キャンプギアを安く探したいなら!キャンプ記事やセール情報を毎日お届けするアプリ 無料ダウンロード
ヴァシランドST

最高にちょうどいい!「シマノ」のクーラーに出会ったら、俺の理想に一歩近づいた【私的神アイテム】

あらゆるメーカーから展開されているクーラーボックス。これまで使っていたクーラーはそれはそれで十分ではありました。しかし、これから暑くなるので買い替えも考えていたところ出会ったのがシマノのクーラーボックス

保冷力や使い勝手、そして値段が“ちょうどいい”神アイテムだったので紹介していきます。

AD for Outdoor

目次

今のクーラーに不満はないけど……

今のクーラーに不満はないけど……

オートキャンプを愛し、ギアを愛して7年目のアウトドアライター、秋元です。今回の話題はクーラーボックス。筆者は、7年前に購入したハードクーラーを使い続けてきましたが、保冷力や容量がもう少しあればな、と思うこともありました。

理想のハードークーラー!?シマノの「ヴァシランド」

理想のハードクーラー「ヴァシランド」

そんな中、自分の今の使い方にフィットしそうなクーラーボックスが登場したので、思い切って導入してみたら、これが”ちょうどいい”クーラーでした。

そのクーラーボックスがこちら! 世界が誇るジャパンブランド、大手釣り具メーカー、シマノの最新クーラーボックス「VACILAND(ヴァシランド)」です!

「ヴァシランド」が最高にちょうどいい5つのワケ

ヴァシランドSTを選んだワケ

筆者が出会ったのはスタンダードモデルの「ヴァシランドST 40L」。ここからは、”ちょうど”いいと思ったその理由を紹介していきます!

【1】シマノのハイグレードシリーズなのにコスパがいい!

ヴァシランドシリーズ

「ヴァシランド」には、保冷力や素材の違いでPRO、EL、ST、VLと4つのグレードがあり、それぞれ32リットルと40リットルの2種類の容量があります。

PROは6面に真空パネルが採用されており、かつてない保冷力を実現。続くELは3面真空パネル、STは全面に発泡ウレタン断熱材、VLは全面に発泡ポリスチレン断熱材が採用されています。

そんなシリーズの中からこのモデルを選んだ理由の1つが、コスパのよさ。最大氷保持期間13日間の最上級モデル「ヴァシランド PRO 40L」も検討しましたが、10万円以上の価格はネックでした。自分の場合、長くても3泊4日なので「ヴァシランド ST 40L」で十分と判断。

保冷力と価格、サイズのバランスがいい

ディテールの高級感に違いはありますが、価格も4万円台なので、最上級モデルと比較したときのコスパは抜群です。

1 / 2ページ