【ダイソーで発見!】今すぐBBQが楽しめちゃう100均の便利アイテムを実際に使ってみた

あらゆる生活雑貨が揃う100円ショップ「ダイソー」で買えるアウトドアグッズをご紹介!その中でもこれからの季節に楽しみたいBBQアイテムをピックアップしました。「100円なのにこんなに使えるなんて……」と驚きの生まれるアイテムが続々です。


ダイソーアイテムでBBQが気軽に楽しめる、嘘のような本当の話。

出典:ダイソー
皆さんお馴染みの100円ショップ「ダイソー」で本気で使えるBBQアイテムを発見! 「ダイソーアイテムだけでBBQできちゃう……!」と言わんばかりの豊富なラインナップです。

そこで実際にキャンプで使用したBBQで使える100均アイテムをご紹介していきます。節約できる部分は100均を上手に活用し、アウトドアを気軽に楽しみましょう!

思い立ったらすぐBBQ!使い捨ての「インスタントコンロ」


近年アウトドアブランドからも多く発売されている使い捨て「インスタントコンロ」をダイソーで発見! 100円ショップながらも、お値段は少し高めの300円(税抜)。

網・コンロ・スタンド・着火材・炭の5点が全てセットになっており、これ1つでBBQを楽しめるという便利アイテムです。


いざ開封! パッケージを外すと、スタンドと本体が登場。本体は、炭の上に紙のような着火材がセットされた状態になっていて特に難しい作業はなし。スタンドに本体を乗せるだけでセッティングは完了です。


次に着火材に火を付けます。みるみる間に燃え広がり、着火材が完全に燃え尽きるまで10~15分ほど放置します

その間に野菜を切ったりBBQの材料を準備していると、熾火状態の炭が完成していました。


本体サイズは、約270×220×50mm。お肉や野菜を乗せてみると、大人2人でまったりBBQするには充分なサイズといったところ。

正直100円ショップのアイテムだったので使用に少し不安がありましたが、全く問題なくBBQが楽しめました。


気になる点としては、スタンドの高さがあまり無いので輻射熱に注意したいということ。ウッドテーブルの上で使用する場合は、念のため1枚、板などを挟んで使用した方が良さそうです。

またセットの炭は燃焼時間が、約1時間程度の使いきりの量。大人数で豪快にBBQを楽しみたい方や食べ盛りのお子さんのいるご家庭は大きなBBQグリルで楽しむのが吉です。

用意と片付けに手間が要らないことを考えると、これが300円で手に入ることに驚きのアイテムです。お家の庭でちょっとBBQ気分を味わうにもオススメです!

ダイソーの焼き網は、自立する!


100円ショップに焼き網が販売されていることは、皆さんご存知ですよね! サイズ・形状など様々な物が取り扱われていますが、その中から「これは使える!」と感じた便利な焼き網をご紹介します。


それが、こちらの3段階の高さ調整が可能な「焼き網(折りたたみスタンド付き)」!


焼き面の裏側を見てみると両サイドに3箇所のツメがあり、スタンドの脚を引っ掛けて高さを変えられるようになっています。焼き網として使えるのはもちろんのこと……


カセットガスコンロにセットすれば、トースターとしても使用できます。食パンもサクッと美味しく焼きあがりました!

焼肉など汁が垂れるものの使用には向いていませんが、スルメなど簡単に炙ったりするおつまみに活用できます。


さらにBBQコンロの焼き網の上に乗せれば、焼けたお肉の避難所に。「ほら、早く食べて食べて~」と焦らずにゆったりとBBQが楽しめ、お肉がちょうどいい保温状態になります。

使用法を探っていくのが楽しいスタンド付き焼き網は、お値段100円(税抜)と”買って損なし”なアイテムです。

水の持ち運びもこれ1つで「ウォーターバッグ」


次は、コンパクトな「ウォーターバッグ」をご紹介。今回大人5人でのキャンプだったため、一番大きいサイズの容量3.9Lをチョイスしました。
持ち運びの際はくるくると丸めコンパクトに収納でき、キャンプ場ではもちろんフェスなど炊事場が遠いときに大活躍してくれそうです。


ジャグと違い、専用の蛇口はないので水を注ぐときは慎重に!

さらにこのアイテムの注目ポイントは、本体ごと冷凍が可能だということ。家で水を入れ凍らしておけば保冷材代わりにもなる一石二鳥アイテムです。

遊び心のあるスキレットグッズの品揃えが凄い!


ダイソーには「最強コスパ」のスキレットシリーズも販売中! 今回コンパクトサイズが可愛らしい200円(税抜)の「イモノ取手付皿」もGETしました。

目玉焼きを焼いてみるとジャストサイズ。長方形の目玉焼きがなんともキュートです。

さらに遊び心のあるアイテムを発見!


それがこちらの「スキレット型計量スプーン」! キャンパーなら思わず手にとってしまう、このアイテム。


大さじ、小さじそれぞれ2分の1の量が計測できます。家で使用していても、アウトドア気分が味わえるので取り入れてみてはいかがでしょう。

大人数でのBBQに助かるカトラリーグッズ

紙コップスリーブ


これからのシーズン大人数でのBBQの機会も増えてきますよね! そんな時に紙コップを使用していると「あれ、自分のどれだっけ?」なんてことに陥りがち。

そんな時に目印となる「紙コップスリーブ大」も108円。まるでレザーのような風合いですが、素材はポリウレタンです。


紙コップでの使用はもちろん、シングルウォールのステンレスマグにもジャストフィット! 温かい飲み物も安心して持てます。

コンパクトで軽量なセット食器


ダイソーの売り場を見渡していると、セットになった食器も多く販売されていました。手のひらサイズに収まるプラスチック「ピクニカ小皿」は、5枚セットで108円。


BBQのタレ皿にもちょうど良く、カラフルなので使い分けのしやすさも◎。洗えば何度でも使えるので、紙皿を買うより経済的です。

軽量カップの役割も果たすコップ


コップもセットアイテムが販売されています。スタッキングして、透明の容器に収納可能。さらに容器にはメモリが付いていて、軽量カップとしても使えたりと、細かい心遣いが嬉しいアイテムです。

全てのアイテムを揃える前にダイソーに行ってみよう!


いかがでしたか? 進化を続ける100円ショップアイテムの数々。何といっても「とりあえず使ってみたい」を叶えてくれるコスパが魅力的です。

アウトドアに”お金がかかる”とハードルの高さを感じている人は、とりあえず100円ショップに行ってみよう! 新たな発見が見つかるかもしれません。

BBQアイテム以外にも便利アイテムがありますよ!

ダイソーには、まだまだキャンプで使える収納アイテムや便利グッズが盛りだくさん! 足を運ぶ前に参考にしてみてください。

Feel free to BBQ with Daiso

ダイソーグッズで気軽にBBQを!

関連する記事

この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
CAMP HACK編集部

CAMP HACK運営&記事編集担当。2018年は、ワカサギ釣りから始まり、登山キャンプ、SUP、カヌー、野草料理、ラジコン、360度カメラなど…キャンプを基地にして色んなアクティビティーに挑戦したい。

公式プロライター

  • たけだバーベキュー
  • YURIE
  • 平 健一
  • 写風人
  • Takamatsu Misato
  • SAM & 沖田雅生
  • 小雀  陣二
  • A-suke
  • 長谷部 雅一
  • 八幡 暁
  • 風森 美絵
  • カノウ ヒナタ
     

    LINEでCAMP HACKをもっと手軽に。

    最新のキャンプギアやキャンプ場情報などをキャンプに関する情報を毎日配信!
    LINE友達限定の毎月当たるプレゼントキャンペーンも開催中!