CAMP HACK[キャンプハック]


ファイヤーサイド焚火台

新作焚き火台も!ファイヤーサイドのオンラインショップがオープン【写風人の駒ヶ根アウトドアライフ~第3章#24】

4

長野・駒ヶ根に活動のベースとなる基地「K-BASE」を所有し、アウトドアライフを満喫する写風人さん。今回は写風人さんとが勤めるファイヤーサイド社のオンラインショップ開店のお知らせ! 子供と一緒にアウトドアをじっくり楽しむアイテムから新作焚き火台まで、目玉商品を教えてくれました。

写風人

制作者

写風人

南信州在住の写真家。ファイヤーサイド・グリップスワニーの撮影にも携わる。森で暮らし、薪ストーブは3台を使うヘビーユーザー。薪づくりや焚き火など生活そのものがアウトドアライフ。

...続きを読む
写風人のプロフィール

アウトドアマン・写風人さんが送る“南信州の森暮らし”

長野県・駒ヶ根市に居を構える写風人さん。アウトドアと密接な日々の暮らしを綴ります。

写風人
1955年生まれ。GRIP SWANYオフィシャルカメラマン。FIRESIDE薪ストーブエッセイ著作家。2019年より南信州に移住し、薪ストーブを中心とした火のある生活を愉しんでいる。Instagramのアカウントは@syahoo_jin

この秋、ファイヤーサイドの製品がもっと身近に

キャンプギアを買うようになったのは、20歳前後。1975年頃の事です。当然パソコンもインターネットもなく、物流インフラも郵便小包しかなかった時代。

キャンプギア情報は雑誌や友人から入手し、県内外の実店舗を巡り歩いていました。ファミリーキャンプを始めた頃の1990年代前半も、まだ楽天やアマゾンなどのECモールはなかったと思います。

その頃を思うと、今はわざわざ車を走らせて店舗を巡る必要もなく、クリックひとつで欲しい物が手に入る実に便利な世の中になりました。

便利なネット社会と言えば、私の勤めているファイヤーサイドが、この秋初めて公式オンラインショップを立ち上げました。
ラインナップの中心は「火育」をテーマにしたオリジナル商品。好奇心旺盛な子供たちが、自ら薪を手にしエネルギーを生み出すまでの焚き火体験をサポートすることで、豊かな心や生きる力を育みます。

ほかにもキャンプに持ち出しやすいコンパクトな焚き火台など、「親子で楽しめるモノづくり」をテーマにファイヤーサイド流の視点で提案された新作アイテムが多数登場。

その中から特にオススメの商品を数点ピックアップしてご紹介したいと思います。

レインボーファイヤーブラスター

煙を吸い込むリスクを軽減する逆止弁付きのファイヤーブラスター。「誰もが安全な火起こしを楽しんで欲しい」……そんな思いから生まれた商品です。
吹き口には天然木を使用しており、安心してご使用いただけます。
革製ループ付きでハンギングに便利。カラフルな7色を用意しました。

商品詳細はこちら

フィールド鋸(のこぎり)

フィールドでの薪の調達やポールやハンガーの自作するなど、様々なシーンで活躍する万能アイテムの「鋸」。切り進んだ際に切り口が刃に当たらないバックテーパー加工によりストレスなく使用でき、切り口も綺麗です。
木製ハンドルは手に馴染むカーブ型で、より少ない力でスムーズな切断が可能。お子さんが初めて使う鋸にオススメです。

商品詳細はこちら

小割腰鉈(こわりこしなた)

一方、こちらは鉈刃の形状は両刃仕様となっており、焚き付け用の薪割り作業やバトニングなどに重
宝します。また重心を先端に移動させることで軽い力で振り下ろせる設計です。

携帯性を重視したコンパクトデザインのため、誰にでも扱いやすいサイズ。ハンドルには伊那の山林で育った樹種(サクラ・クリ・クルミ・クヌギ)を使用しており、伊那谷の思いがこもった逸品です。

ちなみにすべての素材はファイヤーサイド社の地元である長野県南部の伊那谷で製造されたもので、地域の伝統産業活性化にも取り組んでいます。

商品詳細はこちら

フィールドギアベルト

こちらは、フィールドで散らかしがちなツールをひとまとめにしてくれる便利なベルト。先に紹介した鋸や鉈も、この通り身に着けて持ち運ぶことができます。
腰巻き・肩掛けなど状況に応じて様々なパターンで使用可能。サイズは子供から大人まで使えるS・M・Lをご用意しています。

商品詳細はこちら

フィールドスモック・エプロン

フィールドで子供達が思いっきり遊べるスモックと、お子様とお揃いコーデできるエプロンも。オーバーサイズのスモックは、夏は風通し良く冬は下に着込むことができるのでオールシーズン着用できます。
エプロンは大人用キッズ用ともに大きなポケットとハンマーループ付き。裾には取っ手があるのでログキャリーとしても使えます。どちらもコットン100%のオックスフォード生地。使うごとに風合いが増し、愛着沸く一枚になります。

スモックの詳細はこちら
エプロンの詳細はこちら

ファイヤーサイド焚火台

ファミリーキャンパーだけでなく、焚き火をじっくり楽しみたいというすべての方にチェックしていただきたいのがこちら。灯篭をモチーフにした形状と防風板からこぼれる灯りが幻想的な焚き火台です。
すべての部品が器に収まるため収納時もかさばらず、丈夫な帆布製収納バッグ付きなので持ち運びも快適です。
長年の研究で導き出された独自のエアフロー設計により、煙の抑制を実現。クリーンで快適な焚き火を楽しめる機能面のほか、ヘラ絞り職人の手により細部まで妥協することなく丹念に仕上げられた精巧な造りも秀逸です。

商品詳細はこちら

いかがでしたでしょうか。どれも安全性や利便性を考えながら、もっとキャンプが楽しくなる工夫を施したものばかりです。その他にもここでは紹介しきれなかった魅力的アイテムがまだまだあります。今秋11月1日にオープンしたばかりのファイヤーサイド公式オンラインショップをご覧ください。

ファイヤーサイド公式オンラインショップはこちら

写風人の過去の連載記事はこちら

関連記事