIGHT LOW (ユニセックス)

登山靴メーカーとして名高いキャラバンのローカットタイプのトレッキングシューズ。最大の魅力はその軽さとやわらかさ。とにかく履き心地が楽なので、スニーカー感覚で快適に歩くことができます。防水透湿性のゴアテックス素材で雨の日も安心。

キャラバン C1_LIGHT LOW (ユニセックス) 

●防水・撥水性能:防水透湿性に優れたゴアテックス
●サイズ:22.5~30.0cm

【ミドルカット】トレッキングシューズ10選|低山・日帰り登山・富士登山に

キーンのトレッキングシューズ_ターギーIII ミッド ウォータープルーフ

出典:KEEN

登山初心者にもっともおすすめなのがミドルカット。険しい難所がなく無雪期の山であれば、低山や日帰り登山から富士登山まで幅広いシーンに対応できる汎用性の高いタイプです。適度に足首をホールドしてくれるので、怪我のリスクを軽減しつつ快適な歩行が叶います。

ハイテック|アオラギWP(ユニセックス)

価格が安く、登山デビューにおすすめのアイテムがこちら。カジュアルなデザインで、オシャレなソックスとの組みあわせが映える1足です。ハイテックは1974年にイギリスで誕生した、世界で人気のブランド。安くても品質はバッチリです!

ハイテック アオラギ クラシック WP

●防水・撥水性能:透湿防水素材 DRI-HI Light
●サイズ:22.0~31.0cm

キャラバン|C1_02S(ユニセックス)

登山愛好家も太鼓判を押すキャラバンの「C1_02S」。足首周りのやわらかいクッション材やアキレス腱部分の浅めのカットなど、登山初心者でも履きやすいように設計されたモデルです。登山靴のゴツゴツ感が苦手という方にもおすすめできる、ファーストトレッキングシューズにぴったりな1足です。

キャラバン C1_02S (ユニセックス)

●防水・撥水性能:防水透湿性に優れたゴアテックス
●サイズ:22.5~30.0cm(カラーにより異なる)

メレル|モアブ2 ミッド ゴアテックス (メンズ・レディース)

トレッキングからタウンユースまでマルチに活躍するメレルの「モアブ2 ミッド ゴアテックス」。ミリタリーな見た目に反して、包まれるようなやわらかな履き心地が特徴。ゴアテックス素材による防水性や、ヴィブラム社製ソールのグリップ力など機能性もバッチリ。

メレル モアブ2 ミッド ゴアテックス (メンズ)

●防水・撥水性能:防水透湿性に優れたゴアテックス
●サイズ:25.0~30.0cm

メレル モアブ2 ミッド ゴアテックス (レディース)

●防水・撥水性能:防水透湿性に優れたゴアテックス
●サイズ:22.5~25.0cm

キーン|ターギーIII ミッド ウォータープルーフ (メンズ・レディース)

キーンのロングセラーターギーIIをアップグレードしたモデル。足入れの良さは旧モデルを踏襲し、アッパーの設計と素材を見直すことでよりタイトなフィット感に仕上がっています。

キーン ターギーIII ミッド ウォータープルーフ (メンズ)

●防水・撥水性能:独自の防水透湿素材 KEEN.DRY
●サイズ:25.0~30.0cm

キーン ターギーIII ミッド ウォータープルーフ (レディース)

●防水・撥水性能:独自の防水透湿素材 KEEN.DRY
●サイズ:22.5~26.0cm

モンベル|マウンテンクルーザー400 BOA (メンズ・レディース)

モンベルのトレッキングシューズ_マウンテンクルーザー400 BOAメンズ

出典:モンベル

軽いトレッキングや砂地が多い富士登山などにぴったりな、モンベルの全天候型ブーツ。ダイヤルを回してフィット感の調整ができる「BOAフィットシステム」で、簡単に脱ぎ履きできるのがポイント。靴底はモンベル独自のトレールグリッパーで、濡れた岩肌や木道でも驚異的なグリップ力を発揮します。

メンズ
●防水・撥水性能:防水透湿性に優れたゴアテックス
●サイズ:24.0~29.0cm

モンベル公式サイト:マウンテンクルーザー400 BOA Men’s販売ページ

レディース
●防水・撥水性能:防水透湿性に優れたゴアテックス
●サイズ:22.0~26.0cm

モンベル公式サイト:マウンテンクルーザー400 BOA Women’s販売ページ

ザ・ノース・フェイス|クレストン ミッド フューチャーライト(メンズ・レディース)

3シーズンの日帰り登山から小屋泊にも適したトレッキングシューズ。独自開発した防水透湿素材「FUTURELIGHT(フューチャーライト)」を採用し、防水性はもちろん通気性にも優れているので夏も快適。ザ・ノース・フェイスならではのスタイリッシュなデザインが素敵ですね。

ザ・ノース・フェイス クレストン ミッド フューチャーライト (メンズ)

●防水・撥水性能:独自の防水透湿素材 FUTURELIGHT
●サイズ:25.0~29.0cm

ザ・ノース・フェイス クレストン ミッド フューチャーライト (レディース)

●防水・撥水性能:独自の防水透湿素材 FUTURELIGHT
●サイズ:22.0~26.0cm

スカルパ|ZG トレック GTX (メンズ・レディース)

日帰り登山から夏山縦走まで、トレッキング全般に幅広く使用できる汎用性の高い3シーズンモデル。ふわっと包み込まれるソフトなフィット感は一度履くとやみつきに。ヨーロッパブランドらしい上品なカラー展開も素敵です。

スカルパ ZG トレック GTX (メンズ)

●防水・撥水性能:防水透湿性に優れたゴアテックス
●サイズ:24.5~32.0cm

スカルパ ZG トレック GTX (レディース)

●防水・撥水性能:防水透湿性に優れたゴアテックス
●サイズ:22.0~27.0cm

スポルティバ|ボルダー X ミッド GTX (ユニセックス)

プロのクライマーも愛用するイタリアの登山靴メーカー・スポルティバ。軽量で歩きやすい「ボルダー X ミッド GTX」は、ソールの強力なグリップ性能により岩稜帯の多い山でも軽快に歩くことが可能。上品なスエードレザーを使用した高級感ある見た目で、お気に入りの1足になること間違いなし。

スポルティバ ボルダー X ミッド GTX (ユニセックス)

●防水・撥水性能:防水透湿性に優れたゴアテックス
●サイズ:23.1~29.7cm

サロモン|X ULTRA 3 WIDE MID GORE-TEX (メンズ・レディース)

スキーやトレランでもお馴染みサロモンの、不動の人気を誇るトレッキングシューズ。抜群の安定感と優れたクッション性で、長時間歩いても疲れにくいと評判です。足幅の広い日本人にもあいやすいワイドフィットバージョンでゆったりとしたフィット感が特徴。

サロモン X ULTRA 3 WIDE MID GORE-TEX (メンズ)

●防水・撥水性能:防水透湿性に優れたゴアテックス
●サイズ:25.0~32.0cm

サロモン X ULTRA 3 WIDE MID GORE-TEX (レディース)

●防水・撥水性能:防水透湿性に優れたゴアテックス
●サイズ:22.0~29.0cm

ホカ オネオネ|テンナイン ハイク GTX(メンズ・ユニセックス)

かかと部分がせり出したユニークなデザインが特徴の「テンナイン ハイク GTX」。独自の「Hubble」ヒール形状により、軽やかな足捌きをサポートしてくれるトレッキングシューズです。地面との設置面が大きいため安定感と推進力が高く、スピードハイクにも向いています。

ホカ オネオネ テンナイン ハイク GTX (メンズ)

●防水・撥水性能:防水透湿性に優れたゴアテックス
●サイズ:25.0~30.0cm

ホカ オネオネ テンナイン ハイク GTX (ユニセックス)

●防水・撥水性能:防水透湿性に優れたゴアテックス
●サイズ:23.0~30.0cm

【ハイカット】トレッキングシューズ3選|テント泊登山・縦走・岩稜帯歩きに

スポルティバのトレッキングシューズ_トランゴ タワー GTX

出典:Instagram by @lasportivajp

重い荷物を背負って歩くテント泊登山やアルプス縦走、岩稜帯など、ハードな山に向いているのがハイカット。足首がしっかりホールドされるので、足場の悪い登山道や岩場でもバランスを保ちやすいのが特徴。

マムート|Kento Guide High GTX(メンズ・レディース)

高品質のヌバックレザーと防水性のゴアテックスを使用した本格的な登山靴です。軽めの山岳ツアーから北アルプスの岩稜帯など難易度の高い登山まで、オールラウンドに使用可能。冬用シューズではないものの、かかと部分にセミワンタッチ式アイゼン対応のコバが付いており、残雪期であれば雪山でも活躍してくれます。

マムート Kento Guide High GTX (メンズ)

●防水・撥水性能:防水透湿性に優れたゴアテックス
●サイズ:25.5~29.5cm

マムート Kento Guide High GTX (レディース)

●防水・撥水性能:防水透湿性に優れたゴアテックス
●サイズ:22.5~26.0cm

シリオ|P.F.431(メンズ・レディース)

日本人の足にフィットしやすい足幅を採用した、軽量で堅牢なトレッキングシューズ。シリオは日本発の登山靴ブランドですが、「P.F.431」を含む上位シリーズはすべて、日本人専用木型を用いて靴作りの本場イタリアで設計しています。山小屋泊の縦走などでよく使用されるシューズです。

シリオ P.F.431 (メンズ)

●防水・撥水性能:防水透湿性に優れたゴアテックス
●サイズ:25.0~29.0cm

シリオ P.F.431 (レディース)

●防水・撥水性能:防水透湿性に優れたゴアテックス
●サイズ:22.5~25.0cm

スポルティバ|トランゴ タワー GTX(ユニセックス・レディース)

スポルティバの大人気トランゴシリーズの中級者向けモデル。無雪期のアルプス岩稜帯縦走から1,000m級の雪山にも対応。Vibramキューブソールを採用した、軽さとグリップ力が自慢。

スポルティバ トランゴ タワー GTX (ユニセックス)

●防水・撥水性能:防水透湿性に優れたゴアテックス
●サイズ:23.7~29.7cm

スポルティバ トランゴ タワー GTX (レディース)

●防水・撥水性能:防水透湿性に優れたゴアテックス
●サイズ:23.1~26.1cm

トレッキングシューズで行きたい場所へ自由自在に!

HOKAトレッキングシューズ_ナンテンハイク(ブラック)

出典:HOKA

ローカット、ミドルカット、ハイカットなどさまざまなタイプがありましたが、気になるアイテムは見つかりましたか? スニーカーでは行けなかった場所も、トレッキングシューズがあればお手のもの。登れる山の選択肢もグッと広がりますね。あなたにぴったりの1足を手に入れて、大自然の中を自由自在に駆け巡りましょう!

こちらの記事もご参考に!

紹介されたアイテム