最新キャンプ情報をアプリで入手!CAMP HACK 公式アプリ 無料ダウンロード
着火剤「ファイヤーキット」 火をつける所

ジェントルな焚き火ギアはいかが?必見の3ブランド紹介

2022/08/31 更新

CAMP HACK×雑誌「GO OUT」のニュースメディアサイト”GO OUT WEB”連携記事。GO OUT WEB編集部がセレクトした、アウトドアファッションやギア、キャンプ・フェススナップをCAMP HACKで紹介します。

目次

組み方しだいで4通りの使い方ができる焚き火台ファイヤーボール。

GO OUT WEB編集部がセレクトした冬のキャンプを盛り上げる3ブランドを紹介。

li00
Low Impact ファイヤーボール ¥16200

使用するパネルの枚数をかえることで、三角形から六角形まで好みの形で使える焚き火台「ファイヤーボール」が、ドイツのガレージブランドLow Impact(ロウインパクト)から登場した。6 枚のプレートのうち3枚から6枚まで使用し、プレート同士をかみ合わせてピンで固定する。

li04li06
6枚使用時で直径は33cm。拾った小枝を燃やすネイチャーストーブのような使い方から、バーベキュー、ダッチオーブン料理まで用途に応じた使い方ができる。

1 / 3ページ