田中ケン氏連載企画:アウトドアで人生が変わった『僕のターニングポイント・サバイバルレース編』

アウトドアを仕事とする『快適生活研究家・田中ケン』氏に、アウトドアに関するモノ・コト・ヒトとの出会いを連載していただくこの企画。どんなターニングポイントがあったのか、語ってもらっています。


人生を変えた出来事「レイドゴロワーズ」の出場

人には一生のうち何回か人生を変える出来事がある。僕にも今までに何回かそんなときがあった。

「レイドゴロワーズ」。5人一組(女性を必ず1人以上)でエンジンなどの動力を一切使わず、体力と知恵、経験と限られた道具を使い、約500㎞の行程を2週間かけて走破する。しかも、約50か所のチェックポイントを探しながら、様々な種目をこなすサバイバルレース。人間版パリダカールラリーとも呼ばれ、かなり激しいレースだ!

僕の人生を変える大きな出来事は、このレイドゴロワーズ出場だった。28歳の時である。アウトドアを初めて数年の年月が経っていた。

モデルという仕事をしていたこの時期、体を作るために、ジョギングやジム通いをしていた。山があれば登り、湖があればカヌーを漕いで楽しんでいた。要するに、アウトドアは純粋に楽しむ趣味でしかなかったのだ。

1本の電話で、僕の人生が大きく変わった。その電話の相手とはモデル時代の先輩であり、アウトドアでの兄貴分の木村東吉氏からだった。「メンバーが1人キャンセル出た、一緒に行ってくれないか?」僕は即答を避けた。なぜならかなり厳しいレースである。以前に東吉氏宅に遊びに行ったときにビデオを見せてもらった覚えがある。かなり危険だし、もしかしたら命を落とすこともあるかもしれない。それに遊びでアウトドアを楽しんでいた僕にとって経験のない種目もいくつかあった。断るつもりだった。妻の一言がなければ・・・。まぁ、そのおかげで今の僕がいるのかもしれないが。

6
「行きなし!チャンスでしょ!日本人で初めてなのよ!」この言葉で僕は世界一過酷なサバイバルレース、レイドゴロワーズの出場を決定した。初めて〇〇!この言葉、僕、弱いんです!(笑)

2か月間の準備後、僕は中近東のオマーンという国に旅立った。この年で4回目を迎えるレイドゴロワーズは、アラビア半島の東に位置するオマーンという国で開催された。種目はライドアンドランからスタート。5人に馬が2頭与えられ、2人は馬に、3人は走る。まさにライドアンドランだ。

それが終わるとマウンテンオリエンテーリング、地図とコンパス、高度計を頼りにチェックポイントを見つけて進む競技。というか、レース中はずっとこの感じなんだが、その後はキャニオニング(日本でいう沢登り)、それから、シーカヤックにクライミング、50メートル以上あるであろう絶壁をロープで一気に滑り降りることもしばしば。もう、何でもありである。最後の最後にキャメルライディング(ラクダ乗り)だ。なんとクレイジーなレースなんであろう!



FH000017
朝6時。WAJIと呼ばれる。枯れた沢でライドアンドランでスタートした。ここはどこなんだろう、俺はどこに連れてこられたのであろう。そんな不安の中スタートの合図のライフルが沢の中に木魂した。5人に馬2頭、3人は走る。

僕はトレーニングが間に合わなかったので全てを走ることにした。その距離は約40㎞。いきなりのフルマラソンだ。それも地面は砂利道。先が思いやられる。走り始めて1時間。わがチームはいきなりリタイヤの危機に。子供のころから乗馬の経験がある女性のチームメイトが落馬をしてしまったのだ。メディアのヘリコプターが通り過ぎたその音に馬がびっくりし暴走をしてしまった。彼女を振るい落としてしまったのだ。彼女の腕からは大量の出血、スタートして1時間で僕たちのレースは終わったかと思った。

しかし、奇跡的にタイミングよく巡回中のメディカルサービスのジープがやってきた。その場で麻酔もしないで日本では10針は縫うであろう傷を発った3針縫い大きな絆創膏を貼っただけで僕たちはレースを再開した。彼女は泣きながら連れて行ってくれと言った。僕を含め5人の仲間みんながそれぞれの思いを胸にこのレースに参加しているのだ。

アクシデントをどうにか乗り越えレースは3日目に突入していた。1日2、3時間の睡眠。食事も満足にとることができない。食事だけでなく、水もない。僕の肉体の疲労は3日目にはピークを迎え、リタイヤを考えるようになっていた。

この3日目は僕がこのレースに出る意味で最も重要な日だった。普通の親父のようにできない僕はこのレースの完走をこの日1歳の誕生日を迎える、息子、翔の誕生日プレゼントにしようと考えていた。しかし、体はまさに疲労のピーク。言葉では表現できない気持ちで2000メートル以上ある山越えを何個も繰り返していた。名前も知らないある山の頂で、チームメイトとこの時に一緒に行動をしていたフランス人チームと叫んだ!「HAPPY BIRTHDAY SYO!」目の前に広がる空はつながっている。甘えた気持ちを振り払い、完走すると決めた!

12
その後も道なき道をひたすら歩き続ける。今歩いている道があっているのか、間違っているのかもわからない。このレースの一番の難しいところがこのオリエンテーリングの要素だと思う。そう、それはまるで人生と同じだ。上り坂もあれば下り坂もある。生き方に迷えば考えるどこに行けばいいのか?自分は今どこにいるのか?やがて夢を見つけそれに向かって歩き始める。そして、また道に迷う。このレースはまさに人生そのものであった。

レースも中盤を迎えた。シーカヤックの行程のスタートだ。5人チームには2人艇2艇、1人艇1艇が与えられた。オマーンの海岸線を何と120㎞漕ぎ続ける。気の遠くなる距離だ。素晴らしい景色のビーチを3艇のカヤックはスタートした。この後に地獄が待っているとは知らずに・・・。
スタートして1時間。チームメイトが体調を崩した。2人艇前に乗っているメンバーが全身を痙攣させ苦しがっていた。近くのビーチに上陸した。僕だけでなくほかのメンバー全員がリタイヤを覚悟した。意識が戻った彼がリタイヤしないでくれと叫んだ。彼にも彼の思いがこのレ-スにはあった。休憩を取り彼の回復を待ち僕たちはレースへ戻った。

2人艇の前に乗る僕はちょっと嫌な予感がした。波が荒れてきている。案の定、海に出るとき高波を浴びた。気が付くとスプレースカートのゴムが破れていた。波をかぶるたびに僕のコックピットに海水が入りたまっていく。海水で体が冷え意識が朦朧としてきた。そのあとのことは僕は覚えていないが、結局、オマーンの海上警察に助けられ、カヤックのスタート地点に戻され、病院に搬送された。終わった!僕の挑戦は終わったのだ。

7
病院での診断は極度の疲労からくるものだった。この日に海に出ていたほかの何チームもが僕たちと同じ状況になっていた。レース主催者はこれではレースを続けることができないという判断で順位は与えないがレースを続行していい、という特別措置をしてくれた。

この後もマウンテンオリエンテーリング、クライミングを繰り返した。そして、ある情報が入ってきた。レース終盤にあるキャメルライディングが中止になったという。あまりにラクダが言うことを聞かなくて先頭チームがラクダを砂漠のど真ん中に乗り捨てたことでラクダを貸しているベドウィン族ともめてなくなったらしい。まぁ、これがレースなのである。

レース最終日、地図を見ると迷いさえしなければ後50kmだ。もちろん平たんな道を行くわけではない。夜が明ける前にヘッドライトの明かりを頼りにスタートする。何時間歩いたのであろうか、砂漠の中にたった1本の木があり旗がついているだけの素朴なゴールだった。順位は与えられない枠外という形の完走だった。



レイドゴロワーズ5
僕にとってレイドゴロワーズというレースは何だったのであろうか?誰かを喜ばすわけでもない、決して賞金を稼いだわけでもない。あの、オマーンという国の自然の中で・・・。

道に迷ったり、やめようと思ったり、涙を流したり、死にかけたり。でも、その一つ一つに意味があったような気がする。あのレースの中で僕は田中ケンという人間を裸にすることが来た。もしあのつらい500kmを車で走っていたら今の僕はいない。そして今も僕はあのレースの途中にいるのかもしれない。人生という名前を変えたレイドゴロワーズに!

普通じゃないバーベキュー、やります!

logo
出典:4.29 DAY PARTY 2016

羊肉(ようにく)の日にちなんで、4月29日(金・祝日)に「4.29 DAY PARTY 2016」を新宿中央公園で開催決定。

オージービーフのイメージの強いオーストラリアが、今度はラム肉を引っさげラムづくしのユニークなアーバンバーベキュースタイルを開催!当日は、バーベキューのほかにも「羊のスモークウィンナー」や「羊の生ハム」、さらにはオーストラリアワインの販売ブースもあり、盛り上がること必至!

オーストラリアと日本の国境を跨いだ”羊肉の日”を一緒に盛り上げませんか?

lamb
【4.29 DAY PARTY 2016開催概要】
日時:4月29日(金・祝日)10:00~19:00
※バーベキューは3部制(1)12:00~13:30、(2)14:30~16:00、(3)17:30~19:00各回受付順
場所:新宿中央公園 芝生広場
東京都新宿区西新宿2-11
料金:入場無料・オージー ラム バーべキュセット 3,000円/人
主催:「4.29 DAY PARTY 2016」運営事務局
URL:http://429day.jp/

 

関連する記事

9
この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
田中 ケン

快適生活研究家。アウトドア雑誌などのメディア出演、アウトドアイベントのプロデュースなど多方面で活躍中。アウトドアライフを提案する「ダディーズオピニオン」を設立後、群馬県北軽井沢にてキャンプ場「outsideBASE」を運営している。

公式プロライター

  • A-suke
  • 小雀  陣二
  • 長谷部 雅一
  • SAM & 沖田雅生
  • 八幡 暁
  • 写風人
  • 平 健一
  • Takamatsu Misato
  • YURIE
 

LINEでCAMP HACKをもっと手軽に。

最新のキャンプギアやキャンプ場情報などをキャンプに関する情報を毎日配信!
LINE友達限定の毎月当たるプレゼントキャンペーンも開催中!