【キャンプの達人】キャンプ道具の上手なまとめ方 (前編)

CAMPHACK×LANTERNの連携記事企画!実践派アウトドアメディアサイトLANTERN編集部がセレクトした、キャンプギアや特集記事、キャンプ場記事をCAMPHACKで紹介します。


CAMP HACK × LANTERN

この記事は、LANTERNで掲載された記事の一部をCAMP HACKでもお届けする連携企画です。

今回は、”積載”をスムーズにするための道具のまとめ方についてご紹介します。

【キャンプの達人】キャンプ道具の上手なまとめ方 (前編)

キャンプに行くときの、荷造りに困ったりすることはありませんか?
「あれ?●●はどこに入れた?」など、キャンプ場で荷物をひっくり返して探すなんてことも・・・。

そんなお悩みを解決するために、すぐ役に立つ「キャンプ道具の上手なまとめ方 (前編)」と「車への上手な収納・積み込み<積載>の方法(後編)」の全2回でお届けします。
今回は、「キャンプ道具の上手なまとめ方 (前編)」です。

積載

車に積み込み(積載)する前に

テントやタープ、チェアにテーブルなど、ファミリーキャンプは何かと荷物が多くなります。
テントやタープをコンパクトに収納できるかと言えばできないし、どうしてもとなると使用しているテントやタープを見直さなければなりません。

重要なのはこまごまとした備品、消耗品系を上手にまとめることです。

ベルトコンテナを利用する

コンテナというと、実際に筆者も活用していますが、このようなベルトコンテナをイメージする方が多いのではないでしょうか?

コールマン ベルトコンテナ/L
使用時サイズ:約53.5×36×28(h)cm
収納時サイズ:約53.5×36×6(h)cm
容量:約44L
重量:約2kg
材質:ポリプロピレン


 

このアイテムの特長は、使用しない時はコンパクトに折りたためることです。筆者もその利便性を感じ、購入しました。

使用感は、約44L入る容量と肩掛けできる点は、とても重宝してます。マイナス点をあげると、

・蓋がない
・折りたたむことがほとんどない

ことです。
このコンテナは、車に荷積み(積載)するということよりも、車からテントサイトまで距離がある時などの荷運びには、とても役に立ちます。

ラギッドマルチコンテナーを利用する

ラギッドマルチコンテナー
筆者がおすすめしたいのは、ラギッドマルチコンテナー。ベルトコンテナと違い、蓋があるので荷崩れしにくいこと車に荷積み(積載)する時も重ねることができます。

また、底にターポリンを使用しているので、汚れにも強いのが特長。サイズもS、M、L、LLと4種類あるので、用途別に使い分けることができます。
(写真:上からLL、L、M)

使用例:ラギッドマルチコンテナーLL

ラギッドマルチコンテナーLL413Hパワーハウス ツーバーナーを収納ができる大きさを確保。これをラギッドマルチコンテナーLLに入れ、更にその上にアルミクッカーセットなど、キッチンまわりを収納することができます。

ラギッドマルチコンテナーLL
使用サイズ:約60×38×30(h)cm
重量:約1.7kg
材質:600Dポリエステル、PVCコート生地、ターポリン

使用例:ラギッドマルチコンテナーL

ラギッドマルチコンテナー
筆者は、Lサイズには食器まわりを収納しています。木皿とかはキャンプでの食事のシーンでとても重宝しますが、スタッキングしずらいという悩みの種もあります。

以前は、布袋などに収納してましたが、ラギッドマルチコンテナーLを使用することで、収まりもよくなったことと、メッシュのポケットも付いているので、整理がしやすくなりました。

ラギッドマルチコンテナーL
使用サイズ:約48×30×22(h)cm
重量:約1kg
材質:600Dポリエステル、PVCコート生地、ターポリン

使用例:ラギッドマルチコンテナーM

ラギッドマルチコンテナーラギッドマルチコンテナー
Mサイズにはガス缶やLED類を入れています。(ハンギングオーガナイザーに、各種乾電池類をまとめています)

ポイントは、同じカテゴリ(ジャンル)毎でまとめておくことです。そうすることで、キャンプ場に到着した後の設営作業が格段に楽になります。

ラギッドマルチコンテナーM
使用サイズ:約45×19×19(h)cm
重量:約650g
材質:600Dポリエステル、PVCコート生地、ターポリン


木箱を利用する

木箱
以前も紹介したリンゴ箱をDIYした木箱も活用しています。(家で収納する時は、このまま棚に置いています)

キャンプ道具まとめ
こまごましたものを収納できるように中に仕切板を入れ、二段構成にしています。

キャンプ道具まとめ
木箱は、作業台やテーブル替わりにもなるので、荷物を減らしたい時にとても役に立ちます。
調理する作業台として利用する時は、調理器具などを入れ持っていくことで、モノがまとまりキャンプ場に着いてからの整理がとても楽です。

家でキャンプ道具を片付ける時に、収納ケースから毎回出し入れをしてしまうと面倒ですね。
ポイントは、キャンプが終わり家に帰ったあとの、家での収納も意識することです。

まとめ

・同じカテゴリ(ジャンル)毎にまとめる
・家での収納を意識すること

この2点がとても重要です。次回お届けする【車への上手な収納・積み込み<積載>の方法(後編)】の基礎になりますので、しっかり覚えておいてください。

キャンプを楽しむためには、事前の準備が重要ですが、その準備は片付ける時から始まっています。
何をどこに片付けたのか?分からなくならないように、それぞれの収納ケース毎の役割を決めておきましょう。そうすればキャンプはもっと楽しくラクになるはずです。

【LANTERNのおすすめ関連記事】

【キャンプの虫対策その1】~テントへの虫の侵入を防ぐ〜キャンプ好きでも虫は苦手ですから。

【これからキャンプを始める人向け】まずはテントの種類と特徴を知ろう!
見た目重視で家でも使えるキャンプ道具をチョイス!
LANTERNはこちら

Lantern

キャンプ情報メディア「ランタン」は、現場で役立つキャンプ術、キャンプ用品のレビュー、アウトドア関連のイベント情報などをお届けします。独自取材の体験レポートやキャンプスタイル、地方の魅力を発信するコンテンツもお見逃しなく!

 

LINEでCAMP HACKをもっと手軽に。

最新のキャンプギアやキャンプ場情報などをキャンプに関する情報を毎日配信!
LINE友達限定の毎月当たるプレゼントキャンペーンも開催中!