ついに梅雨到来!キャンプ服装の選び方1・2・3!

キャンプの天敵「雨」!梅雨時期には天気予報に裏切られることもしばしばですよね?そんなときにも安心の 服装選びのハウツーを紹介します!しっかり準備をして、雨を味方に楽しいキャンプライフを送りましょう!


    楽しいキャンプ!しかしあいにくの雨…レインウェアってどんなものがいいの?


    自然の中で行うキャンプは、天気予報に裏切られることもしばしば。とくに6月の梅雨時期であればなおのことですよね。

    そんなときに準備しておきたいレインウェア!けど実際どんな所を見て「買い」なのか判断すれば?今回はそんな悩みを解決すべく、レインウェアの選び方について紹介していきます。

    雨を味方に!キャンパー目線のレインウェア選び”9つのポイント”

    ここでは、キャンプに適したレインウェアである「レインスーツ」にフォーカスしてご紹介!レインスーツなら、頭の先から足首まですっぽり覆われるので、設営時などに降り始めた雨でも休むことなく終わらせられます。ちなみに、レインスーツとは、防水加工されたジャケットとパンツがセットになったウェアのこと。

    1.頭までしっかり防げるものを!

    レインスーツにフードは必須。首まわりの密着度合いを微調整できるアジャスタブルフードと言われるフードであれば、抜群のフィット感。雨から頭をしっかり守ってくれます。

    2.雨の侵入をシャットアウトする止水ファスナーは必須

    いくら防水してもポケットから水が浸入してしまっては元も子もないですよね。止水加工されているファスナーであれば雨の侵入を防ぎ、携帯や財布など、大事なものを入れられるので安心です。

    おすすめ「レインスーツ」はこちら



    3.ポケット内側メッシュベンチレーションでムレを軽減

    雨風を通さない素材で作られているレインスーツは自分の体温で内部がムレてしまいがち。そこで、素早く軽減できるようポケット部分にメッシュ加工が施されているジャケットで、雨の日を少しでも快適に過ごせます。

    4.そで口は絞れること!
    _O5O9496
    そで口はマジックテープでアジャスタブル(調整)でき、様々な手首のサイズに対応してくれるものを選びましょう。特に腕を上にあげたり自転車に乗ったりする時は、ここの絞りがとても役立ちます。あると無いとでは大違いなポイント。

    5.上着のみでもコンパクトに収納可能

    使わない時はカバンの片隅に入れておける収納力もレインスーツ選びにおいて重要なポイント。ジャケットをくるくる丸めていき、そのままフードの中にすっぽりと収めることができます。

    常備しておく為にも、持ち運びのしやすさと畳みやすさ、この2つが両立しているものがおすすめです。

    6.パンツは着脱のしやすさ重視で、ゴムがいい
    _O5O9811
    パンツの着脱は上着より時間がかかってしまうもの。ゴムでのウエスト調整なら着脱の時間も短縮でき、手軽にワンタッチでウエストを絞れます。なにより動きやすい使用感が◎。

    7.パンツの内側に簡単アクセスできる
    _O5O9832
    数あるレインスーツの中でも、あまり見られない”スルーポケット付き”機能があればパンツの内側に簡単にアクセス可能。ファスナー部分には雨水が浸入しないような工夫が施されているか確認しておきましょう。

    8.パンツの裾は上部まで開けられること

    パンツ裾がワイドオープンできるものであれば、足を通しやすくスムーズに着脱できます。

    9.収納ケースがあること
    _O5O9854
    写真の商品は、5で紹介したように上着は上着のみでフード内に収納でき、上着とパンツの両方もこの専用の収納ケースに入れて持ち歩けます。

    濡れたままレインスーツをカバンの中に入れる、なんてことがないためにも収納ケースは必須なオプションとも言えます。


    全てのポイントを抑えた、キャンパー目線のおすすめレインスーツ


    今回紹介したレインウェア選びの9つのポイントを全て備えたもの、それがコールマンの「レインスーツ」。防水性はもちろんのこと、動きやすさも注力されているモデルです。

    体のラインにそって縫われているので、膝を曲げる動作もスムーズ!キャンプ設営時のことも意識したコールマンらしいレインスーツです。


    そして、特筆すべきはシルエットのスマートさ。レインウェアを着たスタイルは身体よりも一回り大きくダボっとなりがちですが、この「レインスーツ」はフィット感を重視したデザインで着心地も抜群!

    機動性とデザインを兼ね備え、レインウェアに必要なポイントを全て網羅している優等生のようなレインウェアです。

    レインコート・ポンチョそれぞれの良さ

    IMG_000471
    スタイリッシュなデザインと動きやすさが特徴の「レインスーツ」をご紹介しましたが、ふだん使いにも便利なレインコートとポンチョスタイルにも、それぞれに嬉しい利点が。


    レインコート「フィールド レインコート」は、後ろの丈が長く作られ、ザックを背負った上からでも簡単に着用できる巾着スタイル。

    自分の身体だけでなくザックカバーとしても活躍してくれ、厚手のアウターや荷物が多いときでも余裕をもって羽織ることができるゆとりがあります。

    また、背面にリフレクターも付いているので夜道でも安全!

    ポンチョ「ファンスタンドポンチョ」は上の2点と違い、男女兼用の大きめサイズで、すっぽり全身を覆えます。また、EVA素材を使用しているので軽量です。

    フェスやスポーツ観戦などで盛り上がっているとき、突然の雨にもすぐに対応できる手軽さはポンチョスタイルならでは。

    まとめ


    今回は、レインウェアの選び方、そしておすすめのレインウェア類としてコールマンのプロダクトをご紹介しましたが、いかがでしたか?

    豊富なカラーバリエーションが揃っていて価格も手ごろ。親子で色違いを楽めるようレインスーツにはメンズ・レディース・キッズサイズを用意されています!コールマンのレインウェアを相棒にして、梅雨を楽しんじゃいましょう!

    コールマンのレインウェアはこちら

     

    sponsored by コールマン

    CAMP HACK 編集部

    CAMP HACK運営&記事編集担当。少しずつキャンプの回数も増えていき、いまは月2~4回ほど全国のキャンプ場を訪問中。今年はテントから色んなギアを新調して、新しいスタイルに挑戦したい。

    アウトドアのすべてを、ひとつのアプリで。

    150以上のアウトドアメディアの記事や動画、3万枚以上のみんなの写真も見られる!
    アウトドアの「知りたい!」「行きたい!」がきっと見つかる!
    お気に入りの記事や写真を集めて、スキマ時間に素早くチェック!