最新キャンプ情報をアプリで入手!CAMP HACK 公式アプリ 無料ダウンロード
レインマックス ダイワ ジャガードレインジャケット

キャンプをずっと楽しむために!アウトドアが直面している“課題”に取り組む、ある意外なメーカーをご存知?

AD for Outdoor

編集部では、ヨーロッパ最大級のスポーツの展示会「ISPO」に昨年に続き取材を敢行!するとかの有名な釣具メーカーが出展しているのを発見。登山やスキーメーカーが中心のISPOの中で、なぜ出展をしているのか、そしてそこから気づいた世界のスタンダードの取り組みについて伺ってきました。

目次

「ソロ」に「女子キャン」。キャンプは日々進化している

テント
引用:AKT

20年以上前に流行ったキャンプスタイルから、ノルディスクに代表されるコットンテントを使ったいわゆるオシャレなファミリーキャンプが登場して約5年。最近ではソロキャンプや女子キャンプが注目されているのはみなさんもご存知のはず。

これからはキャンプスタイルに留まらず、キャンプと異なる“アクティビティをプラスした遊びのスタイル”が主流になっていくのでは? と考えています。中でもいち押しは「釣り」。

釣り
イメージ画像であり、ダイワとは関係ありません

釣りはオートキャンプ場に隣接する湖や川でできるとあって、キャンプと身近なアクティビティと言えるのではないでしょうか。そんな釣りのメーカーとして人気のダイワ。

ヨーロッパ最大級のアウトドアを含むスポーツの展示会「ISPO」に出展したダイワのこれまでコアなフィッシングウェアの商品企画を長く担当し、セレクトショップ向けウェア「DAIWA PIER39」の中心的役割を担う黒田さんに、キャンプとの親和性やプロダクトについて、そしてISPO出展の目的について話を聞いてみました。

1 / 2ページ