CAMP HACK[キャンプハック]


DODのタケノコテント

DODのタケノコテントを深掘り!自前グランピングができる6つの理由

0

DODのヒット作「タケノコテント」。ワンポールテントの欠点を克服したワンルームのような居室が魅力で、最大8人で利用することが可能です。今回はそんなタケノコテントの特徴や気になる点を深掘り!ノルディスクに続く、新たなグランピングテントに注目!

midori


アイキャッチ画像出典:DOD

DODのタケノコテントなら自前グランピングも夢じゃない!

タケノコテント
出典:DOD
DODのユニークなネーミングが光る「タケノコテント」。名前の通り、土から突き出たタケノコのような形をしています。
DODのタケノコテント グランピング
提供:DOD
このテントの魅力は、なんといっても室内の広さ。およそ8.6畳分の広さがあり、大人8人が寝られるくらいのビックサイズ。クイーンサイズのエアベッドも置けるので、自前グランピングも夢じゃない!?

2018年にアップデート!

そんなタケノコテントですが、実は2018年にアップデートされた歴史があります。ウォール部(壁)が、ポリエステル75D→150Dと生地の厚みが増したほか、出入り口が1→2つに増えたりと、より使い勝手さが向上しました。

タケノコテントってどんなテント?他にはない6つの特徴

それでは、実際にタケノコテントの6つの魅力について探ってみましょう。

① ルーフとウォールの素材が違う!

DODのタケノコテント 生地
出典:DOD
タケノコテントは、ルーフ部にポリコットン、ウォール部にポリエステルを採用しています。

ポリコットンの魅力は、遮光性の高さ。生地の厚みが濃い影を作ってくれるので、室内温度が上がりにくくなるという特徴もあります。また結露しにくいメリットも見逃せません。

一方ポリエステルは、軽量性と強度のバランスが優れている素材。吸水性が低いので、雨に濡れて生地が重くなるという心配もありません。

② ワンポールより高く、そして広い

DODのタケノコテント ワンポール
出典:DOD
前述しましたが、室内はおよそ8.6畳と贅沢な空間の広さ! クイーンサイズのエアベット(長さ:約203.2cm 幅:約152cm 高さ:22cm)も余裕で入ります。では、なぜそんなに広いのでしょうか? その秘密は8つの角に立っているポールにあります。

一般的なワンポールテントは、1本のポールが大黒柱のようにして支えているため、円錐のような形をしています。ですから天井部に近づくにつれて幅が狭くなり、端っこの方が意外に窮屈……なんてことも。

しかしタケノコテントは、ウォール部に約140cmのポールを設けることで、端まで空間の高さを出し、面積を最大限に活かした構造になっているのです。

夫婦2人と子ども3人とボーダーコリー1匹の家族なので大きめテントを探していました。
寝袋を5個敷いても半分弱ぐらいの広さなので、荷物やリビングなども作れて快適です。(出典:楽天

③ 8つの窓で、開放感が半端ない!

DODのタケノコテント 窓
出典:DOD
タケノコテントには6つの窓と2つの出入口がついています。すべてメッシュになるので、フルオープンにすれば360度から風が入ってきます。

逆に寒い時期は窓をフルクローズすればOK。裾にはスカートがついているので、冬キャンプだって楽しめます!

360度8箇所にメッシュの窓があるので風通しも良いし、蚊を気にせず中で過ごせます。買ってよかったです。(出典:楽天

タケノコテント 出入口

出典:DOD
また出入口にはシェードがついており、上の画像のように下ろせば、雨の日でも安心して靴を置けます。こういった細かな気配りは嬉しいですね。

関連記事