カリスマ女性キャンパー直伝!ファミキャンを”10倍”楽しむマル秘テクニックとは?

夏休み本番!今回は、人気インスタグラマーmarimariさんに初心者向けアドバイスをいただきました!オシャレに楽しむ方法とは?家族のために準備しておきたいアイテムとは?ファミリーキャンプを”10倍”楽しむ5つのマル秘テクニックをご紹介します!


    夏休み本番!ファミリーキャンプをもっと楽しく!

    ストッパタイアップ
    キャンプ経験の少ない松下さん一家は、まだまだ不安もいっぱい。オシャレなキャンプにもチャレンジしてみたいと憧れてはいるけれど、どうしたらいいか悩み中です。

    そこで、今回は人気インスタグラマーmarimariさんを講師に迎えて、ファミリーキャンプを成功させる5つのテクニックをご紹介します。

    ストッパタイアップ
    いつもよりちょっとオシャレに、ファミリーでもキャンプを楽しむために、すぐに取り入れられるコツとは? ご自身もお子さんと一緒にファミリーキャンプを楽しんでいるというmarimariさんに聞いてみます。

    marimariさんは、インスタグラムのフォロワー数が4万人を超え、テレビなどのメディア出演も多い人気キャンパー。

    ウッドを中心にレザーやヴィンテージアイテムを取り入れたナチュラルでオシャレなサイトは、キャンプ場でもSNSでも常に注目の的。また、可愛くてオシャレなキャンプ飯にも定評があります。

    marimariさん直伝!5つのテクニック

    テクニックその1:設営はロケーションを意識したレイアウトで!

    ストッパタイアップ
    キャンプ場に到着して最初にすることは、サイト選びと設営。そこでまずはmarimariさんに設営時のポイントについてお伺いしました。

    maimariさん:サイト選びや設営の時に私が一番気にすることは、テントを建てた時にどんな景色が写真に入るのか。初心者キャンパーだと炊事場やトイレに近いサイトを選びがちですが、そういった場所は混みあいやすくて、人の通りも多いので、少し離れた場所をお勧めします。

    サイト内のレイアウトをする時には、私は料理をすることが多いので、キッチンから見える景色も大切にして配置を決めています。

    テクニックその2:初心者におすすめなのは、ワンポイントのおしゃれギア!

    ストッパ 
    テントサイトはmarimariさんのようにオシャレにしたいですが、いきなり全部をオシャレに揃えるのは難しいですよね。

    しかし、まだアイテムが揃っていない初心者でもサイトをオシャレに見せるアイテムがあるそうなんです!

    marimariさん:初心者キャンパーの方は、まず手の出しやすい小物から揃えることをおすすめします。最初はテーブル上に置く小物から揃えてみてはどうでしょうか?

    おすすめアイテムを1つ挙げるなら、コールマンの「ルミエールランタン」。曲線のフォルムがかわいくて、ろうそくの炎のような明かりはとても雰囲気が良いですよ。

    ストッパ

    夜になればこのランタン1つでテーブル上の雰囲気ががらりと変わります。ガス缶はそのままだと味気ないのでレザーカバーをかぶせると一気にオシャレになります。

    テクニックその3:夏休みの自然体験は事前にしっかりと準備を!

    ストッパタイアップ ファミリーキャンプで外せないのが、子どもたちが自然の中で遊ぶこと。お子さんを持つママキャンパーでもあるmarimariさんのおすすめは「川遊び」。

    marimariさん:夏休みなら、川遊びはぜひ楽しんでほしいですね。石を集めたり、魚や虫を探したり、子どもたちは自分なりの遊びを見つけて楽しんでくれますよ。

    ただ素足は危ないので、必ずサンダルを履いてください。それでもケガをしたり、虫に刺されたりすることもあるので、万が一に備えてエマージェンシーキットは必須です。

    ストッパタイアップ
    また、ケガや虫刺されの心配以外にも、時間を忘れて遊んでいるとお腹をくだしてしまうことも。川の水は夏でも冷たく、ついつい川遊びで体が冷えてしまうこともあります。

    下痢止め薬もエマージェンシーキットに入れておきたいアイテムですね。

    <<ストッパpoint!!>>
    ストッパ

    marimariさん:キャンプのまさかにも、ストッパ。大人用はもちろん小中学生用もあるので、お子さんでも飲めます。キャンプ中の急な下痢にも。

    キャンプのまさか!はこんな時

    テクニックその4:楽しい見た目の夜ご飯も時短テクが必須!

    ストッパタイアップ
    今回は、初心者キャンパーの松下さんファミリーにmarimariさんがオシャレな料理を振る舞ってくれました。料理をたくさん並べて、会話を楽しみながらゆっくり食事をするのがmarimariさん流。

    たくさんのメニューを作るので調理時間も長いのかと思いきや、1時間以内には全てが完成するように意識していているとのこと。そのテクニックを教えていただきました。

    marimariさん:たくさん料理を作るために大切なのは、時短テク。今回作ったシチューは家で作ってキャンプ場では温めるだけ。パンケーキも既成品をバーナーで温めるだけです。

    野菜やフルーツも家で切っておいたものを持っていきます。その場で作る場合もできるだけ簡単なもの。私がよく作るのは温野菜。塩とスパイスを振って蒸すだけで完成。見た目もカラフルなのでおすすめです。

    ストッパタイアップ
    marimariさんのインスタにはテーブルの上にずらりと料理が並んだオシャレな写真がたくさんアップされています。初心者でもテーブルの上をオシャレに見せることができるテクニックはあるんでしょうか?

    marimariさん:意識しているのは、できるだけたくさんのメニューを作って、テーブルいっぱいに並べること。たくさん並べると色彩豊かで見栄えが良くなるのはもちろん、食欲もそそります。それから料理は濃い茶色のウッドの上に並べるとオシャレに見えます。


    テクニックその5:夕方からの焚火でも“冷え”に備えて!

    ストッパタイアップ
    料理を楽しんだ後は、焚き火タイム。

    marimariさん:大人はもちろん、子どもたちも焚き火は大好き。小枝や松ぼっくりを拾って、一緒に火起こしをするのもいいですよね。

    ただ夏であっても日が沈むと気温が一気に下がるので、体が冷えてしまうことが多いんです。焚き火だけで暖をとろうとせず、ブランケットなどを準備しましょう

    ストッパタイアップ

    また子どもはたくさん汗をかくので、そのままにしておくと体が冷えてしまいます。アウターや着替えをしっかり準備しておくと、おろそかになりがちな冷え対策も万全ですよ。

    家族の体調を管理することもママキャンパーの役割!

    ストッパタイアップ
    ファミリーでもオシャレに楽しくキャンプを過ごす5つのテクニック、いかがでしたか? すぐに実践できそうなものが多かったですよね。

    オシャレなスタイルに注目が集まりがちなmarimariさんですが、最後に初心者キャンパーに向けたアドバイスを聞いたところ、こんな答えが返ってきました。

    marimariさん:オシャレな見栄えだけでなく、子どもと一緒だと想定外のことも起こりやすいので、しっかり備えておくことが大事です。

    また、川遊びや夜の冷えのテクニックでも出てきましたが、日常生活と環境が違うキャンプでは、急にお腹がギュルギュルして下痢になりやすくなることも。楽しむテクニックと合わせて体調管理もファミリーキャンプを楽しむ大事なポイントです!

    ストッパタイアップ marimariさんのインタビューでもあったとおり、初心者キャンパーでは急にお腹が急にギュルギュルすることも。体調管理が大事な中で、初心者キャンパーが気をつけたい4つのポイントがこちら。

    ポイント①:家を出てからキャンプ場に向かう途中。
    ポイント②:日中にガブ飲み、川遊びで体が冷えた時。
    ポイント③:お昼に暴飲暴食して夜になった時。
    ポイント④:翌朝起きて、帰りの準備をしている時。

    <<ストッパpoint!!>>
    ストッパタイアップ 4つのポイントに注意していても急にギュルギュルすることも。突発性の下痢に、『ストッパ』が大活躍!

    必要な時に水なしですぐにのめます。突発性の下痢への備えとしてあるといいですね。小中学生用のストッパもあります。
    ストッパタイアップ
    キャンプのまさかにもストッパ。ファミリーキャンプを楽しむために事前準備が大事。キャンプではお腹のケアも忘れずに!

    ≪ストッパ下痢止めEXについて≫

    第2類医薬品
    【効能】腹痛を伴う下痢、食べ過ぎによる下痢
    【用法・用量】年齢:成人(15歳以上)1錠/回

    ≪小中学生用ストッパ下痢止めEXについて≫
    第2類医薬品
    【効能】腹痛を伴う下痢、食べ過ぎによる下痢
    【用法・用量】年齢:5才以上11才未満 1錠/回、11才以上15才未満 2錠/回

    キャンプのまさか!は他にも

    キャンプでありうる「ギュルギュル」は?【アンケートに答える】

    撮影協力:OKキャンプ場

    Sponsored by ライオン株式会社

    CAMP HACK 編集部

    CAMP HACK運営&記事編集担当。少しずつキャンプの回数も増えていき、いまは月2~4回ほど全国のキャンプ場を訪問中。今年はテントから色んなギアを新調して、新しいスタイルに挑戦したい。

    アウトドアのすべてを、ひとつのアプリで。

    150以上のアウトドアメディアの記事や動画、3万枚以上のみんなの写真も見られる!
    アウトドアの「知りたい!」「行きたい!」がきっと見つかる!
    お気に入りの記事や写真を集めて、スキマ時間に素早くチェック!