CAMP HACK[キャンプハック]


庭で焚火を楽しむファイヤープレース【写風人の駒ヶ根アウトドアライフ~第2章#10】 | 2ページ目

0


薪の調達方法

薪
ストーブ用の薪は土木関係の知り合いからどんどん運ばれてくるので、森暮らしの駒ヶ根よりも多いほど。ただ、中には朽ちた原木も含まれているので、焚火にしか使えないものもあります。

ルーフキャリアに薪
それら焼却仕切れない原木は心置きなく焚ける駒ヶ根行きとなり、少し不思議な光景に見られる時もありますが、ルーフキャリアに積んで運びます(車内に入れるには、ちょっと抵抗ありますしね……)。駒ヶ根では特に決まったファイヤープレースはありません。

お気に入りの場所で手軽な焚火スタイル

焚火
こちらは好きな場所でその時々の原木に合わせた焚火スタイル。寒い南信州では、極太の原木を一日中焚いていることもあります。

焚火 男性
今年はグリップスワニーさんの焚火用ダウンジャケット「FIREPROOF DOWN JKT」を購入。寒さに震えることなく野外作業もこなせます。しかも生地は焚火に強い難燃素材「FIRESHIELD」が使われ、万が一、炎に接しても燃えにくくて安心。ダウンジャケットに穴が開いたら悲しいですからね……(実は何度も経験しています)。

この土地は中央アルプスの麓にあり、遙か昔に岩石が押し流されていた地形なのか、やたらと岩が多いです。

大きな岩場があるところはファイヤープレースに最適

岩場にファイヤープレース
この大きな岩場を焚火に利用すると輻射熱(ふくしゃねつ)で暖かくなり風除けにもなるので、ここが一番のお気に入り。

岩場にファイヤープレース
その隣にはティピの焚火台を設置してガーデンファイヤープレース風にしています。

関連記事