最新キャンプ情報をアプリで入手!CAMP HACK 公式アプリ 無料ダウンロード
キャンパーズコレクションのエブリデイキャリー

圧倒的な収納力!キャンパーズコレクションの「深型キャリーワゴン」が、いま調子いいぞ

AD for Outdoor

キャンプやフェスでキャリーワゴンを持っていく人は大多数。でも、多くのモノは収納部分が浅く、あまりギア類を載せられなかったり、長いモノを入れにくかったり、さらには荷物が落ちやすかったりと問題が多くありませんか?それならキャンパーズコレクション の「深型タイプ」のキャリーワゴンが正解!その魅力を検証してみました。

目次

キャリーワゴンはキャンプやフェスで大活躍!だけど…

キャンパーズコレクションエブリデイキャリー

キャンプやフェスで、モノを運ぶときに便利なキャリーワゴン。使っている人も多いのでは? 各社から販売されている多くは、ケースが浅い(浅型)タイプ。でも、テーブルやテントなどの大型のものは、正直不便と思うこともあるでしょう。

そんな中、高コスパで有名なキャンパーズコレクションがそれとは対照的の「深い(深型)タイプ」のキャリーワゴンを提案! どんなアイテムか、浅型タイプと比較してその魅力を探ります。

なぜ深型タイプがいいのか徹底検証!浅型タイプと比べてみた

それでは早速、浅型タイプのキャリーワゴンと深型タイプのモノを比べてみましょう。まずはキャンプで必須のテント類から。

検証その①:テントやタープなどを運ぶとき

テント、タープ

テントやタープ、人気の高い2ルーム構造の大型テントといった大きいギア類は、手で持っていくとなると不便。ましてや、駐車場にクルマを置く必要があるキャンプ場やフェスでは、遠いサイトまで持っていかなければなりません。

そんなとき、キャリーワゴンは大活躍!

1 / 3ページ