私はこのキャンプ道具を家でも使っています。【vol.1】

2018/11/19 更新

家でもキャンプ道具を使うと、ちょっと日常が楽しくなるかも?実は色んな場所でキャンプ道具が使えそうなチャンスがあるんです。見事に活用している事例を見て、自宅で想像を膨らませてみませんか?家で眠らせておくにはもったいないかも!


記事中画像撮影:筆者

家でもキャンプ道具を使ってみよう

キャンプ道具 家
機能美に溢れるキャンプ道具を、「家」でも活用している人が増えてきているのはご存知ですか? 収納スペースの節約のために使っている方や、インテリアの味として活用している方など、目的はそれぞれ。

この記事では、「家使い」にフォーカスしたキャンプ道具の活用テクニックをご紹介していきます!まずは私の自己紹介からお付き合いください。

アウトドアライター山畑理絵の自己紹介

キャンプ道具 家
アウトドアライターの山畑理絵です。主に雑誌ウェブメディア等で執筆をしています。

四季を通してフィールドにくり出す日々を送りながら、自分にとって心地のいい暮らしを模索しつつ、ハーフビルドした小さなログハウスを拠点に現在活動しています。
キャンプ道具 家
22歳くらいのときにはじめたキャンプも、いよいよ今年で10年目。ソトアソビを楽しんでいるうちに、あれよあれよという間にキャンプ道具が増えていきました。

でもアウトドアの道具って、必ずしも安い買い物なわけではありませんよね。それに、1年の大半を眠っているだけじゃ、なんだかもったいない気もするし……。

今回は、そんなアウトドアライターが家でもヘビーユーズしている、3つのキャンプ道具をご紹介したいと思います!


家使いアイテムその1:私流・ちょっと意外なタープ用ポールの使い方

キャンプ道具 家
まずは、「タープポール」。キャンプになくてはならない、縁の下の力持ちです。

わたしが使っているのは、MSRの「アジャスタブル ポール」。このスタイリッシュな見た目と、差し色として目立つ“赤色“が好きで、何本か愛用しています。

タープポールをハンギングポールとして活用!

キャンプ道具 家
そんなデザイン性の高いポール、家ではグリーンやウェアの「ハンギングポール」に変身します。家のなかでデッドスペースになりやすい、階段の上のスペース。そんな“余白”の活用に、じつは使えるんです!

キャンプ道具 家
小さめの観葉植物を吊り下げたり、雨で湿ってしまった中綿ウェアを乾かしてロフトを回復させたり。ときには、シュラフを干す場所にもなっています。

外の物干し竿に干すこともできるけれど、直射日光に当てたくないものってありますよね。そういったアイテムを吊るしたいときに、とても役立っています。

それに、いかにも“物干し竿!!”感がないので、部屋のインテリアともなじみやすい点も、グッドポイント。

ここが悩みの種……

キャンプ道具 家
階段がある、もしくは、ポールをひっかける場所がある(もしくは、作る)ことが前提なので、かけられる場所を限定してしまうこと。

あと、中心部に重たいものを吊るすとたわんでしまうので、その辺りは注意が必要です。とはいえ、そもそも本来の用途ではないため様子を見ながら。
ITEM
MSR アジャスタブル ポール 4フィート 2本セット
●サイズ:120cm(119~140cm)×径12.5mm
●材質:アルミニウム
●重量:190g
●収納サイズ:44cm
●特徴:3段階、10cmピッチ

家使いアイテムその2:朝食からおつまみ、スイーツもいけちゃうスノーピークのアレ

キャンプ道具 家
2つめのアイテムは、『スノーピーク』の言わずとも知れた名品、「トラメジーノ」。わたしがキャンプをはじめたときに買った道具の初期メンバーで、かれこれ10年のお付き合いです。

何を作ってもおいしくできる!

なんといっても、おいしいホットサンドが簡単に作れること!

ホットサンドって、冷蔵庫の残りものの整理にもちょうどいいんですよね。固くなりはじめた食パンも、とにかく挟んで焼けばおいしくなる! ほんと魔法の調理器具だと思っています。

キャンプ道具 家
本来はパンの耳を切った方が焦げないけれど、我が家は耳ごと焼きたいタイプ。
キャンプ道具 家
異なる食材を一度に調理できるところもいいです。正直に言えば家庭用のフライパンでも事足りるんですが、なんとなくキャンプの気持ちのいい朝を味わえる気がして、トラメジーノを使いたくなっちゃうんですよね(笑)。

ここが悩みの種……

厚みのあるもの(4枚切りの食パンとか)、大きい食材は挟みにくいところ。なので、朝昼はホットサンドとかホットケーキ、夜はちょっとしたオツマミを作りたいときに。

ちなみに、よく作るオツマミは“油揚げの味噌焼き”。油揚げのなかにお味噌(即席みそ汁でもOK)を塗り、トラメジーノに挟んでカリっと焼くだけで即席おツマミの完成です。ぜひお試しあれ!
ITEM
スノーピーク ホットサンドクッカー トラメジーノ
●サイズ:(最大)190×330×30mm
●収納サイズ:210×190×30mm
●材質:本体/アルミダイカスト(内側:シリコン加工)・金属、ハンドル/ステンレス、グリップ/竹集成材
●重量:0.85kg



家使いアイテムその3:これぞ名コンビ! 自宅のくつろぎタイムに欠かせないヤツら

キャンプ道具 家
3つめのアイテムは、「座椅子&スリーピングマット」。

座椅子+マットの組み合わせは、家でも最強!

キャンプ道具 家
私の家のくつろぎスペースはこの2アイテムで作られています。サッと敷いてサッと片づけられるのはキャンプ道具ならでは。

最初はロフト用にラグマットでも買おうかと考えました。でも、そのためにわざわざ買うのも荷物が増えるし……と悩んでいたところ思いついたのが、このスリーピングマットの3枚敷き。

偶然にも、持っていたマットを総動員したらロフトスペースにジャストフィット! 座椅子&スリーピングマットは、ぐーたらタイムに最高のコンビですね!

ここが悩みの種……

強いて言えば、マットを畳む手間。キャンプや山で出番があるときは、その都度空気を抜いて畳む手間があることくらいでしょうか。

でも眠らせているよりは、使うための手間なんて全然気にならないですけどね!
ITEM
クレイジークリーク HEX2.0 オリジナルチェア
●サイズ:全長83×38cm
●折りたたみ収納時:12×42cm
●重量:614g
●座面素材:70Dリップストップナイロン
●背面素材:210Dリップストップナイロン

便利なアイテムは、家でも使いたい!


キャンプ好きなら、“あの特別な癒しの空間、家でも再現できたらなぁ~”とか、“アウトドアテイストの部屋にしてみたい”なんて、一度は考えるもの。かくいう筆者も、そのひとりです。

とはいえ、キャンプ道具を日々の生活に取り入れたからと言って、キャンプさながらの癒し空間を100%再現することはできないけれど、少しはキャンプの空気を味わえる気がしています。

それに、あれやこれやと自分だけの使い方を考えるのも、じつは結構楽しかったりするんですよね!

ほかにもいくつか自宅で使っているキャンプ道具があるので、それはまた次の機会にご紹介したいと思います。
山畑 理絵の記事はこちら

関連する記事

この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
山畑 理絵

春夏秋冬、日本の美しいフィールドを求めてフラフラしているアウトドアライター。元・キャンプ用品店勤務。自分にとって心地のいい暮らしを模索しつつ、ハーフビルドした小さなログハウスで日々活動しています。

公式プロライター

  • たけだバーベキュー
  • YURIE
  • 平 健一
  • 写風人
  • Takamatsu Misato
  • SAM & 沖田雅生
  • 小雀  陣二
  • A-suke
  • 長谷部 雅一
  • 八幡 暁
  • 風森 美絵
  • カノウ ヒナタ
     

    LINEでCAMP HACKをもっと手軽に。

    最新のキャンプギアやキャンプ場情報などをキャンプに関する情報を毎日配信!
    LINE友達限定の毎月当たるプレゼントキャンペーンも開催中!