長蛇の列だったOff the Grid2017で発見!注目の最新テント4選

2017年4月8(土)・9日(日)に京王フローラルガーデン アンジェで開催された「Off the Grid」。すっきりしない天気の2日間でしたが、会場は大盛況!人が多すぎて写真が撮れないほど熱気に溢れた会場内で見つけた、チェック必須のテントをご紹介します。


Off the Gridとは

img_6680
「Off the Grid」とは、日本において新たな波を生み出しているメーカーたちによる大規模のアウトドア展示会です。基本的にこういった展示会は販売関係者のみが参加対象ですが、「Off the Grid」は一般の方でも参加可能で、その場で購入することができるという、アウトドアファンにはたまらないイベントになっています。
今年は、合計88社もの展示がなされていましたが、その中でもキャンプの顔となるテントを出店していた店舗から4種類をピックアップしました。

①LOCUS GEAR(ローカス・ギア)

img_6701
8年前に神奈川県で発祥したローカス・ギアは、美しいフォルムが独創的なテントを生み出すガレージブランド。会場内には「ソリス」や「クフ」などの有名どころのテントが、どのブランドよりも広く展示されており、ローカス・ギアの今季に賭ける本気の想いが伝わってきます。

img_6694その数多くのテントの中でも最も注目を集めていたのがこちらのDjedi Dome CTB eVent Prototype」。ローカス・ギアと言えばワンポールテントのイメージが強いかと思いますが、従来のイメージを覆すドーム型! なんとなんとこちらのテントは開発に4年をかけたという、作り手の想いとこだわりの結晶のような逸品。
特に注目したいこの生地は、イーベントとキューベンファイバーを融合したもの。この生地でテントを造れるのはなんと世界でローカス・ギアだけ! 実はこのカラーも、「繊維が色に染まらず、不織布の繊維にかろうじて色素がひっかかってこの色になっている」というウンチク大好きな私にはたまらないストーリーも!
ただ、かつてない性能のテントなため、「驚くような価格になるかも」とのこと。とはいえ現在はまだ発売に向けて準備中の段階で、準備が整えばオーダーで受付を開始するとのこと。続報をどうぞお楽しみに!

② 自由之魂

img_6660
こちらはデザイナーの王吉剛氏が2011年に立ち上げた中国製のブランド「The Free Spirits Tent(自由乃魂)」。普段あまり中国製のテントに触れる機会がないかと思います。が、ここ数年中国のテント製作技術は飛躍的に向上しており、こちらのブランドもデザインレベルかなり高いのですが、デザインの割に価格は低め! これから日本に普及していく要素を十分持ち合わせているブランドです。
img_6663 このテントは製品ラインナップの中でも特にオススメ! 「テント界のポルシェ」と呼ばれているヒルバーグを彷彿とさせる一品は、一言で言うと”曲線美”。ガイロープでピンと張った状態のシルエットが美しく、芸術品のようなテントです。曲線は雨が流れるように設計されており、耐水性も強く雨の日や気候の変わりやすい登山キャンプにも◎。
ただ、日本の実店舗での販売はまだ始まっておらず、Facebookページからのオーダーで製造を行うとのこと。おそらく日本で使っている方はほとんどいないと思うので、他のキャンパーと差を付けたい方はぜひチャレンジしてみてくださいね。

③パーゴワークス

img_6664
以前にCAMP HACK内でも紹介した「パーゴワークス」社は、2011年に創業を開始したジャパニーズブランド。ブースには常に人集りができるほどの人気っぷり! その代名詞とも言えるのが「ニンジャタープ」ですが、今回は新たにラインナップに追加された「ニンジャネスト」との組み合わせが最高!
img_6677
「ニンジャネスト」は単体だと大人二人がゆったりと入れるくらいのサイズのインナーテント。とても軽いので、夏場の登山やツーリングに最適とのこと。それに合わせて使いたいのが、30パターン以上の張り方が可能な「ニンジャタープ」。合わせて使うとA型のテントが出来上がり、さらに今回の展示形態のように正面にポールを立てて張ると、開放感が半端じゃない! サイドパネルには防水性の高い生地を使っているため、タープと合わせると雨の日にももちろん使えます。
ポールは木製のものを使うと、より忍者らしさが出てかっこいい世界観のサイトが出来上がりますよ。
どちらも品薄の状態が続いているので、欲しい方は早めに探してぜひゲットしてくださいね。

④オクトス

img_6653
1999年に石川県で創業を開始したオクトスは登山者向けのテントと頒布のバッグが主戦場。何より注目したいのが、圧倒的なコスパの良さ。自社製作の製品を、卸を通さずに販売している(直販の)ため、同じレベルの性能を持つ他のテントと比べて価格のお求めやすさが半端ない!
img_6650
オススメしたいのが、こちらのシングルウォールテント。シンプルな構造ながら耐水性も高く、軽くて持ち運びやすさは抜群。ドーム型の曲線にも惚れ惚れしてしまいます・・・・・・。
実はこのオクトス、「現物を見て選びたい」との声に応えて、東京の目白に店舗を構えているとのこと! オクトス製品はもちろんのこと、ソトやナンガ製品も揃っているので、気になった方はまずは店舗で現物を見て、その質の高さを体感してみてくださいね。

キャンプシーズン到来!

img_6682
Off The Gridの会場内には桜やチューリップが満開で、とうとうキャンプシーズン真っ盛りに突入しました。ここでご紹介した製品に限らず、色んなテントやギアを見比べて、今年のキャンプスタイルを色々検討してみてください。

関連する記事

img_6677-695x460
この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
上山 健太

休日になると本領を発揮する、広告系サラリーマン。主に取材系の記事を書いています。フェスやキャンプ場に潜入して、キャンパーの皆さんと会話するのが大好き。若い人たちでキャンプを盛り上げていきたいです!

公式プロライター

  • A-suke
  • 小雀  陣二
  • 長谷部 雅一
  • SAM & 沖田雅生
  • 八幡 暁
  • 写風人
  • 平 健一
  • Takamatsu Misato
  • YURIE
 

LINEでCAMP HACKをもっと手軽に。

最新のキャンプギアやキャンプ場情報などをキャンプに関する情報を毎日配信!
LINE友達限定の毎月当たるプレゼントキャンペーンも開催中!