CAMP HACK元編集長、人生初のクルマを買う。 -後編-

2020/10/19 更新

初めてのクルマ選び現車確認のために「フレックスドリームさいたま北店」に来店した濱松。事前にHP上でチェックしてきたという気になる3台の内、まずは150プラドとランクル100を確認。その後、あたかも最初から決まっていたような発言を残し、マイペースに95プラドの元へ歩み寄る。そこで聞いたのがクルマ選びを左右する95プラドのグレードのお話でした。果たして濱松は、TXグレード、TZグレードどちらの95プラドを選ぶのか!?


アイキャッチ・本文画像撮影:烏頭尾 拓磨

颯爽と登場した95プラドTZ

前編をおさらいすると、150プラド・ランクル100・95プラドまで事前に絞った濱松が、店舗にお邪魔して現物を見た中では95プラドが最も条件に合う車種の様子でした。95プラドTXグレードの上位モデルとなるのがTZグレード。TXグレードはエンジンサイズが2.7Lなのに対し、最上級TZグレードは3.4L。年間の自動車税は8,100円高くなります。

そのため市場での人気は2.7LのTXグレードの方が高く、そのため市場では2.7Lモデルの方が価格が高い傾向にあるとのこと。一方、3.4LのTZグレードにはサンルーフ、マルチインフォメーション、リヤエアコンが標準装備。

この条件にグラっときた濱松。維持費を抑えたいという条件を上げていたが一体どうなるのか!?

▼前回の様子はこちら

両雄、相見える

右が最初に見たTXグレードの95プラド、左が上位グレードとなるTZグレードの95プラド。パッと見た印象は大きく変わるところは特になさそうです。

待ちきれないとばかりに一目散に乗り込む濱松。どうやら車体の色もドンズバで好みとのことらしい。

何やら熱心に話を聞きながら、クルマの乗り心地を細かくチェックする濱松。

降りてきたところで今度は両方を見比べています。

TZグレードの方の外装をさらに細かくチェック。

TXとTZの違いにフォーカス

冒頭にも述べていますが、こちらではデザインの違いを詳しくご紹介します。こちらはTZグレードの三面写真。サイズは全く同じなので、フラットにみるとその違いには気が付きにくいです。

まず大きな違いとしてサンルーフ。TZグレードはサンルーフが付き開放感と高級感がアップ! もちろん換気性能も上がります。フィールドに乗り出したときなんかは星を楽しむなんてのもいいですね。

ダッシュボード、エアコンの中央吹き出し口の上に付くマルチインフォメーション。こちらもフィールドに行くとき、車体や周辺環境のチェックを助ける機能が搭載されています。

車室が広いプラドには非常に効果的なリヤエアコン。吹き出し口は窓上に設置されており、夏の暑い車内を急速に冷やしてくれます。以上3点の標準装備が、エンジンサイズに加えてTZグレードの大きな特徴です。

濱松、いよいよ決断の時

一通りクルマの現車確認をし終えた濱松に話を聞いてみると……

ーーー乗り心地はどうでした?
濱松
正直、全く同じでした!(笑)

……そりゃあそうだ。
濱松
あ、でも運転席から見える光景はボディカラーが違うだけで違ったものに見えますね。それはある意味発見でした。正直TZグレードのボディカラーの方が好きなんですよね。


そこに中山さんもやってきてボディカラーの話題で盛り上がります。

濱松
あの色いいですね、かなり好きです。

中山さん
あのボディカラーはぼくが提案したカラーなんですよ。

濱松
そうなんですね! なんかアウトドアやキャンプ好きな薫りがするカラーでいいですよね。黒でもなくて、白でもない。ありそうでなかった色!

中山さん
新型ジムニーってまだまだ納車1年待ちとかいっているくらい人気じゃないですか? その中でも特に人気のミディアムグレーというカラーリングがあって、それをイメージしてオールペンしたんです。

濱松
え! それって言っちゃっていいんですか?

中山さん
もちろんです! かっこいいって思うクルマの色はできるだけ取り入れたく思っていますし、実際にお客様からもあのクルマのあの色にしてっていう要望を多くいただきます。

そういうときに実際にあるクルマの色を出した方が絶対イメージしやすいじゃないですか。

濱松
確かに。他に人気の色とかあるんですか?

中山さん
初期のスバルXVにラインナップされていたデザートカーキなんかも人気色ですね。

濱松
カラーひとつとってもすごくこだわりや想いが詰まっているんですね。……よし!

お!ついに決断のときか!?
濱松
一個気になってたんですが、フロントのグリルって“TOYOTA”のロゴに変更できるんですか?


……。

決断寸前に気になったフロントグリルのデザイン

「ついに決断か!?」と見せかけて相変わらずマイペースにことを進める濱松。それだけ納得して買いたいということでしょう。ええ、わかってますとも、大きな買い物ですからね! とことん付き合いますよ。
濱松
フロントグリルなんですがTXグレードのように“TOYOTA”の英字ロゴに変えることはできますか?

中山さん
現状グリルの色に合わせたエンブレムロゴから文字ロゴに変更ですね。それくらいなら簡単にできますよ。

濱松
あとこっちはカーナビが付いてないじゃないですか? それも付けられますか?

中山さん
もちろんです! 弊社のオススメもありますし、濱松さんのこだわりがございましたら、そちらを入れることもできます。

濱松
特に詳しくないので、あとで相談させてください! よし!

ということで……。

濱松、95プラドTZグレードを買う


固い握手を交わして、ついに決断! 現車確認すること4台、掛かった時間はおよそ4時間の長丁場となりました。誠心誠意ご対応してくださった中山さん、本当にありがとうございました!

場所を店内に移し、契約書を前に細かな説明を受けます。納車までのおおよその期間やフロントグリルのカスタム費用やカーナビの機種選びなどここでもまだ決めることは多く、都度変わる費用を丁寧に説明してくれます。

しっかりとした説明を受け、納得の上で気持ちよくサイン! 約300万円(税込)の買い物も大団円を迎えました。

ーーーところで、ひとつ気になったのですが維持費を選択条件にあげていたのに、高い方を選びましたが?
濱松
確かに年8,100円高くなりますが、車体価格は相対的にみて2.7Lモデルより10万円ほど安いとのことだったので、10年乗っても2万円、TZグレードの方がお得じゃないですか!

……なるほど。恐れ入りました。

【フレックス・ドリームさいたま北店概要】
住所埼玉県越谷市大字平方2158-1
MAP:https://goo.gl/maps/6b6KtUsrPsYYhBLH6
ホームページはこちら

▼納車後、早速キャンプに行ってみた!乗り心地は?

\ この記事の感想を教えてください /
GOOD! BAD

関連する記事

この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
岡本546

【30代男性】服とギアと車に関心強め。

アウトドアのすべてを、ひとつのアプリで。

150以上のアウトドアメディアの記事や動画、3万枚以上のみんなの写真も見られる!
アウトドアの「知りたい!」「行きたい!」がきっと見つかる!
お気に入りの記事や写真を集めて、スキマ時間に素早くチェック!